2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« 秩父札所10番~19番(後編) | トップページ | 春の奥会津の旅 1日目 »

2016年4月15日 (金)

春のグリーンラインとツーリング準備

土曜日は秩父を歩いたので、日曜日はセローで軽く近場を走ってみる事にしました。

Dsc02231_2

セローには、今までSHAD製の40リットルのトップボックスやホームセンターの箱を付けておりましたが、
SHADの箱はダートだと吹っ飛んで落としてしまいそうだし、常にダートではガタガタうるさい。。
ホームセンター箱はラチェットロープとゴムひもで固定しておりましたが、やはりなんかセローに似合わない。

そんな訳で日帰りツーリング用に定番のタナックスのミニフィールドバッグを購入してみました。

20160410_085452


20160410_085520


20160410_085531

思ったより小さいが、評判が良いだけあってよくできている。
バックル紐4本で固定してさっそく軽く走りに行ってみる。

特にあてもないけど、鎌北湖の桜が綺麗との話なので、まずは鎌北湖へ。


Dsc02195


Dsc02206


Dsc02216


Dsc02204


見ごろを少し過ぎてしまったが、それなりに綺麗でした。

鎌北湖まで来たからにはグリーンラインを抜けて行こうという事でグリーンラインへ上がる。


Dsc02233


ちょっと寒いが花もいろいろと咲いていて綺麗だった。。
私は花の名前とかは知らないのでなんて花が咲いているのかは、よくわからんけどねw


Dsc02238


天気のそこそこだけあって、グリーンラインは自転車、バイク、ハイカーが多い。

のんびり進んで刈場坂峠へ

良く見る自由人風のコーヒー屋のおっさんがギターを弾きながら「こんにちわ~」なんて言うから、ついついコーヒーを頼んでしまった。

Dsc02240

コーヒーは250円である。山の中の割には良心的である。
味はたぶんコンビニのコーヒーの方が遥かに美味いけどね(笑)

コーヒー屋のおっさんと15分ほど他愛のない話をして、途中から都幾川方面へ下る。


Dsc02247


Dsc02257

民家沿いはいろいろな花が咲いていて綺麗でした。

ちょうど昼時だったので、途中にある、以前から怪しさを醸し出しているコバヤシストアに寄り、248円のカツ丼を買う。


Dsc02262

安すぎだろwww

近くの明覚駅のベンチでカツ丼を食うが、きわめて普通でまぁまぁウマカッタ。

Dsc02267


Dsc02268

でも、地元に住んでいる方にチャレンジャーと言われた。
たぶん地元ではそういう店なんだと思う(謎)

明覚からは帰路につくが、その前にセローを買った店へ寄り道をして、オイルとオイルフィルターを交換してもらう。

Dsc02280

セローを買って5000km、3回目のオイル交換である。
ちなみに、オイルは、おまかせなのでどんなオイルを使っているのかは不明である。

帰宅後、朝付けたミニフィールドバッグを外して、これまた新たにゲットしたキャンピングシートバッグを付けてみる。(これは中古ですが)


Dsc02291


Dsc02293

同じタナックスなので取り付けベルトは共通でバッグだけ付け替えれば良いと思って買ったのだが、取り付けベルトが異なっていたので、ベルトを付け替える。ちょっとこれは想定外でした。

キャンピングシートバッグもキャンプツーリングでは定番製品なので、なかなかよくできている。

バッグという性質上、箱に比べれば雨には弱いが、それは仕方ない。

ただ、巨大がゆえにどうしてもバックを蹴ってしまい、乗り降りがしにくくなっちゃたけどね。

カブは箱の方が似合っているけど、セローの場合は見た目はこっちの方がツ―リングぽくて良いね。
このバッグとサイドバッグでかなり積めるようになりました。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« 秩父札所10番~19番(後編) | トップページ | 春の奥会津の旅 1日目 »

セロー」カテゴリの記事

コメント

ROYGさんおひさしぶりです
白カブです(^_^)v
私のセローは、カブからの進化版ポク
リアにはしっかり箱を付けて林道を走っています(笑)
やめられないんですよね(笑)

白カブさん
なんだかんだ言って箱は便利なんですよね~
でも、なかなかセローに付けるのに納得できる箱が見つからなくてバッグにしてみました。
でも、結局箱に戻ったりしてw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秩父札所10番~19番(後編) | トップページ | 春の奥会津の旅 1日目 »