2017年9月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« カブのセンタースタンド交換と新しい箱 | トップページ | 秩父札所33番~34番(後編) »

2016年5月16日 (月)

秩父札所33番~34番(前編)

さて前回、懸念だった歯抜けになった部分を無理やり歩いて東秩父の落合~32番の先の松井田のバス停までが無事繋がりました。

そんな訳でいよいよ松井田のバス停から34番を歩けば結願となるので、さっそく土曜日に行ってきました。

今回のコースで鬼門になるのは札立峠越えと34番の後にどうやって皆野駅に戻るかという部分です。
34番の近くのバス停から皆野駅へは皆野町営バスが午後は13:59と16:04の2本しかありません。
しかし、一番の難所と思われる札立峠があり時間を読むのが難しい。

そんな訳で可能な限り早めに出発することとして6時前に最寄駅を出発、7時過ぎに西武秩父駅に到着しました。
こんなに早く秩父に来たのは初めてかもしれない。

Img_8361

Img_8363

7時35分発の小鹿野方面行きのバスに乗る。
空いているかと思ったけど、高校生で結構いっぱい。秩父から小鹿野あたりの高校に通っているのであろうか?
そうであれば大変そうである。
8時頃に松井田のバス停に降りたち33番へ向かう事にする。

Dsc04814


Dsc04817

のどかな風景の中、33番の菊水寺を目指す。


Dsc04827


Dsc04830


Dsc04836


Dsc04845

三百かな?ってwww


Dsc04852


Dsc04856

秩父は昔は海で秩父湾なんてあったんだね~
知らなかったよ。


Dsc04862


Dsc04877


Dsc04880


Dsc04883

ポピーかな?
花も綺麗!

Dsc04889


Dsc04892


Dsc04898

巡礼宿の跡もありました。
こういう宿に泊まりたかったなぁ。

そして1時間弱で菊水寺に到着する。


Dsc04902


Dsc04905


Dsc04907


Dsc04910


Dsc04917


Dsc04922

さて、いよいよラストの34番水潜寺に向けて出発である。
ひたすら田舎道を景色を眺めたり写真を撮りながら歩く。


Dsc04932

こんなコスプレ衣装の展示が唐突に現れたりして飽きない。

Dsc04940


Dsc04953


Dsc04959


Dsc04968

今回の古道巡礼を始める前は、秩父を歩いてもつまらんだろ!と思っていたけど、こうやって初めてみると
写真を撮りながらテクテク歩くのはほんと楽しい。
なんかこれで終わってしまうのが寂しい気持ちになる。


しばらく歩いて道の駅龍勢会館に到着する。
あらかじめ昼飯は買っておいたけど、この先は補給する場所がないので寄っていく事にする。
食堂はまだ開いていなかったので、小さなおにぎりセットとボトルの惹かれて水を買うw

Img_8371

小さなおにぎりはいろいろな味が楽しめて良かったし、どれも美味しかった。
水はもったいなくて飲めなかった(笑)
これは、道中でどうしようもなくなった時の最後のおねがいにしておこう。

曇り予報であったが、晴れていて暑い。
そんな訳で誘惑に負ける。


Img_8372

先週も名糖のチョコモナカを食ったが、秩父は森永のチョコモナカよりも名糖のチョコモナカの方がメジャー
なのであろうか?


さて、補給も終わり先へ進もう。


道の駅を出発して、相変わらずのどかな田舎道を歩いていく。

Dsc04971


Dsc04973

しばらくすると脇道に入り渓流沿いの登り坂になる。

Dsc04979

Dsc04986

Dsc04989

歩いていると路肩でガサガサ音がする。
なんだ?と思って見ると狸かと思ったらアナグマ。
路肩の土を掘っていて、こちらに気が付かないのでカメラを起動したら、気が付いて「ブヒッ、ブヒッ!」
と鳴きながら山に消えていった。
しかし、SONYのRX100は写りは良いんだが起動が遅いのでこういう時は使えないな。

いったん山道へ入る


Dsc05001


Dsc05013


Dsc05028

Dsc05034


そしてしばらく進むと集落らしきものが現れる。
村人が3人、道路の草刈りをしていた。
挨拶をして進む。
こんな山奥にも住んでいる人がいるんだなぁ~と思った。
そう言えば、秩父巡礼をしていて思ったのが、町中はまだしもこういう田舎道ではみんな挨拶をしてくれる。
ちいさな子供から爺さん、婆さんまで挨拶してくれるのは、なんとなく嬉しいし気持ち良いね!

Dsc05040


Dsc05045


Dsc05050


そしていよいよ難関の札立峠へ入口へ。


Dsc05051


Dsc05058


Dsc05061

カウンターを一回押して。
最後の難関への札立峠へいざ行かん!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村


« カブのセンタースタンド交換と新しい箱 | トップページ | 秩父札所33番~34番(後編) »

秩父札所34箇所」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カブのセンタースタンド交換と新しい箱 | トップページ | 秩父札所33番~34番(後編) »