2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« カブで走る北海道2013 3日目 | トップページ | カブで走る北海道2013 5日目 »

2013年9月13日 (金)

カブで走る北海道2013 4日目

9月3日

翌日、朝飯をのんびり食べて旅館のロビーでJAFの到着を待つ。
30分ほど遅れてJAFが到着して事情をお話する。

JAFの方が何件か修理工場などを当たってくれて弟子屈のバイク屋に運ぶ事となりました。

P1030215

P1030214

JAFのトラックにカブを積み込み、助手席に乗って弟子屈へ向かいます。
弟子屈までは40kmほどあります。
JAFは15kmまでは無料ですが、それ以上は有料となってしまいますが仕方ないです。

JAFの方といろいろとお話しながら弟子屈を目指します。
そして弟子屈のバイク屋に到着。

しかし、予想していた感じとは大違い。
なんか三丁目の夕日に出てきそうな昔ながらの整備工場。
一抹の不安を感じながら、整備のお爺さんに事情を話す。

さすがプロだけあってサクッと後輪を外し、タイヤを外す。

P1030219

そしてタイヤを確認すると、「う~ん」と言いながら屋根裏の倉庫へ消えて行きました。

そしてしばらくゴソゴソやってタイヤとチューブを持って降りてきました。
話を聞くとタイヤの内部が裂けていて、このまま走ったら危ないとの事でストックのタイヤを探してくれていたそうです。

P1030217


持ってきたタイヤはブリヂストン製でしかもサイズはわざわざ2.75-17でした。

リムフラップも長い物を切ってゴム糊で貼り付け合わせてくれました。

最初はボロ整備工場でアチャーと思いましたが、さすがに昔からやっていたようで、丁寧に作業してくれます。
チェーンの張り方などアドバイスを受けたりして勉強にもなりました。

このお爺さんなら信頼できる!と思い、以前から気になっていた前輪の振れも相談してみたところ、工具箱からニップルレンチを探し出し調整してくれました。

いやぁ~、こういう整備工場が近くにあったら頼もしいとホント思いました。
いろいろとやっていただいたのに、料金も予想外に安かったです。

P1030221


お土産まで頂き、「このカブは日本製の最後のやつだから大事に乗りなさいよ」と言われ見送られ、
お礼を言って整備工場を後にします。

ちなみに修理工場のすぐ近くに、4年前に510さんと飲んだ店がまだありました(笑

P1030222


リアタイヤもチューブも新しくなったし、前輪の振れもなくなり昨日の沈んだ気持ちから、一気にテンションアップする事ができました。

既に昼も過ぎており、さすがに知床まで行くのは余裕がないし、夜は雨の予報だったので今日は網走近くの宿に泊まる事にします。
楽天トラベルで調べてみると、民宿「いもだんご村」というのが気になり予約しました。

この宿は相部屋形式、自炊もできる宿で1泊1800円でした。

宿も決まり、とりあえず摩周湖を見てみる事にします。
第一展望台は観光客ばかりなので、裏側にある展望台へ行ってみましたが霧の中…

P1030230

P1030228

たぶん、摩周湖がある方向へカメラを向けて写真を撮っておきました(笑

P1030227

いままで、摩周湖に行って霧はなかったのですが、今回はまったく見えませんでした(笑

途中、川湯温泉駅で休憩し、102号に入って藻琴山方面へ向かう。

P1030224

途中で屈斜路湖を眺める。

P1030237

P1030233

藻琴山から小清水を経由して進むと知床の山が見えてきました。

P1030246

P1030249

そして、中国人には有名?な場所もありました。

Dsc_0005

Dsc_0006

Dsc_0009

P1030251

P1030252

その後、釧網本線の枡浦駅近くの「いもだんご村」に到着しました。

P1030256

いもだんごと言うだけあって、じゃがいも畑の中にある1軒宿でした。

P1030261

P1030270


ご主人に説明を受けて、晩飯を買いに行きます。
こんな場所に店なんかあるのか?と思ったのですが、少し網走寄りに進むとスーパー、コンビニなどがある大きな街に出ました。

まるで別世界でした。

晩飯を買って宿に戻る。
前を走るのは救急車。
するとその救急車は宿の前に停車。

「あれれ?」と思っていたら、奥さんが出てきて旦那さんの心臓の具合が悪くなったとの事。
そういえば、さっき元気なかったからなぁ…

奥さんも一緒に病院へ行ったほうが良いのではと思い私が留守番していますよ
と言ったのですが、大丈夫という事なので奥さんと一緒にお話をしながら晩飯を食う。

2時間ほどたって旦那さんから電話が入り、戻るとの事で一安心。

その後、自転車乗り、鉄っちゃん、レンタカーで回ってる方数組のお客さんが到着。
宿もにぎやかになりました。

ちなみに宿の中はこんな感じ。

P1030275

P1030273

屋根裏で寝るような感じでした。

予報どうり夜半には雨も降ってきて、残念ながら星は見れませんでしたが今日もいろいろとあった1日でした。

時々押してね!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« カブで走る北海道2013 3日目 | トップページ | カブで走る北海道2013 5日目 »

2013北海道ツーリング」カテゴリの記事

コメント

あのお店はまだ健在でしたかw これもまた懐かしいねぇ~

510さん
なんかやっているのよく解らなかったけお、相変わらず飲み放題の張り紙がありましたw

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« カブで走る北海道2013 3日目 | トップページ | カブで走る北海道2013 5日目 »