2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« セローで初キャンプツーリング | トップページ | SHAD SH40を装着 »

2015年6月 1日 (月)

本当に気持ち良かったキャンプ場

BE-PALより発売されたキャンプ場ガイド「ほんとうに気持ちいいキャンプ場ベスト100」の
栄えある1位に選ばれた場所らしい野反湖キャンプ場に行ってみました。

このキャンプ場はこの週末がオープン初日らしく凄く楽しみにしておりましたが、直前まで天気予報は
あまり芳しくなく迷っておりました。
しかし、前日の予報で好転したのでセローで行くことにしました。

9時半に中之条のスーパーで集合だったので、今回はセローで初めての高速走行です。
自主運用のETCも問題なく動作して、関越自動車道へ入る。

とりあえず制限速度で走るトラックをペースメーカーにして進む。
まぁ、このくらいの速度であれば特に問題はない。
時々、追い抜きで加速するときは、やはりエンジンは苦しそう。
まぁ、風圧と風切り音などで、人間も辛いんですけどね(笑

だいたい制限速度あたりで走って無事渋川伊香保ICに到着。
ここから下道となるが、野反湖の道のりはまだまだ遠い。

中之条のスーパーで買い物をして、荷物を積んでいたら婆様に逆ナンされるw
最近、なんかこのパターンが多い。
いろいろと話をしてまぁ楽しかった。
ちなみに群馬では草津を「くさづ」、中之条を「なかんじょ」とい言うらしい。

中之条を出てなんか道路が高速道路みたいに立派になった八ツ場を抜けて長野原駅の横から
野反湖へ向かう山道へ入る。

途中に「殺人の滝」という看板があって興味深々。
後から調べると結構険しい道を行くらしい。

ぐんぐん高度を上げて野反湖が見える地点へ。
バイクから見た野反湖の光景は思わず「スゲー」と声が出てしまうほど凄かった。
北海道などで見た光景よりも感動したかもしれない。
近県にこんな素晴らしい場所があったとは…

Dsc06944

野反湖を半周ほどしてキャンプ場へ
立派な受付の建物で受け付けをする。試飲用の冷えたノンアルコールビールを頂きました。

さて、このキャンプ場は車、バイク、自転車はテントサイトへ入れません。
荷物を備え付けのリアカーに積んでテントサイトまで10分くらいかけて運びます。

Dsc06947_2

その道も坂道があったりして結構辛い。しかも暑い!

Dsc06948


Dsc06951

えっちらおっちらリアカーを引いてテントサイトに到着。
広場みたいな場所と湖畔のベストポジションには数組いますが、そんなに混んでません。

Dsc06957


Dsc06960

検討した結果、少し高台の場所にテントを張ることにする。


Dsc06963


Dsc06989

しかし、このキャンプ場、噂どおりほんと気持ち良い!
標高1500mの自然の中、そして車もバイクも入って来ないので静か。
荷物運びが大変なだけあって、普通の人はいない感じで本当にキャンプ好きばかりという雰囲気です。

テントやタープを設営し、昼間から飲み始める。幸せ~~~

そして、もう少し高台にある展望台に行ってみることにする。
たいした坂ではないけど、運動不足の身体には堪える...


Dsc06965


Dsc06969

600mほど進んだ場所にある看板に展望台まで1300mという表示を見て、全員一致で勇気ある撤退を決意www
どんだけ軟弱なおやじ達じゃ(笑

でも景色は最高でしたよ!

Dsc06973


Dsc06975


Dsc06981


Dsc06979

サイトに戻り、晩飯の準備を開始。
今回はキャンプらしく米を炊き、青森名物の源タレで肉野菜炒めを作り、インスタントのしじみの味噌汁とする。

Dsc06996


源タレが美味くてご飯も進み、ペロリと食ってしまいました。

さて、この頃から天気が怪しくなり雨がポツポツ...

そして、昼間の暑さから一転して冷えてきました。
実は今回、山だから寒くなると思っていたのに、ダウンジャケットを忘れてしまい寒さに震える。
そんな訳で早くシュラフに入りたくて、19時前にテントに入ってしまいました。
テントは山岳用で狭いので、人が入るとすぐ暖かくなり、シュラフの暖かさも手伝っていつの間にか寝てしまいました。
時々、テントを打つ雨音で目が覚めましたが、朝4時過ぎくらいまで爆睡して、土曜日にあった地震は全然気が付きませんでしたw

朝4時に目が覚め外を覗くと雨は止んでおり、良かった~と思ったのも束の間、5時くらいにはまた降り出してきました。
キャンプ場が雲の中らしく周辺もガスっています。
ま、こういう雰囲気も好きなんですけどね。

Dsc06999


そして、小雨が降る中撤収。
皆の撤収が完了したのが、なんと7時半(笑
どんだけみんな早起きしてるんだか。

小雨が降る中、リアカーを引いて受付がある建物に戻り、荷物を積み込む。


Dsc07014


Dsc07017


Dsc07026

そして解散。
キャンプ場から少し下ると雨も止み道路も乾いています。
どうやらキャンプ場あたりだけ雲の中だったようです。

Dsc07035


Dsc07045


途中の道の駅でカッパを脱ぐ。
雨だったら高速で帰ろうと思いましたが、ムチャ天気が良いので下道で帰ることにし、途中から倉渕を経由し高崎へでて熊谷へ。

しかし、暑い!眩暈がしそうなくらい暑い。

暑さにヒ~ヒ~いいながらなんとか帰宅しました。

野反湖キャンプ場は噂どおりほんと素晴らしい場所でした。
ここに1泊はもったいないので、2泊くらいしてのんびりしたい。
荷物運びが大変ではありますが、そのおかげであの雰囲気が保たれているんだと思う。

現地へのアクセスは悪いけど、また行こうと思います。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« セローで初キャンプツーリング | トップページ | SHAD SH40を装着 »

林道野営」カテゴリの記事

コメント

こんにちは。

早々にセローツーされていますね~。
高速使って移動とは、フルに軽二輪のメリットを
利用されているようで羨ましいです。

今から15年ほど前に、野反湖近くのエビ山へ登って
帰りに尻焼き温泉と言うところで川の温泉に
入浴して帰ってきたことがあります。

物凄く山深い場所だったイメージがありました。
確かに素晴らしい景色だと思いました。
また、行ってみたくなりました(笑)

雨ガエル1号さん
こんにちは!
高速を走っても楽しくないのですが、時間を高速料金で買ってしまいました(笑
いざとなったら乗れるのは軽2輪の良いところですよね!
でも、雨ガエルさんなら朝3時に起きて突っ走りますよね~

そうそう、そのエビ山だかに行こうとして挫折しましたw
野尻湖は車では行ったことがあったのですが、今回バイクで行った時ほど強烈な感動はありませんでした。
やっぱバイクで行くのは楽しいですよね~
是非、雨ガエルさんもひとっ走り野尻湖へ再訪してください。
帰りは我々の中で愛してる渋川周辺にある焼肉「あおぞら」で焼肉を食ってみてください。
安くて美味いですよ~

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« セローで初キャンプツーリング | トップページ | SHAD SH40を装着 »