2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« 内山牧場でキャンプ! | トップページ | メスティンのフッ素加工(テフロン加工) »

2014年6月 4日 (水)

OPINELのナイフ

キャンプと言えばナイフ。
しかし、私は今までナイフをあまり使った事はありません。
以前、ビクトリノックスの十徳ツールみたいな物を持っていましたが、いつの間にかなくなってしまいました。

そんな時、ふとOPINELのナイフが欲しくなり買ってみました。
OPINELのナイフは日本の肥後守みたいな物でフランス製の安いナイフです。

P1040601

P1040600

ブレードは炭素鋼、大きさはNo.9にしました。


このOPINELのナイフ、このまま使うと刃がサビサビになってしまうそうで、多くの方は黒錆化をしています。
そんな訳で私も黒錆化する事にしました。

とりあえず、柄と刃に分解。(あえて分解しなくても良さそうですが)
刃のピンを抜くのに苦労しました。

そして、刃を脱脂(←これ重要)して紅茶の中に酢を入れた物に漬けておく。
約一晩経った酢紅茶はこんな感じに変色。

P1040603

柄はドリルで穴を開けて(失敗ww)、全体をペーパーがけする。
その後、本当は亜麻仁油に漬けるのが定番らしいのですが、そんな油はないのでオリーブオイルに漬けておきます。

P1040606

そして、刃に黒錆コーティングがされていました。

P1040604

なかなか綺麗にできて満足。
オリーブオイル漬けの柄は3日ほど漬けておき、その後吊るして天日で乾燥させました。

組み立てですが、柄と刃を固定するピンが抜くときに痛んでしまったので、M2.6の皿ボルトを使用して固定。

P1040609

P1040612

P1040613

最後に家にあった包丁のシャープナーで刃を軽く研いで完成。
試しにトマトを切ってみましたが、予想以上の切れ味でビックリ。

安いナイフですが、1本持っていると役立つし、ネットを見るといろいろと改良して遊んでいる人もいます。
上記の作業をやっただけですが、それでも結構楽しめました。

皆様も1本いかがですか?

なんかもう1本買って今度はじっくりカスタマイズしたくなったのだ。
こうやって嵌るんだろうねぇ~

良かったら押してブヒ!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« 内山牧場でキャンプ! | トップページ | メスティンのフッ素加工(テフロン加工) »

野営用品」カテゴリの記事

コメント

かっちょええですね^^
自分の手が入ると満足度もひとしお。
でも私
昔銃刀法で指紋10本取られてますから二の足踏みます><
キャンプ用品と一緒にしといたら問題ないんですよね?ね?

長後街道さん
銃刀法で指紋って(笑
最近、刃物を持つのは非常に厳しいですが、キャンプ用品と一緒に持っていれば多分大丈夫なんじゃないかと思いますよ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 内山牧場でキャンプ! | トップページ | メスティンのフッ素加工(テフロン加工) »