2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« 四万温泉積善館に行ってみた -道中&到着編- | トップページ | 四万温泉積善館に行ってみた -温泉街と食事編- »

2015年9月 9日 (水)

四万温泉積善館に行ってみた -温泉編-

この宿には風呂が何箇所かあります。

有名なのは元禄風呂ですが、ここは洗い場が1つしかないらしい。
身体を洗いたい場合は、佳松亭の浴場に行った方が良いと、フロントの可愛いネーチャンにチェックイン時に言われたので本館から山荘を経由して佳松亭へ向かう。

さて、ここで館内図を見て頂こう。

Areamap

館内図を見るとなんて事はないけど、実際内部は迷路状態である。

ワシは自他とも認める方向音痴。
結果、予想通り館内で迷子になる orz

有名なトンネルをくぐってエレベーターに乗って山荘の4階で佳松亭へ向かう通路が見つからない。
なぜか3階に降りてしまったりして迷っていると、宿の仲居さんっぽい方に声をかけられる。
きっと地図を持ってウロウロしていたからだと思う(笑

無事、佳松亭へ向かう館内の道を教えて頂き浴場に到着。

Dsc09407


Dsc09409
新しいだけあって今風の大きな浴槽と露天風呂がある。

Mori_img1

Mori_ttl

風呂の写真は、宿のWEBページから頂いております。

先客は2人だけ。
シャワーで汗を流して露天風呂でマッタり。
ここは日帰り客は入ってこないのか、人も少なくて極楽です。


風呂から上り、またまた地図を持って山荘にある風呂を目指す。
今回はすぐに風呂は見つかったけど、あいにく使用中でした。
ここは家族風呂で使用中は中から鍵を締めて、入口の札を「使用中」にしておくのです。
また、夜にでも再訪しましょう。

今度は本館の岩風呂へ向かう。
ここは混浴(時間によって男女の区別あり)です。
ちなみにここは、チェックイン時にタオルなどを巻かずに入る混浴との説明がありました。
入ってみるとそんなに広くはない。先客は無し。


Iwa_img


Iwa_ttl

風呂の写真は、宿のWEBページから頂いております。

誰もいないとゆっくり温泉が堪能できてうれしい。
でも、混浴という事で期待していたところも少しあったのは内緒である(笑


岩風呂を上り、次なる目的湯はメインの元禄風呂です。


Dsc09456_2


Dsc09457


Dsc09460

古い建物好きにとっては、悶絶して気絶しそうになるくらいの素晴らしい雰囲気。

大風呂とかではなく小さな浴槽が4つ、そこそこ大きな浴槽が1つある

Genroku_img


Genroku_ttl


ここで気にいったのが、各浴槽にある蛇口。


Intro_img_2

風呂の写真は、宿のWEBページから頂いております。

温泉の結晶でなんとも言えない雰囲気を醸し出していました。
まさに芸術的である。
ちなみに結晶で固着して蛇口が回せず水は出ませんでしたw

そんなに混んでいなかったので、浴槽1つを独り占め。
いや~、浴場の建物も素晴らしいけど、お湯も適温で気持ち良い。
源泉が浴槽の下から湧き出てくるようで、お湯もたっぷりである。

さすがに、これだけハシゴしてのぼせて来たので、1回目の館内温泉ツアーは終了。
その後、後述する館内の歴史ツアー、食事後、さきほど入れなかった山荘の家族風呂へ向かう。


Dsc09517_2


Dsc09516


Sanso_img


Sanso_ttl

風呂の写真は、宿のWEBページから頂いております。

運よく空いており、食後の温泉を堪能。
最近、こういうタイルの風呂ってなくなちゃたなぁ~

しかし、家族風呂にひとりってのは寂しいな(泣

部屋に戻り、改めて宿の案内パンフレットを見ていたら元禄風呂には、蒸し湯の小部屋があるらしい。
これは行かねばなるまい。
さっそく蒸し湯に入りに元禄風呂に向かう。
目的の小部屋はすぐに見つかり、怪しい扉を開けて入ってみる。

1406473200_2

風呂の写真は、宿のWEBページから頂いております。


内部は人が一人がやっと入れる大きさでタイルでできた背もたれが倒れたイス状になっている。当たり前ながら蒸し蒸しで熱い。

しかし、この小部屋は秘密基地みたいで面白い。

もしも行く人がいたらこの小部屋で蒸されてください(笑
でも、閉所恐怖症の方にはオススメできませぬ。

その後、部屋が元禄風呂に近かったおかげで、夜中、朝とガラガラの元禄風呂を堪能しました。

ここは日帰りでも入れるのですが、その時間帯は混んでいるし、落ち着かないのでやはりここの温泉は泊まって堪能するのが良いと思いますよ~


温泉街&食事編へつづく


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


« 四万温泉積善館に行ってみた -道中&到着編- | トップページ | 四万温泉積善館に行ってみた -温泉街と食事編- »

ぶらり旅」カテゴリの記事

コメント

四万温泉、橋の脇の洞窟のような共同風呂にしか入ったことなく、ほとんど外から眺めただけなのですが、やはり歴史のある温泉はすばらしいですね。

木賊温泉、川べりの共同露天風呂なので今回の台風、大雨で被害が出てしまった様子ですが、多くの林道ががけ崩れで通れなくなったり、被害をこうむってしまいそうで心痛みます。

すみません、、、道づれでした。

温泉の数や種類、雰囲気が凄いですね。
来月は、早めにチェックインしなくては!
情報ありがとうございます。^o^

道づれさん こんにちは。綺麗な温泉はそれでそれで素晴らしいですが。やはりこういう昔ながらの宿の方が私は好きです。
ここは、日帰りで入るのではなく、宿泊して空いている時に何度も入るのが、最高に贅沢だと思いますよん。
木賊温泉は川っぺりなので、今回の雨で心配でしたが、やはり被害を受けてしまいましたか・・・

Aloha_Cubさん ここはなるべく早くチェックインして風呂や建物を楽しんだ方が絶対に良いと思いますよん。
来月、楽しみですね!

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 四万温泉積善館に行ってみた -道中&到着編- | トップページ | 四万温泉積善館に行ってみた -温泉街と食事編- »