2017年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »

2016年4月

2016年4月30日 (土)

秩父札所20番~25番(前編)

さて、秩父札所巡りですが先週はキャンプ、その前は、只見への旅で続きができませんでした。

身体は徒歩を欲しっており、禁断症状気味(笑)
そんな訳でゴールデンウィーク初日の29日に秩父へ向かいました。

最寄り駅を6時過ぎに出て秩父鉄道の大野原へ向かう。
秩父鉄道の車内は弓道部の高校生がいっぱい!
でも、袴を着た弓道部の女子高生は、なんか凛々しくて良いね~

そして大野原へ到着。
弓道部の方々も大野原で下車しておりました。

さて、本日は車で来たRさん、Nさんも一緒です。
お二人は本日予定の札所は行っていますが、一部古道から離れて歩いたそうで、そこを歩きたいそうです。

まずは19番の龍石寺へ向かい、ここから秩父大橋へ向かいます。

Dsc02361


Dsc02363

前回も書きましたが、秩父大橋から20番の岩之上堂へ向かう古道は崩落して通れないので、迂回して向かう。


Dsc02365

テクテク歩き20番の岩之上堂へ到着。

Dsc02369

まだ朝も早いので静かで花もたくさん咲いて良い雰囲気です。

Dsc02373


Dsc02375


Dsc02382

椛の木が多く、秋の紅葉シーズンはきっと綺麗な事でしょう。

Dsc02388


Dsc02392


Dsc02394

次の21番観音寺には15分ほどで到着。

Dsc02400


Dsc02403


Dsc02407


ここは道路沿いで、雰囲気的にはイマイチかなぁ~


さて、次は22番童子堂ですが、22番と23番の位置関係でコースが難しい。
長尾根道を進むとなると、22番の手前で山に入ることになる。

そうなると23番を打った後に尾根を降りて22番へ向かい、また尾根に登り返す事になる。
いろいろと考えた末、素直に22番へ行って、戻って長尾根道へ入ることにする。

明治古道を歩き22番へ向かう。

Dsc02409


Dsc02412


Dsc02418

そして22番童子童へ到着。


Dsc02428


Dsc02434


Dsc02437

なんか山門の仁王様が可愛い

Dsc02442


Dsc02445


Dsc02449


Dsc02451

童子童を出て、少し大きな道へ向かい。江戸古道への分岐へ戻る。

途中、筍掘りをしている婆様が思い切り手を振ってくれた。
歩いているとこういう事があるから楽しいね!

この先、24番まで補給する場所がないので、ちょうどあった農産物直売所に寄って山菜いなりと草餅を買っておく。

わらじカツ弁当に少し惹かれたw

Nさんが買ったキビ餅を食べながら歩き、長尾根道へ入る分岐へ。

さあ、ここから山道です。
前回は秩父市内が多かったので、山道は楽しみです。


思いのほか交通量の多い上り坂を進み、分岐から長尾根道へ入る。


Dsc02460

なかなか良い道です。


Dsc02463


Dsc02469


Dsc02475


Dsc02484


Dsc02487


Dsc02490

Dsc02497


特に今の時期は新緑でとても綺麗です。

武甲山も今日は綺麗に見えます。

気持ち良い道を歩き、十三地蔵に到着。

Dsc02498

Dsc02504


Dsc02511

十三地蔵から少し歩くと23番音楽堂へ到着です。


Dsc02513


Dsc02519

ここは、名前のとおり音楽関係の方が来ることが多いようです。


Dsc02526


Dsc02528


Dsc02534


でも、知らん歌手だなぁ
歌手も売れないと大変だな

さて、24番法泉寺へ向かいましょう。

ミューズパーク内を少し歩き、また山道へ。

ちなみにここから先は道がよくわからなくて迷いやすいです。
今回は経験者のRさんがいたので、迷わずにすみました。


Dsc02540


Dsc02543


Dsc02546


Dsc02552

Dsc02556


途中で林道マニア垂涎の林道デルピス号発見!


Dsc02558


Dsc02561

Dsc02564

更に進むと今度は竹林になる。


Dsc02571


Dsc02574

結構、筍が生えている。

気持ちよい山道をテクテク歩き、小さな沢を渡り念仏坂を登り下ってやっと民家が見えてきました。

Dsc02589


Dsc02593


Dsc02602


Dsc02605


Dsc02610


Dsc02617


Dsc02626


Dsc02633


ちょうど12時、目の前には蕎麦屋の看板。

いなり寿司は持っていたけど、蕎麦屋へ行く事にする。
食に拘らない私は、きっと1人だったら、いなり寿司で済ましていたと思う(笑

こんな所で商売になるんか?という場所にある蕎麦屋で蕎麦定食と麦のジュースを頼む。

Dsc02646


Dsc02651


Dsc02657


Dsc02660


この日はムチャ暑かったので麦のジュースが美味い!

蕎麦定食も大変おいしゅうございました。

後編へ続く

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2016年4月25日 (月)

カブで今年最初の丹波山キャンプ

冬季閉鎖中だったお気に入りの丹波山のキャンプ場が先週オープンしたので今年の一発目で週末行ってきました。
私らのキャンプは、みんなでBBQしたりカレーを作ったりというスタイルではなく、ソロキャンプの集合体のような物で各自自己完結型なので場所だけ決めて適当な時間に集まってきます。

私はカブ110、Uさんはカブ90、Sさんは古いCB250、Hさんはジムニー、Tさんはエアウェイブ、DさんはCD125T、日帰りのMさんはデリカと乗り物はバラバラ。
バイクにしろ、車にしろみんな古い。
最新型は私のカブ110であるw

いつものように荷物満載で出発。
原市場のエコスで買い物をして、奥多摩方面へ向かう。


Img_7768


Img_7771


最初は曇っていましたが、奥多摩に出る頃には晴れ渡っておりました。

Img_7761

Img_7764

Dsc05530


Dsc05533

昼ごろに現地に到着して、運動がてら村内を散歩しようと思ったけど、既にMさん、Hさんがいらっしゃいました。
こうなると散歩って訳にもいかないので、サクサクと設営して、蕎麦を食いながら昼から飲み始める。

