2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« また、行くぜ!東北! | トップページ | 冬の東北列車旅 2月8日 »

2015年2月10日 (火)

冬の東北列車旅 2月7日

この時期恒例の列車旅にまたまた行ってきました。
やはり冬といえば東北!
つーか東北ばかりですが(笑

今回はRさん、Tさんと優秀なツアーコンダクターがいるので、私は言われるがままに
着いて行くだけのミステリーツアーです。

まずは大宮で集合して、東北新幹線で一気に仙台へ。
仙台で少し時間があったので、立ち食い蕎麦でも食おうかと思ったけど
蕎麦屋が見当たらななかったので、牛タン弁当なんぞ高級品を買ってしもうた。
ついでにビールも(笑

仙台から快速「みのり」という列車に乗る。

Dsc03247

Dsc03244

観光列車だけあって謎のキャラクターのお見送りもありました。

Dsc03248

さて、この列車、さすが観光列車で椅子が広々としてありがたい。

さっそく、さきほど買った牛タン弁当を食いながらビールを朝から飲む。

Dsc03250

Dsc03253

Dsc03257


いやぁ~、最高っす。
飲んで、食ってとなると後は寝るだけ。

そう、私は寝る鉄なんです。

小牛田あたりまではぼんやり記憶はありますが、あとは夢の中。
目が覚めたら鳴子温泉に到着。

Dsc03282

Dsc03278

ここでは25分も停車する。

RさんとTさんは駅にある足湯で入っているようだが、靴を脱いだりするのが面倒なので、寝起きの散歩で駅周辺を散策。

Dsc03261

Dsc03281

人気の温泉らしく、昨年行った水上温泉みたに悲惨な状況ではなくなかなか良い雰囲気。

Dsc03276

Dsc03266

Dsc03267

Dsc03269

Dsc03272

Dsc03280

いつか、ここに泊まってゆっくり散策したいと思いました。

駅に戻り列車に乗り、今度は鉄道ファンなら大喜びの最前列で車窓を楽しむ。

Dsc03290

Dsc03292

Dsc03294

Dsc03298

Dsc03309

Dsc03312

運転席の後ろには可愛いこけしがありました。

Dsc03296


Dsc03306

そして、終点の新庄に到着。
昼飯時だけど、牛タン弁当を食っていたし、今晩の宿は食いきれないほど飯が出るという噂なので
飯は食わずに駅周辺を散策するが、特にな~んもありませんでした。

でも、こんな掲示が

Dsc03328

関東だったら批判を浴びそうですね(笑

次の列車は陸羽西線で余目へ向かう。

Dsc03332

Dsc03335


この路線の分水嶺辺りの景色を楽しみにしていましたが、またまた不覚にも爆睡してしまい、気が付いたら分水嶺を越えておりました。
一生の不覚 orz

余目に到着し、乗り換えて鶴岡を目指す。
しかし、車窓にはほとんど雪がない。
雪国の人には申し訳ないですが、期待外れ(笑

鶴岡に到着して、Tさんオススメの喫茶店のコフィアへ行く。

Dsc03345

Dsc03340

Dsc03347


Dsc03365


なんでも、吉祥寺にあった珈琲の神様みたいな方のところで修行された方のお店らしい。
そんな訳で珈琲の世界ではかなり有名な方のお店だそうです。

Dsc03350

メニューは珈琲だけ、なんだか解らないので目についた珈琲のエキスとやらを頼んでみる。

かなり待って出てきたのは、まさにエキスって感じでなんとも言えない美味さ。

Dsc03352

これは確かに凄かった。

でも、セブンイレブンの珈琲でも美味い!と思うワシにはもったいなかったかもwww
珈琲の神様、すんませんです。

さて、美味いエキスを堪能した後はレンタカーを借りて湯野浜温泉の福宝荘という漁師がやっている民宿へ向かいます。

Dsc03370

Dsc03368

日本海に出ましたが相変わらず雪は無し、なんか冬じゃない雰囲気。

宿に入って晩飯に備えて腹ごなしに散歩に出る。
海はこのように日本海の荒々しさもなく穏やか(笑

Dsc03375

Dsc03389

Dsc03386

Dsc03376

Dsc03400

Dsc03378


Dsc03381


冬に日本海ってのは岩場に高波が来て泡立っているのを想像していたんだがのう。
正直、湯野浜温泉は寂れていて見どころもないので、温泉神社とやらに行ってみたが、これまた淋しい雰囲気が漂っておりました。

Dsc03417

Dsc03423

Dsc03429

Dsc03420


散歩から戻り、宿の温泉で温まった後は待望の晩飯。

これが噂どうり凄かった。

Dsc03435

以下、飯テロの写真が続きます。

赤魚と海老の煮魚
Dsc03438

海鮮サラダ?
Dsc03439

海老!
Dsc03440

ブリとイカの刺身
Dsc03441

フジツボみたいな貝
Dsc03443

なんかの卵
Dsc03444


イカのしょうゆ漬け
Dsc03445

洋風の煮魚
Dsc03446

茶碗蒸し
Dsc03447

そして、どんがら汁(寒鱈汁)
これは最高に美味かった
Dsc03448

もうなんと言うか、1年分の魚を食った気分でした。
なんとか完食して部屋に戻り、あっという間に撃沈してしましました。

いやぁ~、幸せ!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


« また、行くぜ!東北! | トップページ | 冬の東北列車旅 2月8日 »

ぶらり旅」カテゴリの記事

コメント

なにより、お天気に恵まれ
よかったですね~

さかなづくし、食欲をそそられました。

海鮮の旅に出ようかな~(笑)

乙でした!
しかし、あの海鮮攻撃は食テロですなぁ。
久々に残すという屈辱的な失態を演じてしまいました。
次は只見線で、生還を掛けての博打をしに只見荘に行きましょう。

瀬戸おやぢさん
いやぁ~、山の中は雪がありましたが、海は冬の日本海とは思えないほど穏やかでした。
久々に魚を大量に食いましたが、美味かったです。
やはり、旅には食も大事ですなw

らんたさん
あの晩飯は量が多すぎだよね~
普通の人や女性は絶対食いきれないでしょうね。
只見荘再訪良いっすね!今度は日本酒は絶対に飲まないのだw

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« また、行くぜ!東北! | トップページ | 冬の東北列車旅 2月8日 »