2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« 秋田、津軽、三陸、列車の旅(1日目) | トップページ | 秋田、津軽、三陸、列車の旅(3日目) »

2014年7月24日 (木)

秋田、津軽、三陸、列車の旅(2日目)

7月20日
朝4時から他の方々が起き始める。
おいおい、いくらなんでも早くね~か??と思いながらも一度起きてしまうとダメなタイプなので、布団の中で5時過ぎまでウダウダする。

しかし、他の方はワシより若いのに4時置きはね~だろ(笑

5時過ぎに布団を出て温泉で一風呂浴びてくる。

その後、7時から朝食。
朝から飯をガッツリ食う。モズク入りの味噌汁が美味かった。

まだ出発までに時間があるので、旅館の敷地から通過する五能線を撮影。

Dsc00572

Dsc00576


そして9時前に駅まで車で送って頂く。

Dsc00590

Dsc00594

Dsc00595

まずは、各駅停車の列車で五所河原へ向かいます。

Dsc00605

Dsc00610


やはり五能線にはのんびりとした各駅列車がよく似合います。
そして景色も相変わらず綺麗!

Dsc00618

Dsc00619

Dsc00622

デジカメで動画も少しだけ撮影

ディーゼルエンジン音が良いのだ。
途中でリゾートしらかみ号とスレ違い。

Dsc00633

更にトコトコ進み、鯵ヶ沢で15分ほど停車。
ここはあのブサイクな犬で有名なワサオがいる町です。

時間があるので、改札を出て駅前を眺めると鯵ヶ沢名物チキンボーという看板が!

Dsc00652

Dsc00647

Dsc00651

これは食わねばなるまい。

Dsc00648

店のオバチャンに揚げるまで何分くらいかかるか聞くと「最速で揚げてあげる」という事なので1本お願いする。
中で仕込みをやっており、それを見ると鳥肉を薄く切って串に刺している。
なかなか美味そうである。

そして、3分ほどで揚げ上がる。
チキンボーとお茶を持って駅に戻る。
ちょうどスレ違いの列車が到着

Dsc00658

Dsc00662

車内に戻り、さっそくチキンボーを食べてみると、これがかなり美味い!

Dsc00665

ありきたりの表現だけど表面がパリパリして中はジューシー。
B級以下の舌の持ち主であるワシはケンタッキーより美味いと思った(笑

お酒のつまみにも良さそうです。

後からググッてみたら結構、有名だったみたいです。
偶然ですが食えて良かった!

その後、列車は順調に進み、五所河原に到着。
ここから津軽鉄道に降りますが、乗り換えは5分ほど昔懐かしい硬券の切符を購入して、これまた懐かしい鋏を入れてもらう。

Dsc00669

Dsc00667

津軽鉄道は冬場のストーブ列車が有名ですが、この時期は普通のディーゼル車が1両です。

Dsc00686

この列車にも秋田内陸鉄道のように、女性の案内係が乗っており、沿線の観光案内などをしてくれる。
そして、この人の津軽弁が少し混じった案内の話術も楽しい。

Dsc00726

Dsc00737

また、この時期は風鈴列車となっており、車内にはいくつもの風鈴がぶら下がっていました。

Dsc00696

Dsc00673

Dsc00798

案内を楽しみ車窓を眺めて飽きる事なく終点の津軽中里に到着。

Dsc00727

Dsc00735

Dsc00747

Dsc00757

Dsc00764

折り返しまで30分ほどある。
RさんとNさんは駅で自転車を借り、さきほどの案内係の女性に教えてもらった洋菓子屋へ向かいました。

私は駅前を少し散策。

Dsc00763

Dsc00765

Dsc00766

Dsc00767

Dsc00768

Dsc00769

Dsc00773

Dsc00778

寂れた飲み屋が数件あるだけでした(笑)

折り返しの列車ではRさんが津軽鉄道に予約しておいた「だざい弁当」食う。

Dsc00781

Dsc00783


魚介類が満載でこれまた美味かった。
津軽地方の味付けは結構ワシ好みかも。
また、Rさん、Nさんがレンタサイクルを飛ばして買いに行ったシュークリームを頂く。

Dsc00790

これ、周りがサクッとして非常に美味かった!

Dsc00791


帰りはゆっくり車窓を楽しみ五所川原へ戻り津軽鉄道の旅は終わりました。
今度は地吹雪の中、ストーブ列車の時期に行ってみたいなぁ~

五所川原から五能線、奥羽本線で青森へ向かう。

今日の列車の旅はここまで、あとは青森をブラつく。
まず最初に青函連絡船を見学。

Dsc00804

Dsc00805

Dsc00806

JNRのマークのデザインってほんと秀逸だと思う

Dsc00808

Dsc00813

Dsc00811

Dsc00814

Dsc00816

Dsc00822

長距離フェリーに何度か乗った後なので、青函連絡船は意外に小さく感じた。
昔、乗った時は大きく感じたんだけどねぇ~

そして次はNさんの希望でホタテ釣りをする(笑)

Dsc00826

順番が来るまで、他の方のを眺めていたけど、結構難しい感じ。

Dsc00824

で、20分ほど待って順番が来る。

Dsc00832

3分間500円で少し口が開いているホタテに針を入れ、刺激を与えるとホタテが閉じて釣れるという仕組みである。

最初は子供の遊びだと馬鹿にしていたけど、やり始めるとこれが結構楽しい。
結局、竿頭はフライフィッシャーマンのRさんが腕を見せつけて5枚!私が3枚でした。
4人合計で12枚。これを刺身と焼きで調理してもらう。

Dsc00828

Dsc00830

やっぱ自分で釣り上げたホタテは美味いねぇ~www
これ、最初は馬鹿にしてたけど結構楽しいのでオススメです。
ひとり旅の場合にはオススメしませんがwww


その後、宿に向かいシャワーを浴びて、T2号さんが予約した店に向かう。

Dsc00847

さすが!T2号さん、なんか高級そうな店です。

Dsc00843

ここでは、いろんな物を食ったし飲んだ!
大間のマグロ、モズク、ホヤ、コマイ、ノドグロなどの魚からバラ焼き、サガリ焼き、そして日本酒。

Dsc00835

Dsc00836


途中で三味線の演奏などもあり津軽の雰囲気満点でした。

Dsc00838

会計が怖かったけど、卒倒するような金額ではありませんでした。

店を出て、宿に戻る3人に分かれを告げて、繁華街らしき場所を少しブラブラしてラーメンを食って戻りました。
何気なく入ったラーメン屋でしたが、結構これも美味かったです。

Dsc00846

Dsc00845

青森の食い物はほんと口に合う。
魚介類も含めて、北海道より美味いんじゃないかと思いました。

青森バンザイ!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« 秋田、津軽、三陸、列車の旅(1日目) | トップページ | 秋田、津軽、三陸、列車の旅(3日目) »

ぶらり旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 秋田、津軽、三陸、列車の旅(1日目) | トップページ | 秋田、津軽、三陸、列車の旅(3日目) »