Dsc05540


Dsc05552


Dsc05548


Dsc05563

Mさんの自作グッズの品評会や、自作グッズを頂いたりして楽しく過ごす。天気も良くて気持ち良いです。
ひたすら飲んで、談笑して日が暮れてくる。

Dsc05555


Dsc05560

私は現在ダイエット中なので、食事は質素にする。

源タレで作った肉野菜炒め
セブンイレブンのサラダチキンとトマトのサラダ
冷奴
とてもキャンプとは思えない飯である。
まぁ、それでも満足。

Dさんが自作したピコグリルのバチ物と本物のピコグリルを比較したりして楽しい夜を過ごす。


Img_7788


Img_7790

22時前に雨がポツポツ降ってきたので、お開きとなりテントへ

Dsc02352


Dsc02354

夜中は相変わらず至近距離で鹿が鳴きまくっておりました。
翌朝
相変わらず起きるのが早い。
幸いな事に雨は止んだようである。
いつもは簡単にパンを食って朝飯は済ますのですが、今回はダイソーで売っていた鋳物の鉄板でベーコンエッグなんぞ作って食う。

そして、自家焙煎のUさんのコーヒーを頂く。
あとは、ダラダラと撤収して、近くの温泉に入って帰路につきました。

Dsc02359

しかし、帰りの道は寒かった~
完全に湯冷めしました。

さて、今年は何度、丹波山に行くのであろうか。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2016年4月20日 (水)

春の奥会津の旅 2日目

さて、今回は前回の教訓を生かしたおけげで二日酔いもなく爽やかな目覚めです。

つーか、5時頃にゴソゴソしだすなんて、皆さん起きるの早いよ。
朝飯は7時半からなので、近場を散歩する。

Dsc05259


Dsc05263


Dsc05278


のどかな風景の中を散歩する。
只見線は有名なローカル線ですが、数年前の大水害で会津川口~只見の間が不通で代行バスでの運行になっています。

Dsc05283


Dsc05287


Dsc05312


Dsc05305


線路や設備も野ざらしで、このまま廃止という噂もある。


Dsc05289


Dsc05292


Dsc05299


Dsc05302


Dsc05295


果たしてこの先、鉄路の復活があるのだろうか…


天気予報どおり雨がポツポツ降ってきたので、宿に戻り風呂に入り朝飯を食う。

いつも思うけど、宿の朝飯ってなんでこんなに美味いんだろうか?
また、前回も思ったけど、ほんと米が美味い!
普段からこんな美味い米を食ってる人が都会へ出て、松屋や吉野家の米を食ったっら卒倒するんだろうなぁ~なんて思う。

朝飯を食い、RさんとNさんが朝の散歩で買ってきた、朝からやってるケーキ屋?の濃厚なプリンを頂いて食べる。
田舎のケーキ屋のプリンとは思えないほどウマカッタよ。

Dsc05313

Rさん、Nさん、ありがとうございました!

朝飯後、少しマッタリして出発である。
まだこの時期は、新潟方面へは抜けられないので喜多方方面へ戻る。

途中にカタクリの群生地の看板があり寄ってみることにする。
地元のオッサンが「看板に従って行くと、今は走っていないけどローカル線の踏み切りがあって、それを渡ると畳一畳くらいの写真看板があるよ、今いっぱい咲いているよ~」と親切に道を教えてくれた。

途中、先に書いた大水害の影響で、もう何年も列車が来ていない只見線の駅があった。


Dsc05316


Dsc05318


Dsc05319

なんとも寂しい光景でした。

程なくしてカタクリの群生地に到着する。

Dsc05323


Dsc05328


Dsc05329


Dsc05332


柵とかもなくほんと自然の中で可憐に咲いている花が綺麗でした。
人工的でないこういうのは、ほんと綺麗だと思う。

カタクリを見た後、喜多方方面へ向かうが途中にあった寺が綺麗だったので寄ってみる。

Dsc05388


Dsc05393


Dsc05400


Dsc05432

茅葺の本堂が素晴らしい。
桜も綺麗でした。

隣接する敷地には昔の五十嵐さんちが保存されていた。

Dsc05442


Dsc05446


Dsc05444


Dsc05459


Dsc05455

中にはいると薪を燃やした時の懐かしい匂いがしました。
キャンプの時の匂いとも言う(笑)

Dsc05448


Dsc05452

古民家ってほんと良いなぁ~
そう言えば小学生の頃に行った川崎の民家園ってまだあるんだろうか??


さて、更に先に進み喜多方駅へ。
ここから旧国鉄の日中線の後が遊歩道になっていて。この時期は、しだれ桜が綺麗らしい。
確かに綺麗ですが、人が多いな。


Dsc05463


Dsc05473


Dsc05476


Dsc05479


Dsc05482


Dsc05488


Dsc05494


Dsc05503


個人的には、こんなにいっぱい咲いていなくて、山桜みたいに人知れず野に咲く桜みたな方が良いね。


さて時間はちょうど昼飯時である。
喜多方と言えばラーメンである。
普段、ひとりで旅する時は土地の名物を食わないワシであるが、今日は優秀なガイドさんがいます。

喜多方の町中をラーメン屋に向かって、テクテク歩く。


Dsc05512

ほどなく春月食堂という店に到着。


Dsc05527

結構、ハラペコだったので大盛りのチャーシューメンを注文。
で、出てきたのがコレ。

Dsc05524


写真だと解りににくいですが、レンゲと比較して頂けると器の大きさが解ると思う。
私自身、そんなに喜多方ラーメンって食べた事はないので、喜多方ラーメンとしてどうなのか?ってのは解りませんが、普通に美味かったです。
量が多いと思ったけど、あっさりしているのでペロリと食えてしまいました。


さて、これで今回の会津の旅はこれでお終いです。
あとは高速に乗りバビューンと進み、思ったより早く夕方には帰宅できました。

Rさん、Tさん、Nさん、今回もいろいろとお世話になり、どうもありがとうございました!
盛りだくさんの内容でとても楽しかったです。
また、お誘いくださいまし。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2016年4月18日 (月)

春の奥会津の旅 1日目

春の奥会津の旅 1日目

週末は会津方面へ出かけてきました。

そもそも事の発端は、奥会津の只見にある宿に泊まりたいという話が出て突発で決まりました。

例年ですと会津方面はまだ桜の時期ではないのですが、今年は暖かくて既に桜も咲いているとの事で桜の名所をいくつか回って奥会津は向かう事となりました。

只見線は何度か乗った事があるので、今回は機動力のある車に相乗りで行く事になりました。

久々に車での旅行です。
運転手、添乗員、ガイド付きの殿様旅行で、私は後席でふんぞり返っているだけでしたが(笑)

