2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« Nikon AF-S DX 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR | トップページ | NC700Xで中津川へ快速ツーリング »

2013年11月18日 (月)

御岳山林道で微速度撮影をやってみた

昔、林道へよく一緒に行っていた山男さんのBLOGを見ていたら、微速度撮影という撮影をやっておりました。
もう完全に素人のレベルを超えた凄い作品を作っていて感動しました。

微速度撮影とはたくさんの写真でパラパラ漫画を作るような撮影方法の事です。

影響を受けやすく好奇心旺盛なワシは、よし!ワシもやってみるべ!
と思ったもののNIKONのD60にはインターバル撮影の機能は残念ながらありませんでした。

しかし、なんでもできるiPhone!
なんと素晴らしいアプリがありました。
それは、iTimeLaps

撮影から編集までできるアプリです。
まぁ、ど素人の遊びには十分使えそうです。

撮影地はやっぱ林道だろうと言う事で近場で展望の良い御岳山林道へ行く事にしました。

Dsc_0449

Dsc_0453

両神側から林道に入りましたが、相変わらず荒れていて四苦八苦しながら進む。

ここは野営に良いねぇ

Dsc_0461

前半のガレ場地帯を抜けて山の稜線に出た所でそこそこ展望の良い場所があったので、さっそく撮影してみる。

Dsc_0470

iPhone用の三脚なんぞ持っていないので、こんな感じで撮影

Dsc_0476

15秒ごとにシャッターを切って、約15分撮影しました。
しかし、この撮影方法は短気のワシには向かないなぁ(笑
暇で暇で…

Dsc_0478

そして、その場で編集してできた動画がこれ

普通に景色を見ていて動きがねぇ~なぁ~と思っていたのですが、意外と雲は動いていたんですね。
できた動画にちょっと感動しました。

更に普通に写真を撮りながら御岳山林道を走ります。

Dsc_0485

Dsc_0488

Dsc_0490

そして途中から支線へ入る。
展望の開けた場所があり、ちょうど飯の時間だったので、ここで飯を食いながら微速度撮影をやってみることにします。
ここら辺は熊の目撃情報が多いようですが、もう冬眠していると信じてiPhoneをセットして昼飯を作ります。

Dsc_0491

Dsc_0496

作ると言ってもカップ麺とおにぎりですが(笑

ここも野営には良さげな感じです。
熊が出なければねww

Dsc_0501


景色を見ながらボーっとしていたら正面の山の中腹あたりを救難ヘリが飛んで行きました。
そしてしばらくすると戻って行きました。
後から知ったのですが、秩父湖でどうやら滑落事故があったようです。

昼飯をゆっくり食べて、約50分間を10秒インタバールで撮影した結果がこれ

この日はほとんど風がなかったので、動きがない動画になってしまいました(笑


その後は普通に撮影しながら林道を下り、時間があったので有間峠経由で帰宅しました。

Dsc_0512

Dsc_0524

Dsc_0529

Dsc_0536

Dsc_0541


初めて微速度撮影というのをやってみましたが、なかなか面白いですね!
でも、これは短気な人には向かないかも(笑

今度、キャンプでゆっくりしてる時に再挑戦してみようと思います。
そうそう、我が家で死蔵していたリコーのCX5というコンデジにインターバル撮影機能があったので、次回はこれでやってみるかなぁ

ハマると危ないのでそこそこにしておきましょ!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« Nikon AF-S DX 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR | トップページ | NC700Xで中津川へ快速ツーリング »

カブ」カテゴリの記事

コメント

いつも、綺麗な写真アップされているので楽しませていただいておりました。やはり、カメラにもコダワリあるんですね。

微速度撮影いいですね。

私にも出来るかトライしてみようという気持ちになりました。

道づれさん
いやいや今まではコンデジでAUTOで適当に撮っていただけですよ~
一眼使ってもAUTOですが(笑
微速度撮影はなかなか面白いです!
でも、時間がかかるので待つのが辛いっす
一度、やってみてください

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« Nikon AF-S DX 18-105mm f/3.5-5.6G ED VR | トップページ | NC700Xで中津川へ快速ツーリング »