2020年7月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« グリップヒーター装着 | トップページ | 雨予報でも丹波山でキャンプなのだ »

2015年10月 6日 (火)

カブプロのエンジンが突然停止

日曜日、ちょいと東秩父にでも行こうと軽快に走っていて、信号で停止したらエンジンも停止。
セルを回してもセルだけ元気よく回る状態。

とりあえず、路肩の広い場所に寄せてセル、キックなどを試すがエンジンは始動しません。
燃料ポンプかと思い聞き耳を立てるが、国道沿いでうるさくてポンプ音がわからない。
なんとなく音はしているような気がする。

油温上昇でエンジン停止、再始動不可は何度も経験しているのですが、油温も80度前後で問題
はない。

どうにもならないのでJAFに救援要請。
たまたま川越だったので、セローを購入したバイク屋さんに相談して、持ち込む段取りを付けました。
JAFが来るまでしばし休憩。

20151004_081124

20分くらい休んだであろうか、試しにセルを回すと何事もなかったようにエンジン始動。
何度か停止、始動をやってみるが異常はない。

これなら移動できるのではないかと思い、いったんJAFをキャンセル。
再度バイク屋さんに電話して、とりあえず道中ヒヤヒヤしながら直接バイク屋に向かう。

バイク屋で見てもらうが、やはり燃料ポンプが怪しいかもしれないとの事。
クレームで修理ができるかもしれないとの事なのでメーカーへの問合せをお願いして帰宅。

ネットで調べるとカブ110のエンジン停止、再始動不可という事例は多々ある。
JA10の場合は燃料ポンプが原因というのがほとんどで、停止したら2度とエンジンはかからない
との事。
うちのはJA07だし、20分後くらにはエンジンはかかってその後はなんともない。

あと考えられるのは高負荷で走行後のカーボン噛み。
確かの停止するまで、ギア比を変えた為かなり高回転(全開に近い)で走っていました。
でもキックはスカスカじゃなかったしなぁ

燃料ポンプがクレーム交換できたら安心だけど、それが駄目だったらどうしようかなぁ…

とりあえずカーボン噛みの可能性もあるので、ヤマルーブ PEAカーボンクリーナーを入れて
おこうと思う。

907933803300


しかし、今回は近場で発生したから良かったけど、この状態だと不安で遠出に使えないなぁ。
困ったのだ…

しばらく遠出はセローだな。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« グリップヒーター装着 | トップページ | 雨予報でも丹波山でキャンプなのだ »

コメント

これはボアアップのお告げでは…??(笑)

らんたさん ボアアップしてみたのう。
全然違うよ

カブ90での謎のエンジン停止の時はステアリングステム内部のエッジでイグニッション配線の被覆が削れることで短絡し・・・ってのはありましたけど。
燃料系だったら、セルやキックでウンとかスンとか多少はありそうですが、文面からすると反応無かったみたいですから、点火系の疑いが高いですね。
今時のカブは電子制御だからセンサーの異常で始動しなくなる可能性はありそう。
20分停止後に始動したならやはり温度系センサーじゃないかと。

早く直るといいですね。

SANGO22000さん こんにちは!点火系の可能性もあるんですが、最近プラグも交換したし考えにくいんですよね。全開から停止でカーボンが取れてバルブに噛む事はよくあるようなので、状況から考えてそれが一番可能性が高いかなぁ~と思ってります。と言うかそうであって欲しいです。ちなみに昨日120kmほど走りましたがエンジンは絶好調でしたw

どうもどうも、いまのところ快調みたいですね。

でも原因が不明のままだと再発が怖いですね。

点火系と言ってもプラグというよりイグニションハーネスとかセンサーとかの配線とか。

カーボンはぶん回してるバイクにはつきにくいんですけどね・・(え?回してない??)
インジェクションだとキャブよりカブりにくいと思うし・・・

ちなみに、うちのカブはハイオク入れてるんですが、ヘッド開いたところカーボンはほとんど付着して無かったです。(もちろんいつも全開なんですけど(^^;;)

カーボンがバルブに噛んでってのは圧縮漏れと言うことでしょうけど、何回かキックしたらカーボンスラッジは吹き飛んで再始動するだろうし、そうで無ければ何時間待ってもエンジンかからない様に思うし。

例の事故でハンドルストッパーがもげるほどハンドルが切れてるとしたら、ステアリング周りのハーネスにダメージがあるのかも。

こんにちは、スレッド拝見いたしました。
大震災の時にカブ110丸目(JA07?)のインジェクション車を購入しました。
かれこれ9年ほど乗っていますが、昨日のあの夜までは何も問題を起こさない優等生でした。
昨日の夜会社から帰ろうとキーをオンにしセルを回すと、いつものように即始動せず、何度回しても何度
キックしてもエンジンは始動しませんでした。プチパニックになり、色々調べましたが、最低限の点検は定期的にホンダでやってますし、インジェクションポンプも作動音してますしプラグついてるし、燃料、オイル問題なしですし、まさかイタズラされて。。?いや、そんな形跡もないですし、バイク店つぶれて近くに無いし、困っております。
ウンともスンとも回し続けてもダメなので、電装系が怪しいと勝手に思っていますが、どうしようと悩み続け家まで押して何とか到着しました。朝の通勤まで絶好調だったのに全く信じられません。
修理に出すにも原因不明なためお預かりといわれる所ばかりで費用がとても気になっております。
5万10万と出費するなら、さすがに他の選択しを考えたいのですがアドバイスなど有りましたらご教示お願い致します。

三流さん

うちのカブは最近症状が出ていないですが、定期的にヤマルーブ PEAカーボンクリーナーを入れてます。
小排気量車はカーボンかみが多いようなので、その可能性が高いと思います。
ただ気になるのは、走行直後ではないような事です。
バッテリー、燃料ポンプが動いているようでしたら、押しがけでもエンジン始動はできないでしょうか?

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グリップヒーター装着 | トップページ | 雨予報でも丹波山でキャンプなのだ »