今回は珍しくミラーレス一眼を持っていきました。

朝、某駅に集合して圏央道、東北道へと進む。

順調に進み、9時過ぎに会津のICで降りて、まずは最初の桜の名所である石部桜へ向かう。
大河ドラマで有名になった桜らしいが、知らんかったw
少し離れた駐車場に車を置き、石部桜へ歩いて向かう。

途中にいた猫が幸せそうだったw

Dsc04643


しばらく歩き畑の中にある石部桜が見えてきた。

Dsc04645

Dsc04663


Dsc04667


有名らしくて結構人が多い。


Dsc04672


Dsc04676


Dsc04689


Dsc04693

ワンコがなぜか大人気でした(笑)


Dsc04679


Shiba


次に近くにある「さざえ堂」という所へ向かう。


Dsc04703


Dsc04710

ここも桜が咲いてなかなか綺麗な所である。


Dsc04719


Dsc04752


Dsc04768


そして400円を払ってさざえ堂とやらに入ってみる。

Dsc04749


Dsc04779

確かに面白い構造の建物である。

Dsc04782


Dsc04785


Dsc04791


Dsc04794


Dsc04800


Dsc04797

いったいどんな構造なのか考えてみたけど、頭がこんがらがってしまった。

さざえ堂を見学して車へ戻る。


Dsc04827


Dsc04830


Dsc04836

次はしだれ桜が有名な寺へ向かう

Dsc04839


Dsc04842


Dsc04845


Dsc04868


Dsc04872

残念ながらお目当ての桜はまだ咲いておりませんでした。

次に向かうは会津柳津。
ここは圓蔵寺で有名だそうです。
また、「ジヌよさらば」という映画のロケ地だったそうです。

Dsc04887


Dsc04890


Dsc04892

なかなか面白そうなので、機会があれば見てみようと思う。

でも、その前に昼食。
会津と言えばソースカツ丼が有名である。
そんな訳で「すずや食堂」に入る。


Dsc04878


Dsc04885


普通のソースかつ丼はカツの下にキャベツだが、ここのはカツとキャベツの間に卵焼きが入っている。
卵焼き好きには嬉しい構造である。(笑)

この卵焼きがソースのくどさを緩和して美味い!
あっという間に完食となりました。

ついでに、Nさんが買ってきた名物のあわまんじゅうを食う。7

Dsc04902

モチモチしてこれも美味かった。
お土産に買おうかと思いましたが、日持ちしないようなので、購入するのはあきらめました。

飯とデザートを食ったので圓蔵寺に向かう。

ここも結構な人出である。

上から眺める只見川もきれい!


Dsc04905


Dsc04923


Dsc04941


Dsc04957


Dsc04962

裏手の線路際に行ったら、只見線の撮影をする撮り鉄がズラッと並んでいた。

桜をバックに走る列車を狙っているようだ。

ちょうど列車が来るようだが、一種独特の雰囲気を醸し出しているあの集団の中に入るのは、嫌なのでやめましたw

さて、会津柳津を出発し、只見線に沿って進む。

さぁ、次は温泉である。
目指すは大塩温泉。

20160416_153300_hdr2

なかなか綺麗な建物である。


20160416_151053

料金は300円で、来た人の良心にまかせるシステム。


20160416_1510371


茶色で錆臭い温泉ではあるが、気持ち良い。
風呂から出た時に入ってきた地元に爺様と話をすると、この建物は昨年できたらしい。
その前はもっと下の川の近くにあったそうですが、水害で流されてしまったそうです。

この爺様、野良仕事の後にカブで来たようで、野良仕事の後に温泉なんてムチャ羨ましいなと思った。

大塩温泉から少しの所に炭酸水の湧水があるらしいので、行ってみる事にする。


Dsc04989


Dsc04974


Dsc04977

綺麗な炭酸水がかなりの勢いで湧いている。

飲んでみると確かに微炭酸。
シロップを入れると炭酸ジュース、これでウイスキーを割ればハイボールになりそうだ。

炭酸水の湧水はもう1個所あり、そちらにも行ってみる。


Dsc05001


Dsc04992


こちらはなんつーか、雰囲気はイマイチ。
でも、しっかり炭酸水でありました。

温泉といい、炭酸水といいなかなか魅力的な地区である。

さて、寄り道はこのくらいにして、本日の宿である只見駅前の只見荘へ向かいます。

Dsc05014

Dsc05080

相変わらず気さくな旦那さんと奥さんが迎えてくれる。


Dsc05026


Dsc05035


Dsc05044

Dsc05050


Dsc05059


Dsc05068

Dsc05077


このまま部屋でダラダラすると布団の誘惑に負けて寝てしまいそうなので、田子倉まで行ってみる事にする。
田子倉ダムの近くの旧田子倉駅は今回私が出した唯一のリクエストです。

山道を新潟への県境へ向けて走ると、ネットで見た旧田子倉駅が見えてきた。

ま、写真の通り知らない人が見たら絶対に駅には見えない建造物です。

Dsc05086


Dsc05090


Dsc05095


Dsc05102

昨年、バイクでここの横を通ったはずなのにまったく記憶がありませんでしたからw

Dsc05110


Dsc05120

Dsc05126


Dsc05130_2

周りを見ると当たり前ですが、なにもありません。


Dsc05148


Dsc05154

奥只見を抜けるトンネルの途中の空間にポツンとある感じです。
廃駅になるのは当然かなぁ~と思うけど、そもそもなぜこんな場所に駅を作ったのだろうか…?

