2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« カブプロのサスをクロスカブのサスに交換 | トップページ | 新しいデジカメを持って林道へ »

2016年6月13日 (月)

アプトの道を歩く (群馬県)

今回は群馬県にあるアプトの道を歩いてみました。
アプトとはかつて信越本線の碓氷峠(横川~軽井沢)の急こう配の為に作られた特殊な線路の事です。
碓氷峠の急こう配は、一般的な列車は力がなくて登る事ができません。
下りはブレーキが効かず下る事ができません。
その為、機関車に歯車のような物を付け、この歯車を特殊なレールに噛み合わせて、勾配を登り下りしました。
この方式をアプトと言うそうです。


以下の動画が非常に面白いです。

1~4までありますので、ぜひ見てみてください。

さて、今回の参加者は、いつものLさん、Nさん、Tさん、Hさん私の合計5人です。
6時に最寄駅を出て横川駅までは列車で向かいます。
9時前に横川駅に到着しました。


P6120004


P6120005


P6120007


横川駅から鉄道文化むらへ向かいます。
ここからトロッコ列車に乗って峠の湯まで向かうようです。

9時に鉄道文化むらが開園しましたが、トロッコ列車の出発時刻は9時50分なので、園内を散策します。


P6120025


P6120026


P6120027

今回の主役であるアプト式の機関車もあります。


P6120032


P6120035


P6120037


P6120029

園内の奥には懐かしい車両があります。


P6120044


P6120046


P6120051


P6120053


P6120055


P6120056


P6120057


P6120061


特に懐かしかったのは、中学生の頃に乗った鈍行夜行列車「山陰」で乗った車両と同じ3段式の寝台車でした。

P6120066


P6120070


P6120067


P6120069


P6120071


P6120073


P6120074


P6120076


今見ると幅50cm少しで3段ベットというのは凄く狭い。
でも、やっぱこの頃の車両って旅情があって良いですね。


しかし、以前来た時も思ったけど、保存状態があまり良くない。
日曜日でもお客さんはまばらで、なんとなくこの先厳しそうな施設である。
貴重そうな車両がいっぱいあるんだけどね。

さて、トロッコ列車の出発時刻となり20分ほどかけて峠の湯に到着しました。

P6120015


P6120080


P6120083


P6120089


P6120092


ここからは徒歩でアプトの道を辿ります。
廃線跡ではありますが、観光用に整備されており、綺麗な道となっておりますが、トンネルはほぼ現役
当時のままでなかなか雰囲気があります。

P6120095


P6120099


P6120107


P6120112


P6120121


P6120122

P6120130


P6120131


P6120133

P6120138


P6120144


P6120151


暑い日でしたが、トンネルの中に入るとひんやりとして、とても涼しくて気持ち良いです。
また、遊歩道の為、のんびり歩けます。
ただ、それなりに有名なようで、歩いている人も多いです。
多くの方は下ってきます。
おそらく上でバスから降りて、下でバスで回収されるんだと思う。
皆、写真を取りながら思い思いのペースで歩く。


そして有名なめがね橋に到着する。

P6120154


P6120159


P6120160


P6120173


P6120177


P6120182

P6120192

めがね橋の上に来たのは今回が初めてである。
めがね橋から、いくつかのトンネルを越えて、アプト道の終点である熊ノ平駅を目指します。


P6120200


P6120217


P6120231


P6120261


P6120299


そして熊ノ平駅に到着。


P6120272


P6120276


P6120277


P6120281


P6120288


P6120289


P6120291

ここはかつての信越線が上下すれ違いをした場所だそうです。
信越本線は新幹線開通に伴い横川~軽井沢は廃止となってしまいました。
既に線路などは撤去されているのかと思いましたが、線路も架線も残り、今でも列車が通過
しそうですが、レールは錆びて改めて廃線になった事を思い知ります。


しばし、熊ノ平駅で休憩をして、国道に出て戻る手もありますが、国道を歩いてもつまらないので
来た道を戻ります。


下りは楽なので速いペースで歩きます。
行きには結構人がいたのですが、帰りはほとんど人がいません。


P6120296


P6120297


P6120303

峠の湯近くまで戻り、行きに気になった「ソースかつ丼」の幟を出しているお店に入りました。
もうハラペコです。

P6120304


P6120310


注文したのは、もちろんソースかつ丼の大盛り。
老夫婦がやられているお店のようで、なかなか素朴な雰囲気です。
峠の力餅も作られているようです。
とりあえず、ビールを飲みますが、いやぁ~運動の後のビールは殺人的に美味い!
その後、待って待ちに待ったソースかつ丼きました。


P6120306


肉もやわらかくてソースもサッパリしていて美味い。
ペロリと食べてしまいました。
ついでに力餅もお土産に購入しました。

P6120377

家で食べましたが、これもおぎのやで作っている峠の力餅と違い手作りで美味しかったです。
満腹になった一行は、峠の湯から坂本宿を経由して横川駅に戻ります。


P6120317


P6120318


P6120319


P6120320


P6120322


P6120323


P6120326

坂本宿は普通ならそのまま通過してしまうような場所ですが、歩いてみると各家に屋号が付いている
のに気がつく。
昔は宿場町で賑わっていたのかもしれないけど、ほとんど人を見なかった。


P6120327


更にテクテク歩き横川駅へ戻る。小さな駅の周りになんか人が多い。
どうやらSLの運行日だったようです。

P6120329


P6120366

P6120336


P6120351


P6120362

P6120342


SLの前では高校生が太鼓を叩いておりました。


私らはSLに乗ることもなく、普通の列車で高崎へ向かう。


P6120371


この色の車両も最近あまり見なくなった。
横川駅からは、さすがに疲れたようでほとんど寝ておりました。
久々の寝る鉄w


高崎からは八高線に乗り換え帰宅しました。


今回はある意味観光遊歩道を歩きましたが、それはそれで面白かった。
トンネルも煉瓦作りでとても凝った作りでビックリしました。
雰囲気的に秋の紅葉シーズンはなかなか良さそうな場所です。
人は多そうですけどね。

さて次は何処を歩きましょうかね?


歩数:25354歩(家 to 家)
距離:18.84km(家 to 家)

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« カブプロのサスをクロスカブのサスに交換 | トップページ | 新しいデジカメを持って林道へ »

ぶらり散歩」カテゴリの記事

ぶらり旅」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カブプロのサスをクロスカブのサスに交換 | トップページ | 新しいデジカメを持って林道へ »