2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« コミネSA-212装着してみました | トップページ | PCXのナックルガードを取り付け »

2013年10月 6日 (日)

ETC付けたので早起きプチツー

当たり前ですが、ノーマルのカブは高速道路を走れません。
カブしか乗った事のない私は当然2輪で高速道路経験はございません。

しかし、NC700Xは高速道路を走れます。
そうなると欲しくなるのはETC

初心者には料金所で停止、ギアをニュートラル、財布を出して料金を払う、財布をしまう、ギアを1速、発進というプロセスで絶対にもたつくと思うので(笑

しかし、よく調べるとバイクのETCは凄く高い!
しかもプラスとマイナスを接続するだけなのに取り付けのDIYを認められておりません。
取り付け代を入れると4万くらいかかります。
そんな金はないので、いろいろと調べると「自主運用」というのがあり、多くの方がこれをやっているらしい。
「自主運用」に関しては道路公団は黙認しているグレーゾーンらしいので詳細は記載いたしませんです。
詳しくはググってね!

そんな訳で今回はとりあえず自主運用をやってみる事にしました。

本体はアンテナ分離式でシンプルな物で良かったので、Panasonic製のETCを購入。
セットアップ料金込みで6000円ほどでした。

P1030677

取り付けはもちろんDIYで実施。
ヒューズボックスからキーONで通電するヒューズに割り込ませました。

P1030676

P1030678

本体とアンテナはメットインの中に収納

ETCをDIYで付けた時にやはりやりたくなるのは、きちんと動作するかのテストです。
さっそく今日、早起きしてテストに行ってきました。

毎度の事ながら最初は緊張しますが、無事関越自動車道のETCゲートを通過。
そして初高速へ

日曜日なので車が多い中、NC700Xで高速走行です。
バイクのパワーは必要にして十分で3000回転ほどでちょうど100km/h
サンバーよりも回転が低いんでね?
また、加速も余裕。

しかし、NC700Xのポジションは立ち気味なので風圧と風切り音が結構凄い。

本当は次のICで降りる予定でしたが、気分も乗ってきたので渋川まで行ってしまいました。
出口でゲートも緊張しましたが「軽2輪」の表示が出て無事通過できました。

渋川からあてもなく走って榛名湖へ
まだ朝早いので榛名山のロープウェイも動いていませんでした。

P1030720

榛名湖畔で休憩していると、自称38歳の漫画、アニメオタク&昔走り屋のオッサンから声をかけられる。

P1030724

漫画にイニシャルDのオタクのようで、何号線が漫画のどの部分とか映画ではどこの道とかいろいろと説明されるけど、私はほとんど漫画やアニメを知らないので、相づちを打つことしかできませんでした(笑
スミマセン

その後、榛名から高崎へ出て、下道で昼前に帰宅しました。
朝から榛名に行って昼には帰って来れるなんて、やっぱ高速道路は偉大ですな
走って楽しくはないですが(笑

帰宅後は試しにキャンプ道具一式をNC700Xに積んでみました。

P1030729

メットイン21リットル、GIVI箱47リットル、サイドバッグ36リットル(拡張すれば58リットル)でキャンプ用品は余裕で収まりました。

P1030733

これで来週のNC700Xでの初キャンプツーリングの積載は大丈夫そうです。

その後、いろいろな野暮用を済ますために久々のカブ90で出発。

しばらく放置でしたが、キック3発でエンジンは始動。
さすがにバイク3台は乗り切れないなのでカブ90を処分しようと思っていましたが、やっぱ乗ると楽しい!

Ca3i01330002

しかも軽くて小さいwww
こんなに小さかったっけ??

う~ん、やっぱカブ90は残しておくかなぁ…

楽しいカブBLOGはこちら!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« コミネSA-212装着してみました | トップページ | PCXのナックルガードを取り付け »

NC700X」カテゴリの記事

コメント

着々とドレスアップしてますねー
週末のロングが楽しみっす

道細そうなので気をつけてくださいね

テツさん
はたして無事辿り着けるか…
ある意味カブよりも疲れそうです(笑

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« コミネSA-212装着してみました | トップページ | PCXのナックルガードを取り付け »