その後、だ~れもいない静かな田子倉ダムに行く。

Dsc05166


Dsc05172

Dsc05181

Dsc05185


Dsc05188

湖面を見ると大きな魚が数匹泳いでいるのが見えまて、なかなか良い雰囲気でした。


Dsc05196


Dsc05199


さて、田子倉湖を出発して、宿へ戻る。

大塩温泉で錆臭い身体を風呂で洗って、待望の晩飯である。

Dsc05201


Dsc05202


Dsc05204


この宿では、岩泉という日本酒が飲める。
これが結構飲みやすいお酒なのです。

基本的には日本酒に超弱い私。飲みやすさのせいで前回は、撃沈してひどい目にあったので、今回、そこそこにしておきました。


Dsc05206


また、花泉という日本酒も飲んでみました。
こちらは、岩泉とはまった違った味でしたが、これも飲みやすくて危険な香りがしましたw

晩飯後、同じ宿に泊まっている一人旅の方とお話しをして、21時頃にはダウンしちゃいましたw


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2016年4月15日 (金)

春のグリーンラインとツーリング準備

土曜日は秩父を歩いたので、日曜日はセローで軽く近場を走ってみる事にしました。

Dsc02231_2

セローには、今までSHAD製の40リットルのトップボックスやホームセンターの箱を付けておりましたが、
SHADの箱はダートだと吹っ飛んで落としてしまいそうだし、常にダートではガタガタうるさい。。
ホームセンター箱はラチェットロープとゴムひもで固定しておりましたが、やはりなんかセローに似合わない。

そんな訳で日帰りツーリング用に定番のタナックスのミニフィールドバッグを購入してみました。

20160410_085452


20160410_085520


20160410_085531

思ったより小さいが、評判が良いだけあってよくできている。
バックル紐4本で固定してさっそく軽く走りに行ってみる。

特にあてもないけど、鎌北湖の桜が綺麗との話なので、まずは鎌北湖へ。


Dsc02195


Dsc02206


Dsc02216


Dsc02204


見ごろを少し過ぎてしまったが、それなりに綺麗でした。

鎌北湖まで来たからにはグリーンラインを抜けて行こうという事でグリーンラインへ上がる。


Dsc02233


ちょっと寒いが花もいろいろと咲いていて綺麗だった。。
私は花の名前とかは知らないのでなんて花が咲いているのかは、よくわからんけどねw


Dsc02238


天気のそこそこだけあって、グリーンラインは自転車、バイク、ハイカーが多い。

のんびり進んで刈場坂峠へ

良く見る自由人風のコーヒー屋のおっさんがギターを弾きながら「こんにちわ~」なんて言うから、ついついコーヒーを頼んでしまった。

Dsc02240

コーヒーは250円である。山の中の割には良心的である。
味はたぶんコンビニのコーヒーの方が遥かに美味いけどね(笑)

コーヒー屋のおっさんと15分ほど他愛のない話をして、途中から都幾川方面へ下る。


Dsc02247


Dsc02257

民家沿いはいろいろな花が咲いていて綺麗でした。

ちょうど昼時だったので、途中にある、以前から怪しさを醸し出しているコバヤシストアに寄り、248円のカツ丼を買う。


Dsc02262

安すぎだろwww

近くの明覚駅のベンチでカツ丼を食うが、きわめて普通でまぁまぁウマカッタ。

Dsc02267


Dsc02268

でも、地元に住んでいる方にチャレンジャーと言われた。
たぶん地元ではそういう店なんだと思う(謎)

明覚からは帰路につくが、その前にセローを買った店へ寄り道をして、オイルとオイルフィルターを交換してもらう。

Dsc02280

セローを買って5000km、3回目のオイル交換である。
ちなみに、オイルは、おまかせなのでどんなオイルを使っているのかは不明である。

帰宅後、朝付けたミニフィールドバッグを外して、これまた新たにゲットしたキャンピングシートバッグを付けてみる。(これは中古ですが)


Dsc02291


Dsc02293

同じタナックスなので取り付けベルトは共通でバッグだけ付け替えれば良いと思って買ったのだが、取り付けベルトが異なっていたので、ベルトを付け替える。ちょっとこれは想定外でした。

キャンピングシートバッグもキャンプツーリングでは定番製品なので、なかなかよくできている。

バッグという性質上、箱に比べれば雨には弱いが、それは仕方ない。

ただ、巨大がゆえにどうしてもバックを蹴ってしまい、乗り降りがしにくくなっちゃたけどね。

カブは箱の方が似合っているけど、セローの場合は見た目はこっちの方がツ―リングぽくて良いね。
このバッグとサイドバッグでかなり積めるようになりました。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2016年4月13日 (水)

秩父札所10番~19番(後編)

さて、秩父神社から、また町中を突き進み、しばらく行くとまたのどかな道となる。

Dsc02010_2


Dsc02011_2

そして16番に西光寺へ到着する。
手前の幼稚園の桜が綺麗でした。

Dsc02012


Dsc02016


Dsc02018

Dsc02020


Dsc02021


ところで、ここで車で回っている家族連れがいた。
確か他の寺でもみかけた家族連れだ。

Dsc02027


四国では結構こういう家族連れを見たが、秩父では初めてである。
中学生くらの今風の娘さんや高校生くらいの息子さんもしっかりとお経を上げている。

また、このお寺には四国88か所の回廊がある。
そこにある88体の仏様にも1つ1つ拝んでおりました。

私はと言うとざっと眺めただけでした。


Dsc02033


そんなシーンを見て、私は正直、信心深くないし、この34箇所巡りも運動不足解消でやっているんで、ちょっと申し訳ない気持ちになりました。

そんな思いを持ちながら、次の17番定林寺へ向かう。

Dsc02038


Dsc02039


途中、解る人には解るこんな物をぶら下げている店がありました。

Dsc02041

自販機もこんなんw

Dsc02044


店の名前は「超平和バスターズ」
なんの店かはわかりませんでしたw


さきほど、真剣に回っている人に申し訳ないと言いつつ、ある意味17番の定林寺は、邪念に満ちた今回のメインイベントである。

なぜかと言いますと、以前も書いた、あの日見た花のナンチャラカンチャラというアニメでも良く出てきたお寺なのです。

まだ見た事のない方はこちらで全部見れますよん。

閑話休題

16番の西光寺を出て田舎道を進み、住宅の脇を通るような細い道を歩き17番定林寺に到着する。


Dsc02059


Dsc02060


Dsc02046

Dsc02061

思ったよりもこじんまりとしたお寺である。
寺の周辺では子供が遊んでおり、なんか良い雰囲気。

Dsc02058

こういう小さなな寺や神社で子供の頃、確かに遊んだなぁ~と思った。


ここでお目当ての物を買う為に納経所に行く。
これまたKさんの情報である。


納経所の坊さんに「め、め、めんまの絵馬く…ください」と頼む。

Dsc02053

ふと下を見るとこんな物が!

