2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« カブ110、その後 | トップページ | トラウマが更にトラウマへ »

2013年5月15日 (水)

事故で壊れたとこ

事故ったカブ110を改めて見た時の第一印象は大きな事故だった割には壊れている場所が少ないなという印象でした。

前述のフレーム以外で交換が必要な部品はリアキャリアと左バックミラー
リアキャリアは完全にひん曲がっていました。

よく曲がるステップや、ハンドルなどは当たった形跡もありませんでした。
また、ボディーも割れや傷がなく汚れた程度でした。


バイク本体以外はスポーティーバイザーに少しの傷、サイドに付けてあったラックは曲がっていました。
ナックルガードも傷だらけだったかもしれません。
あとキャリアに搭載していた箱は完全に破壊されて再起不能でした。

もっとボロボロかと思っていましたが、以外に大丈夫だったいう印象です。

あぁー早く修理から戻って来ないかな

« カブ110、その後 | トップページ | トラウマが更にトラウマへ »

カブ」カテゴリの記事

コメント

ダメージの少なさは偶然でしょうか。
他のバイクだったらどうだったのでしょうかね。

なんとなくカブプロだったからと思ってしまいます。
いや、そう思いたいだけかも知れませんが。

いずれにせよ、カブプロの底力を見た気がします。

着々と復活に向かっていますねぇ(*^^*)ポッ

基本カブプロは、頑丈ですものねぇ
ボディにカウル類が無いから経済的に出来てるのねぇ
当方のなんて、フルカウル仕様なんで一転けうん万円・・・(^0^;)

整備性も良いしね
また、楽しいツーリングブログ楽しみにしております。(^o^)/~~~

mnrさん
普通のバイクですとおそらく外装関連がかなり逝ってしまったかと思います。
それに、やっぱカブだからだと思いますよ~
なんだかんだ言って丈夫にできていますよね!

ちたんさん
フルカウルのバイクですと片側はおそらく壊滅的に壊れていたと思います。
さすが、郵便や新聞配達で酷使されているバイクは丈夫にできているなぁ~と改めて思いました

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カブ110、その後 | トップページ | トラウマが更にトラウマへ »