2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« 春のグリーンラインとツーリング準備 | トップページ | 春の奥会津の旅 2日目 »

2016年4月18日 (月)

春の奥会津の旅 1日目

春の奥会津の旅 1日目

週末は会津方面へ出かけてきました。

そもそも事の発端は、奥会津の只見にある宿に泊まりたいという話が出て突発で決まりました。

例年ですと会津方面はまだ桜の時期ではないのですが、今年は暖かくて既に桜も咲いているとの事で桜の名所をいくつか回って奥会津は向かう事となりました。

只見線は何度か乗った事があるので、今回は機動力のある車に相乗りで行く事になりました。

久々に車での旅行です。
運転手、添乗員、ガイド付きの殿様旅行で、私は後席でふんぞり返っているだけでしたが(笑)

今回は珍しくミラーレス一眼を持っていきました。

朝、某駅に集合して圏央道、東北道へと進む。

順調に進み、9時過ぎに会津のICで降りて、まずは最初の桜の名所である石部桜へ向かう。
大河ドラマで有名になった桜らしいが、知らんかったw
少し離れた駐車場に車を置き、石部桜へ歩いて向かう。

途中にいた猫が幸せそうだったw

Dsc04643


しばらく歩き畑の中にある石部桜が見えてきた。

Dsc04645

Dsc04663


Dsc04667


有名らしくて結構人が多い。


Dsc04672


Dsc04676


Dsc04689


Dsc04693

ワンコがなぜか大人気でした(笑)


Dsc04679


Shiba


次に近くにある「さざえ堂」という所へ向かう。


Dsc04703


Dsc04710

ここも桜が咲いてなかなか綺麗な所である。


Dsc04719


Dsc04752


Dsc04768


そして400円を払ってさざえ堂とやらに入ってみる。

Dsc04749


Dsc04779

確かに面白い構造の建物である。

Dsc04782


Dsc04785


Dsc04791


Dsc04794


Dsc04800


Dsc04797

いったいどんな構造なのか考えてみたけど、頭がこんがらがってしまった。

さざえ堂を見学して車へ戻る。


Dsc04827


Dsc04830


Dsc04836

次はしだれ桜が有名な寺へ向かう

Dsc04839


Dsc04842


Dsc04845


Dsc04868


Dsc04872

残念ながらお目当ての桜はまだ咲いておりませんでした。

次に向かうは会津柳津。
ここは圓蔵寺で有名だそうです。
また、「ジヌよさらば」という映画のロケ地だったそうです。

Dsc04887


Dsc04890


Dsc04892

なかなか面白そうなので、機会があれば見てみようと思う。

でも、その前に昼食。
会津と言えばソースカツ丼が有名である。
そんな訳で「すずや食堂」に入る。


Dsc04878


Dsc04885


普通のソースかつ丼はカツの下にキャベツだが、ここのはカツとキャベツの間に卵焼きが入っている。
卵焼き好きには嬉しい構造である。(笑)

この卵焼きがソースのくどさを緩和して美味い!
あっという間に完食となりました。

ついでに、Nさんが買ってきた名物のあわまんじゅうを食う。7

Dsc04902

モチモチしてこれも美味かった。
お土産に買おうかと思いましたが、日持ちしないようなので、購入するのはあきらめました。

飯とデザートを食ったので圓蔵寺に向かう。

ここも結構な人出である。

上から眺める只見川もきれい!


Dsc04905


Dsc04923


Dsc04941


Dsc04957


Dsc04962

裏手の線路際に行ったら、只見線の撮影をする撮り鉄がズラッと並んでいた。

桜をバックに走る列車を狙っているようだ。

ちょうど列車が来るようだが、一種独特の雰囲気を醸し出しているあの集団の中に入るのは、嫌なのでやめましたw

さて、会津柳津を出発し、只見線に沿って進む。

さぁ、次は温泉である。
目指すは大塩温泉。

20160416_153300_hdr2

なかなか綺麗な建物である。


20160416_151053

料金は300円で、来た人の良心にまかせるシステム。


20160416_1510371


茶色で錆臭い温泉ではあるが、気持ち良い。
風呂から出た時に入ってきた地元に爺様と話をすると、この建物は昨年できたらしい。
その前はもっと下の川の近くにあったそうですが、水害で流されてしまったそうです。

この爺様、野良仕事の後にカブで来たようで、野良仕事の後に温泉なんてムチャ羨ましいなと思った。

大塩温泉から少しの所に炭酸水の湧水があるらしいので、行ってみる事にする。


Dsc04989


Dsc04974


Dsc04977

綺麗な炭酸水がかなりの勢いで湧いている。

飲んでみると確かに微炭酸。
シロップを入れると炭酸ジュース、これでウイスキーを割ればハイボールになりそうだ。

炭酸水の湧水はもう1個所あり、そちらにも行ってみる。


Dsc05001


Dsc04992


こちらはなんつーか、雰囲気はイマイチ。
でも、しっかり炭酸水でありました。

温泉といい、炭酸水といいなかなか魅力的な地区である。

さて、寄り道はこのくらいにして、本日の宿である只見駅前の只見荘へ向かいます。

Dsc05014

Dsc05080

相変わらず気さくな旦那さんと奥さんが迎えてくれる。


Dsc05026


Dsc05035


Dsc05044

Dsc05050


Dsc05059


Dsc05068

Dsc05077


このまま部屋でダラダラすると布団の誘惑に負けて寝てしまいそうなので、田子倉まで行ってみる事にする。
田子倉ダムの近くの旧田子倉駅は今回私が出した唯一のリクエストです。

山道を新潟への県境へ向けて走ると、ネットで見た旧田子倉駅が見えてきた。

ま、写真の通り知らない人が見たら絶対に駅には見えない建造物です。

Dsc05086


Dsc05090


Dsc05095


Dsc05102

昨年、バイクでここの横を通ったはずなのにまったく記憶がありませんでしたからw

Dsc05110


Dsc05120

Dsc05126


Dsc05130_2

周りを見ると当たり前ですが、なにもありません。


Dsc05148


Dsc05154

奥只見を抜けるトンネルの途中の空間にポツンとある感じです。
廃駅になるのは当然かなぁ~と思うけど、そもそもなぜこんな場所に駅を作ったのだろうか…?

その後、だ~れもいない静かな田子倉ダムに行く。

Dsc05166


Dsc05172

Dsc05181

Dsc05185


Dsc05188

湖面を見ると大きな魚が数匹泳いでいるのが見えまて、なかなか良い雰囲気でした。


Dsc05196


Dsc05199


さて、田子倉湖を出発して、宿へ戻る。

大塩温泉で錆臭い身体を風呂で洗って、待望の晩飯である。

Dsc05201


Dsc05202


Dsc05204


この宿では、岩泉という日本酒が飲める。
これが結構飲みやすいお酒なのです。

基本的には日本酒に超弱い私。飲みやすさのせいで前回は、撃沈してひどい目にあったので、今回、そこそこにしておきました。


Dsc05206


また、花泉という日本酒も飲んでみました。
こちらは、岩泉とはまった違った味でしたが、これも飲みやすくて危険な香りがしましたw

晩飯後、同じ宿に泊まっている一人旅の方とお話しをして、21時頃にはダウンしちゃいましたw


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« 春のグリーンラインとツーリング準備 | トップページ | 春の奥会津の旅 2日目 »

ぶらり旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 春のグリーンラインとツーリング準備 | トップページ | 春の奥会津の旅 2日目 »