Dsc02052

ええ、買いましたよ私。
もう恥ずかしさも吹っ飛びましたわ。

しかし、どうすんだよコレw

さて、このお寺。
確かにアニメに出ていた寺である。


Dsc02057


Dsc02048


Dsc02049


Dsc02051

なんとなくこんな場所に見覚えがある。

しかし、絵馬がこんなんでいいんだろうか???

Dsc02054


Dsc02055


Dsc02056

最初は、他には歩きの方が一人いただけですが、続々とレンタル自転車に乗ったアニオタの方々が来て騒々しくなって来たので、猫に見送られて退散する。
しかし、なんでアニオタって雰囲気ですぐ解るんだろうかw

Dsc02064

定林寺から少し進むと通り慣れた299号にでて少し進んだ所で右斜めに入る。

秩父鉄道ののどかな踏切を渡り、18番神門寺へ向かう。

Dsc02071


Dsc02075


Dsc02076

Dsc02077


Dsc02081

神門寺からまた踏切を渡り19番の龍石寺へ向かう。
途中の自販機でコーラを買ったら吹き出しやがって手がベトベトになる(笑)


Dsc02083


Dsc02090

Dsc02092_2


Dsc02093_2


Dsc02098


相変わらず田舎道を進み、19番の龍石寺へ。


Dsc02104


Dsc02101


さて、時間はまだ13時過ぎ。

まだまだ行動は可能ですが、20番以降は荒川を渡り公共の交通機関から離れていく。

そして回りにくい21番、22番、23番がある。

熟考の末、そんなに急ぐものでもないので、次回始めやすいように今日は20番まで行っておくことにする。


Dsc02108


歩行者用の秩父橋は初めて来た。


Dsc02112


Dsc02116

河原を見下ろすと子供が遊んでいる。


Dsc02117


Dsc02120

なんか昔を思い出す光景でのどかである。

橋を渡ると国道をくぐる階段があるので、階段を降りる。

Dsc02130


Dsc02133

改めて橋を見るとなかなか立派な橋である。

国道をくぐり反対側へ出て20番へは、山道へ入るはずなんだけど、なんと道は崩落で通れないらしい。
その代わり国道を歩いていく事になるんだけど、なんか今日は交通量の激しい国道を歩く気にならなくて萎えたので、ここでやめる事にする。


Dsc02140


Dsc02137


そうと決まったら秩父橋を渡って戻り、本日のもう1つの目的でもあった小林精肉店へ向かう。

以前から気になっていたけど、なかなか寄れなかった店である。


Dsc02067


Dsc02065


Dsc02068


Dsc02069

張り紙だらけの店へ入るとオバチャンが元気よく何にしますか?と聞く。

何にしますかと言われてもショーケースも張り紙だらけで何があるのかよく解らんよ。


Dsc02066

仕方ないので、オススメを聞くといくつか言われたが、それでもよく解らんので、「今、言ったやつを2本づつ」とお願いする。
ちなみに中を覗くと、こういう店はガスコンロが多いけど、ちゃんと炭火で焼いていました。

ちなみに帰宅後に確認したら、もも肉、ネギ間、ぼんじり、豚かしら、豚レバーが各2本の合計10本入っておりました。

もも肉はボリュームがあったし、ぼんじりもジューシーで美味かった。
ここも秩父へ来た時のお土産候補の店に決定だな。

Dsc02152


Dsc02154


Dsc02156


小林精肉店から秩父鉄道の大野原駅へ向かう。

Dsc02158


Dsc02159


Dsc02161


Dsc02165


ちょうど20分後に列車は来るようだ。

秩父鉄道なんてガラガラかと思ったら結構人が乗っている。

Dsc02172

ハイカー、長瀞の花見客で混雑する列車で寄居駅へ

寄居から東武東上線に乗り換えとなるが、路線検索で出た結果の1本前の列車に乗れたので最寄駅に着いたのは16時ちょい過ぎでした。

帰宅後は、風呂に入り小林精肉店の焼き鳥をつまみにビールを飲んで至福の時を過ごしました。

今日も良く歩きました。

さて、次回は大野原駅スタートで20番から開始です。
しかし、先にも書いたようにコース取りが難しい。
また、今週末、来週末は予定があり、またGWまで芝桜で秩父は1年で一番混む時期である。

でも、せっかく脚が歩き慣れてきたし、どうせ電車だから混雑覚悟でGW中に続きをやるかな。

歩数:31995歩
距離:18.23km
登った階数:29階

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


2016年4月11日 (月)

秩父札所10番~19番(前編)

最近、写真を撮りながら歩くのが何よりも楽しくて仕方ない私。
先週末も懲りずに秩父札所巡りに行ってきました。

最寄り駅に向かう途中の公園はピンクの絨毯が敷かれておりました。

Dsc01819

散った桜も綺麗で良いね!

朝6時過ぎの電車に乗り、西武秩父線の横瀬駅に8時過ぎに到着しました。

今回は秩父市内のお寺になるので、お寺との距離もそんなに離れてはいないので楽勝かと思われます。

前回最後の9番の明智寺へ向かい、ここから今日のスタートです。
天気も良くて絶好の徒歩日和。

Dsc01824


Dsc01826


明智寺からいったん299号線に出て少し進み10番の大慈寺へ向かう古道へ入る。

Dsc01830


Dsc01829

秩父は少し大きな道から離れると、すぐにのどかな田舎道になる。


Dsc01832


Dsc01836


Dsc01841

用水路沿いをしばらく進み県道に出ると10番の大慈寺へ到着です。

Dsc01843


Dsc01846


Dsc01848

ここも何かのアニメの聖地のようだ。
つーか秩父って多くね??


