2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« 今年一発目のキャンプ | トップページ | 年末列車ひとり旅 2日目 »

2015年1月13日 (火)

年末列車ひとり旅 1日目

2013年末も行った年末の列車ひとり旅。
2014年末もまた行ってきました。


今回もこの時期販売されている鈍行列車しか乗れない青春18切符を使用しました。
行き先は山形、新潟方面で、年末なのであらかじめ山形と新潟のビジネスホテルを予約しておきました。

2013年は1日目に新潟を目指しましたが、高崎から先の上越へ向かう鈍行列車の本数が少なく、帰省客も結構いたので2014年は列車の本数が比較多い、東北本線で仙台を目指しました。

川越から川越線で大宮へ出て大宮から宇都宮行きに乗る。
そこそこの混雑ですが、無事座れて宇都宮まで爆睡。

そう、私は撮り鉄でも乗り鉄でもなく寝る鉄なのです。

宇都宮で乗り換えて黒磯、郡山、福島、白河と乗り換えて、とりあえず仙台に到着しました。
いやぁ~、ここまででかなり疲れたよ。
ほとんど寝てたけどw

仙台で少し休憩して仙山線で山形へ向かう。

Dsc02879


Dsc02884

Dsc02883


ただ、まだ時間的に余裕があるので、なんとなく駅名に惹かれて山寺駅で途中下車する。

Dsc02890

この駅、名前のとおり山寺(立石寺)への玄関口です。

Dsc02901

駅で案内の貼紙を見ると、立石寺の奥ノ院まで駅から往復2時間らしい。
ちょうど次に乗る予定の列車が約2時間後なので、立石寺の奥の院へ行ってみることにする。

しかし、この時期観光客もおらず駅前も静か。

Dsc02902


Dsc02905

トボトボ歩いて立石寺への入り口へ到着、そして108段の階段を上がって境内へ

Dsc02906


Dsc02908

途中にいた猫が可愛かった
寒くないのかのう?

Dsc02909


Dsc02910

境内は雪がかなり積もっており、木や建物から雪が落ちてくる。

Dsc02913


Dsc02915


Dsc02917

Dsc02925


こりゃ、奥の院へは冬は行けないだろうと思いながら、奥の院への入り口へ到着。


無愛想な受付のおばちゃんに奥ノ院もで行けるか聞くと、「行けるかいけないかはあなた次第」と挑発的な返事。
これは意地でも行けねばなるまい。

300円を払い、登山道へ向かうと階段がカチカチに凍っている。

Dsc02929

Dsc02930

Dsc02935

Dsc02937


Dsc02942

履いている靴は普通の安物トレッキングシューズで、雪や氷へのグリップは皆無。
こりゃ、やっぱ撤退かと思いながらも、手すりにしがみ付いてなんとか登っていく。
脚で登るよりも腕で登っているような感じです。

途中で下山してきた人に聞くと、上はさらにヤバイらしい。

しかし、こうなったら意地である。
何度もコケながら登って行き、なんとか奥の院へ到着。

Dsc02946

Dsc02949


Dsc02950


いやぁ~、凄かった。
この時期は軽アイゼンがいるだろ、この道は。


でも、ここまで来ただけあって景色も感動モノでした。

Dsc02958


Dsc02959


Dsc02961


Dsc02964


さて、下山ですが凍ってる道を下るのは登りよりも辛い。
途中で追いついた台湾からの観光客と一緒のコケたり大笑いしながら下山。

Dsc02972

Dsc02975


この台湾の方はほんと面白かった。
台湾じゃ雪なんか降らないから雪だけでも珍しいのに、この凍った道を来るとは変な観光客である。
無事、入り口まで下山して、お互いに健闘を称えあって、別れました。
ついでに猫が出迎えw

Dsc02979


Dsc02981


あとは駅に戻り山形を目指すだけです。
日が暮れた山寺駅も良い雰囲気でした。

Dsc02995


Dsc02991


Dsc02992


Dsc03000


Dsc03004 border="0" />

Dsc03011


Dsc03020

列車に乗れば、すぐに山形へ到着。
予約したホテルまで10分ほど歩くが、この道が恐怖でした、氷かブラックバーン状態。
交差点で思い切りすっころんでしまい、立とうと思っても立てないwww
やっとの思いで立ったけど、強烈に恥ずかしかったです。

ホテルに到着し、晩飯のために外へ出てみるがピンと来る店がない。
直感に触れない店に行けば後悔しそうなので、山形牛の本場で海外産の牛の飯を食う。

そう、どこにでもある松屋です(笑

あとは、酒とつまみを買ってホテルへ戻り、部屋でチビチビ飲む。
まぁ~、これでも十分満足な安上がりなワシであった。


よかったら押してね!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« 今年一発目のキャンプ | トップページ | 年末列車ひとり旅 2日目 »

ぶらり旅」カテゴリの記事

コメント

冬の山寺に登られるのは、凄いですね~(^_^)
山形行ったら牛肉のイメージですが…高いのでワタシも昨年食べませんでした(^。^;)

わぁ~懐かしい~
仙山線の冬景色、本当に素敵ですよね~!
山寺、冬に上るとはチャレンジャーですね(笑)
昔、岩手とその後仙台に住んでいましたが、冬に山寺行ったことはありませんでした

ガンビーさん
冬の山寺は静かで雰囲気があって良かったですよ~
今度は滑らない靴を履いて行きたいです(笑
山形牛を期待したんですが、庶民的な店がなくて断念しました。でも、松屋はないですよね~www

かんとくさん
今回は仙山線がやっぱ一番印象に残りました。
冬の山寺は良いですよ~、是非装備万全で行ってみてください。
でも、この時期は道路がカチカチだったので、カブで行ってはダメですよ~w

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 今年一発目のキャンプ | トップページ | 年末列車ひとり旅 2日目 »