Dsc01850


Dsc01852

Dsc01855


大慈寺から11番の常楽寺に向かう道は県道でも行けますが、それだとつまらないので、地図に出ている尾根沿いの道を行く事にする。
尾根に上がる道が解り難かったので、近くで掃除をしてたオバチャンに聞く。
廃屋っぽい脇の山道へ入るが、木々が鬱蒼として蜘蛛の巣が凄い。

Dsc01858


Dsc01861


Dsc01863


Dsc01865


Dsc01866


蜘蛛の巣まみれになって、やっと尾根に上がる。
尾根沿いの道へ出れば視界も開けて気持ち良い道になる。

Dsc01877


Dsc01878


Dsc01880


Dsc01883


右手に秩父市内、左前方に武甲山を眺めながらテクテクと進む。
いやぁ~こういいう道はほんと楽しい。
Dsc01884


Dsc01886


Dsc01890


しばらく進むと神社に出て、神社の参道の山道を下ると11番の常楽寺です。

Dsc01904


Dsc01906


Dsc01908

ここで、さきほど10番の大慈寺でお経をあげたいたおっさんがいた。この方は車かな?

さて常楽寺から次の12番の野坂寺に向かいましょう。

再度一瞬229号線に出て町中の細い道に入るが、地元民の抜け道のようで意外と車の往来が激しい。
でも、しばらく進むとまた静かな道になる。

Dsc01910


Dsc01912


途中になかなか良さげな珈琲屋があったりした。
いつか来てみたいものだ。


Dsc01914


Dsc01920

そして12番の野坂寺へ到着する。

Dsc01925


Dsc01927


Dsc01929


Dsc01931


Dsc01933


桜がとても綺麗でした。


Dsc01939


Dsc01951


本堂の脇にお茶のセットが置いてあったので、頂いてみたら暖かくて甘いお茶でした。麦茶に砂糖を入れた感じかな?


Dsc01942


Dsc01947


Dsc01949

しばし、休憩をして13番の慈眼寺へ向かう。
140号線を渡り西武と秩父鉄道の踏切を渡る。


Dsc01959

踏切の手前のワンコに挨拶。

Dsc01957


ここで、Kさんから頂いた情報で、ある物を頂く為に道を逸れて西武秩父駅へ向かう。
駅の横にある観光案内所に入ると目的の物はあるにはあったが、なんと職員に声をかけて出してもらう仕組みになっているらしい。

しかも、職員に方は若いねーちゃん。
こりゃ、かなりハードル高けぇよw

他の客がいない事を確認して声をかける。

「す…すいません。め、め…めんまのおねがいさがしマップ、く…下さい」

これ50歳のおっさんが言う言葉じゃないよw
まさに修行でした。

ま、窓口のねーちゃんは、慣れたものですぐに出してくれましたが(笑)

20160409_105059


めんまのおねがいさがしは、また折を見てやってみよう。
何はともあれ無事ゲットできたので、13番の慈眼寺へ向かう。

町中を歩いてすぐに慈眼寺へ到着するが、物凄い人!

Dsc01960


Dsc01963


何事かと思ったら併設している幼稚園の入園式のようでした。
あまりに騒々しいのですぐに出発する。

次の14番今宮坊に向かう道の近くに御花畑駅がある。御花畑駅と言えば「花ゆう」の立ち食い蕎麦を食わねばなるまい。


Dsc01968


Dsc01966


この、花ゆう。以前はなぜか天ぷら蕎麦とかけ蕎麦の値段が同じでしたが、今回は天ぷら蕎麦が400円と高くなっておりました。

ま、今までの値段がサービスであって、普通はこうだよね。


Dsc01964

チェーン店の天ぷらと違って揚げたての玉ねぎ主体の天ぷらは大きくてサクサクして相変わらず美味い。

一緒に売っている、おにぎりや味噌ポテトにも惹かれたが、夏に向けてダイエット中で炭水化物は極力取らないようにしているので我慢する。

腹も満たされ商店街にいたワンコの写真を撮って先へ進む。


Dsc01972


Dsc01973


地図を見ると解るのですが、13番、14番、15番、16番は微妙な位置にあります。
コースに拘らなければ13番の次は15番に行ったほうが効率は良いかもしれません。

今回は初めてなので地図通りに進む。

古い町並みを眺めながら進み、14番の今宮坊に到着。

Dsc01977


Dsc01978


Dsc01981


Dsc01983

今宮坊から15番の少林寺までは、方向的にはまた戻るような感じになる。
細い軒先の道から右折して少林寺へ向かう。


Dsc01985


Dsc01987

秩父線の踏切を渡るとすぐに少林寺はありました。


Dsc01989


Dsc01991


Dsc01996


Dsc01998

ここにもあの甘いお茶がありました。

Dsc01993


Dsc01995

少林寺からまた秩父線を渡って少し戻り秩父神社へ

秩父神社の前にはこんなんがありました(笑)

Dsc02006


Dsc02004


Dsc02007


Dsc02008


また長くなったので、続きは次回!

Dsc02009


しかし、一回でまとめられんなぁ~

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2016年4月 8日 (金)

久々にセローを引っ張り出したのだ

Dsc01700

最近は寒いので遠出はサンバー、近場のお買い物がカブ。
そして遊びは徒歩がメインで全くセローに乗っておりませんでした。

そんな訳でセローの走行距離も思ったように伸びず5000kmです。
前回の給油はなんと11月(笑)

ゴールデンウイークはセローかカブでツーリングに行きたいし、あまりに乗っていなと
カブと逆な操作方法を忘れそうなので、久々にレンタルコンテナから引っ張り出しました。

長期熟成でバッテリーが上がっているかと思いましたが、なんとセル一発始動!
バッテリーも電圧計を見る限り元気そうです。

さっそく走り始める。
ギアは身体が覚えていて特に問題ないど、ウインカーを出す時に右手が動く(笑)

しかし、久々に乗ったセローは軽快で楽しい。
ヒラヒラと走れる。

天気があまり芳しくないので、近所をウロウロして近場の川で花見。

Dsc01709

Dsc01713


Dsc01729


Dsc01731

菜の花と桜が綺麗でした。

Dsc01752


Dsc01739


Dsc01767

やっぱセローは楽しいね!
ゴールデンウイークのツーリングはやっぱりセローで行こうと思う。

Dsc01792


とりあえず何時オイルを交換をしたのか覚えていないので、オイル交換はしないといかんね。

しかし、これでまたサンバーの出番が減るんだろうな。
乗り物が多すぎて乗り切れないな(笑)

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2016年4月 6日 (水)

東秩父~秩父札所9番(午後の部)

さて、満腹ではないけどそこそこ腹も満たされたので出発する事にする。

ここからは、西武秩父線の横瀬駅方面へ向かうような感じになり、山道はない。
寺と寺もそんなに離れていない。

3番の常泉寺の休憩所の脇から巡礼古道があるので、そこからスタートする。

Dsc01254

Dsc01258_2


途中に潰れた温泉旅館があり、その脇の橋を渡りテクテク進む。


Dsc01262


Dsc01266


途中、渋い日産クルーがありました。


Dsc01260


更に進むと、3番で見かけたオバチャンが颯爽と抜いて行った。


Dsc01268

どうやら自転車で札所を廻っているようだ。

更に田舎道を進む。


Dsc01270


Dsc01272

そして、4番の金昌寺に到着する。


Dsc01277


Dsc01279


Dsc01283


Dsc01285


ちょうど自転車のオバチャンもいて「歩くの早いですね~」と言われてちょっと照れる。
このおばちゃんとは、これ以降抜きつ抜かれつのデッドヒートを繰り広げるのであったw

さて、4番の金昌寺であるが、ここは石像の数が凄い。
どれも古くてとても雰囲気がある。

Dsc01286


Dsc01288


Dsc01290


Dsc01294


Dsc01296


Dsc01300


Dsc01302


Dsc01306


Dsc01305


Dsc01309


Dsc01312


Dsc01316


Dsc01320

石像マニアではないけど、なかなか感動的でありました。

寺を一回りして、納経所で納経帳を記入しているおばちゃんを横目に次へ向けてスタートする。

ここからは普通の田舎道を進む。


Dsc01328


Dsc01330


Dsc01332


Dsc01334

あまり変化がないと言えば変化はない。
15分ほど歩いて、5番の語歌堂に到着。

Dsc01338


Dsc01341

あまり寺という雰囲気ではない、ちなみにここの納経所は近くの長興寺らしい。

オバチャンが納経所に向かうのを横目に次へ向かう事にする。
本来の巡礼古道は、普通の町中の道のようですが、ここは地図に出ているオススメの
裏道を歩く事にする。


Dsc01344


テクテク歩いていると、またオバチャンに抜かれた。

Dsc01346


しかし、オバチャンは自転車に乗ってるとは言え、歩くのに毛が生えた程度のスピード
である。

しばらく進むとバイクで良く通る丸山林道へ入り、寺坂の棚田の横の道へ入る。


Dsc01350


Dsc01352


Dsc01348


Dsc01354


Dsc01358


まさか、ここに徒歩で来る事があるとは思わなかったよ(笑)
我ながら酔狂だと思ったw

看板に横瀬町と出てくる。

Dsc01360


5番の後は6番なのですが、地図によると先に7番を回るコースになっていたので
7番の法長寺を目指す。

7番の法長寺の前の商店でジュースを買って一息ついて、寺に向かう。
結構、この時点でボロボロである。

Dsc01367


Dsc01369


Dsc01372_2


Dsc01375


Dsc01377

寺内にはいるとライバルのおばちゃんもいた。

7番の法長寺を出て6番のト雲寺へ向かう。

Dsc01388


Dsc01390


Dsc01394


こじんまりとしたお寺である。


Dsc01397


Dsc01399


Dsc01401


Dsc01403


Dsc01405


Dsc01407

ここでも、またおばちゃんが(笑)
おばちゃんも先に7番を回ったのね。

7番を出て8番の西善寺を目指す。
おばちゃんはアップダウンの道に苦戦しているようである。

Dsc01414


Dsc01417


Dsc01421

Dsc01437

299号線をくぐり西武秩父線の線路をくぐる。そして西善寺へ到着。
晴れていれば武甲山が間近の場所ですが、今日はあいにくの曇りで雲を被っていました。

Dsc01425


Dsc01427


Dsc01428


Dsc01430


Dsc01432


このお寺では本堂内で慌ただしくお葬式の準備をしていました。
さて、今日の目標である9番の明智寺まであと少しである。

8番の西善寺を出て畑道を少し歩き、整備秩父線の脇の大きな道路へ出る。
このあたりは三菱マテリアルの工場で、ダンプの往来が激しい。

Dsc01440


Dsc01443


Dsc01445


Dsc01448


歩道もないので、道路の隅を歩く。

ダンプの出入り口を過ぎれば車の往来もなく、再度、西武秩父線をくぐって横瀬の町中
へ入る。

町中へ入り少し進むと9番の明智寺に到着する。


Dsc01451


Dsc01455


Dsc01457

ほどなくしておばちゃんも到着(笑)
心の中で、「おばちゃんのおかげで頑張れたぜ」とテレパシーを送る。
そして、おばちゃんはレンタル自転車に跨って颯爽と次へ向かった。

まだ15時前ですが、もう脚が棒状態なので今日は予定どおりここまでにする。
15分ほど歩き横瀬駅へ

Dsc01459


Dsc01461


Dsc01463


20分後にちょうど飯能行きが来たので乗り込む。


Dsc01465


途中から山登りの人が結構乗ってきて、私のいたボックスには山ガールというには
ちょっと無理がある3人が座ってきた。

「今回は想定タイムより早かったね~」
「富士山がどうのこうの」「どこぞの山のコースは良かった」まど話が途切れない。
しかし、ほんと女性はよく喋るなぁ~と思い聞いておりました(笑)

東飯能から25分待ちで川越行きの八高線に乗り無事帰宅しました。

しかし、今回もキツかった。
でも、だいぶ歩き慣れたようで、筋肉痛にもならなくなってきたのは嬉しいのだ!

歩数:43309歩
距離:25.38m
登った階数:98階

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2016年4月 4日 (月)

東秩父~秩父札所9番(午前の部)

秩父巡礼古道を歩くに当たって、RさんやTさんが参考にしていたこのページを見ていたら、秩父巡礼古道のスタートはなんと東秩父かららしい。

先週はいつもお誘いして頂いているTさんが用事があるとの事なので、せっかく歩き慣れてきて、ここで中断するのももったいないので、今回は1人でこの東秩父から出発してみることにする。
しかし、東秩父村から秩父へ歩いて抜けるなんてとんでもないコースだ。

土曜日は少し早く起きて、最寄駅を6時に出発して東武東上線の小川町駅に7時前に到着。

Dsc01064


7時8分のバスに乗り、スタート地点の落合を目指す。

Dsc01065

20分くらいバスに揺られて落合に到着。


Dsc01067

本当はもっと先の橋場まではバスを走っているが、ここがスタートなので仕方ない。


Dsc01068

写真を撮りながらのんびり進む。やはり徒歩でないと気が付かない光景がいろいろとあって楽しい。


Dsc01071


Dsc01072


Dsc01073


Dsc01074


落合からテクテク歩いて粥仁田峠への分岐点である橋場へ

Dsc01075


Dsc01076

ここから上り坂となる。

途中、右側に山道へ入る道がある。このまま舗装路を進んでも粥仁田峠には行けるが、この山道
が正式なルートです。

しかし、初っ端からこれはキツイ。

Dsc01077


Dsc01078


Dsc01079


Dsc01081


Dsc01082


登山道を進み、ちょっと開けた所を通過してしばらく行くと先ほどの舗装路に合流する。
舗装路を少し進むと左へ逸れる山道がある。
こちらが正しいルートなので、また山道を歩く。

Dsc01085


Dsc01087


Dsc01088


Dsc01090


Dsc01091


Dsc01092


鶯の鳴き声やキツツキが木をつつく音を聞きながらヒイコラ言いながら進む。
既に汗だくである。

再度、舗装路に合流して少し進むと粥仁田峠である。

Dsc01093


Dsc01103


Dsc01102


Dsc01101


ここは大霧山へのハイキングで何度か来た事がある。
東屋で少し休憩して秩父側へ下る。

Dsc01105


Dsc01106


Dsc01108


Dsc01109


下りは秩父高原牧場の中の道を進む。
相変わらず鳥の鳴き声と風の音しか聞こえない。歩いている人はもちろん車やバイクも通らない。


Dsc01112


Dsc01111


ひたすら舗装路とダート道をテクテク歩き右手に榛名神社が見えてやっと人の気配を感じる。
榛名神社の先から、再び山道へ入る。

Dsc01118


Dsc01117

ここらで見慣れた道案内も出てきた。

Dsc01120


Dsc01122


Dsc01123


Dsc01124


この山道を過ぎるとやっと街中へ出る。


Dsc01125


ここから一番までは大きな道と脇道を歩く。

Dsc01128


Dsc01129


Dsc01130

途中で爺様が観音堂に座って一服しとった。

Dsc01131


Dsc01133

小さな峠を越え、やっと秩父市へ入る。


Dsc01135


Dsc01138


Dsc01140

そしてしばらく進み、札所一番の四萬寺へ到着。
ここまで約10km、結構疲れました。

Dsc01141


Dsc01142


Dsc01143

私は26番~32番まで既に歩いていたので良かったけど、いきなりこのコースに行っていたら
この時点でバスに乗って帰宅していただろうし、秩父札所巡りも挫折していたと思う。

やはり最初は1番までバスで来て、ここからスタートする事をお勧めします。

さて、一番では巡礼用品が四国ほどではないけど販売されています。


Dsc01151


納経帳もあり、少し悩みましたが、既に回った所では納経帳に記載していないので今回はパスする
事にしました。


Dsc01146


Dsc01149

少々休憩して2番の真福寺へ向かいます。

Dsc01152


Dsc01155


Dsc01157


Dsc01159


Dsc01161


Dsc01164


Dsc01165


Dsc01167


Dsc01173


Dsc01174

のどかな田舎道を進み、しばらく行くとだんだん登りになってきます。
そして、結構な激坂。

Dsc01175


もうヘロヘロである。
クタクタになりながらやっと2番の真福寺に到着しました。
もう汗でビチャビチャです。


Dsc01179


Dsc01180


Dsc01184


Dsc01186


Dsc01188


Dsc01190


Dsc01194


Dsc01196


このお寺は人がおらず、納経帳は下山した麓にある光明寺でもらうらしい。
車で回っている老夫婦としばしお話しをして、下山する事にする。

途中に民家があり婆様が畑仕事をしていた。こんな山によく住んでいるなぁ~と思った。

Dsc01198


Dsc01202


Dsc01204


下山コースも結構激坂で、この坂は以前ランドナーという自転車で来た時にほとんど押した道である。
激坂区間を過ぎると沢沿いとなる。

Dsc01206


Dsc01208

水が綺麗なので、ここで汗だくになり脂ぎった顔を洗ってサッパリする。

途中に綺麗なトイレがあったので、朝のお勤めの続きをし、しばらくすると集落に出る。

Dsc01212


Dsc01218


Dsc01220


Dsc01226


巡礼道を辿り、3番の常泉寺へ到着する。


Dsc01230


Dsc01236


Dsc01238


Dsc01240


Dsc01248


Dsc01250


Dsc01232


時間もちょうど昼前だったので、お寺のベンチで昼飯にする。
昼飯はハイキングのお供、おにぎりである。

20160402_115445

運動の後のおにぎりは、美味い!美味すぎる!

しかし、私は1人で旅行に行ったり、こういう事をすると土地の名物らしき物は食わず。
こんな物ばかりである。
こういうのは少し今後変えないとイカンなw

そんな訳で午後の部は次回へ続きます。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2016年4月 1日 (金)

カブプロの近況でござる

20160321_161548


ここの所、車いじりや徒歩での秩父札所ばかりで徒歩ブログになっておりましたが、カブもちょこちょこ乗っておりました。

20160321_161521


とは言ってもツーリングとかではなく買い物や近所の用事用でしたが(笑


20160321_161610


カブについては個人的にはちょいと気になるスタンド以外は、ほぼ完成形なので特にいじる事もなく、最近やった事と言えば、汎用の160mmのライトから純正のライトに戻したくらい。
あと、1000kmごとのオイル交換。

使用したオイルはお気に入りのAZの4リットル1980円のオイルです。
今回は10W-30。

Azoil_eg034

オイルは各人いろいろな考えがあると思いますが、私は高級なオイルで3000km走ってから交換よりも、安いオイルを1000kmごともしくは、高負荷後に交換の方がなんとなく気分的には良いと思っています。
このオイルなら1回当たり400円弱ですしね。


さて、暖かくなりこれからキャンプや林道シーズン。
冬場はまったく乗らなかったセローと併せてこれから両車に頑張ってもらいたいと思って
います。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« 2016年3月 | トップページ | 2016年5月 »