2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« 天界の里 奥集落(東京都) | トップページ | 越生七福神を歩く (埼玉県) »

2016年6月 1日 (水)

グンマーの山奥で久々の林道野営

ここ最近キャンプ場ばかりで楽をしていた面々。
このまま甘えている訳にはイカン!という事で原点に戻って久しぶりに林道野営に行ってきました。

日程は、多忙でストレスが溜まっているT氏の希望を優先して先週末にしましたが、なんと体調不良で
T氏はドタキャンw

また、山梨を予定しておりましたが、薪ひろいするからもう少し近くにしてくれというお願いがG氏
からあり群馬に変更。
しかし、G氏もドタキャンw

そんな訳で、今回の参加者はHさん、Lさん、Nさん、前日がお誕生日で久々のお泊りのMさん、珈琲職人
のT会長、積載王のSさん、私の7人となりました。

今回はカブで行くかセローで行くか直前まで悩みましたが、GW前に買ったキャンピングシートバッグ
を名前のごとくキャンプで使ってみたかったのでセローで行く事にしました。

そこで一番の問題はユニフレームに焚き火テーブルをどう積載するかです。
考えて末、キャリアにテーブルを固定して、その上にバッグを置く事にしました。

その他の物を積み込みますが、やはりキャンピングシートバッグでも容量が足りないので、サイドバッグも
追加し、なんとか積載完了!

Dsc05865


まるで日本一周でもするかのような積載になってしまったw

積載も終わり一路、グンマーを目指します。

いつものように小鹿野のスーパーでお買い物。
このスーパー、何気に肉類が充実しており、聞いた事ない部位の肉もあったりする。
今回はここで大好物の「かしら」を購入。
家から持ってきた肉もプラスして前回より多い600gの肉祭りですw

山を越えて群馬に入り、林道へ入る。

Dsc05869


Dsc05874


Dsc05880

途中、第2候補の場所に寄る。

Dsc05890


Dsc05896


Dsc05902


Dsc05905


Dsc05908

ここも結構お気に入りの場所です。

更に先へ進み今回の野営場所へ到着。


Dsc05913

既にMさんは到着しており、ほどなくしてT会長も到着。

さっそく寝床を設営。

Dsc05920


Dsc05930
>


前回は快適性重視で大きなピンクテントでしたが、今回は寝るだけなので小さなプロモンテの山用テント。
つーか、荷物が多すぎて一番小さなテントしか積めなかった。
今後はもう少しキャンプ用品を絞らないといかんな。


この野営地は鹿の餌場(便所)のようで、正露丸のような糞がそこらじゅうにある。
糞をなるべく避けてテントを設営する。


Dsc05947


Dsc05934

やっぱ小さい方がサクっと張れて、ものぐさな私にはこっちの方が向いている(笑)

途中で買い物をしたセブンイレブンのスピードくじで当たった赤いきつねを昼飯代わりに食い食い、
とりあえず一息つく。

キャンプグッズの工作王である、Mさんの新製品を頂いたり、MさんにDIYが超苦手なT会長がグッズ作成でいじめられる姿を微笑ましく眺めてマッタリ過ごす。

Dsc05937


Dsc05945


でも、きっとT会長にとっては思い入れと愛着のあるグッズになったのではなかろうかw

その後はみんなで薪集め。


Dsc05954


Dsc05958


Dsc05965


いっぱい集まりました!

そして、少し早いけど炭に火を熾し肉を焼いて食う。


Dsc05959


Dsc05961


自分の肉だけでも多いのに、Mさんから焼き鳥やチョリソーやこんにゃく玉が強制配給される。
翌日聞いた話では、一番年下のSさんはMさんにこんにゃく玉を13個も食わされたらしいwww

おかげでせっかく持参した餃子の満州が食えなかったそうだw

19時頃に飯も落ち着くが、気温も下がってきて寒い。
焚き火に火をつけ温まっていると急激に眠くなる。

Dsc05978


Dsc05984


そんな訳で中抜けしてテントへ。
2時間ほど寝て再度焚き火に合流。

空を見上げられば、昼間の曇り空の雲がなくなり満点の星空である。


Dsc05990


真っ暗な中、M氏作成のランタンポールにぶら下げられた小さなランタン達が明るい。

Dsc05993

また、山から謎の鳴き声が響く。

人が笛を吹いてるんじゃね?なんて話もありビビる。
後からLさんが調べたところトラツグミらしい。
別名はあの「鵺の鳴く夜は恐ろしい」で有名な鵺との事だ。

映画『悪霊島』


満腹になった面々はいつものように焚き火を囲んで他愛のない話をしてのんびり過ごす。


Dsc05994


Dsc05997

Dsc06023


ほんと焚き火を囲んでの談笑は楽しい!


Dsc06025


Dsc06039


そんなこんなであれだけあった薪もなくなり、12時過ぎに終了となり、みんな寝床に入る。
今度はウシガエルの合唱が野営地に響き渡る(笑)

翌朝

12時過ぎに寝たのに、5時頃から物音がしだす。老人たちの朝は相変わらず早い。
仕方ないので6時前にテントから出る。


Dsc06040


朝飯は最近マイブームの目玉焼きとパン。

Dsc06042


Tさんに美味しいコーヒーもご馳走になる。

しかし、今回の野営地は木陰がないので太陽が出ると暑い。

Dsc06048


Dsc06054


Dsc06055


Dsc06057


Dsc06060


Dsc06097


Dsc06075

暑い中、だらだら撤収、少しだけ付近で写真を撮る。

Dsc06105


Dsc06113


Dsc06117


Dsc06126


Dsc06149


Dsc06132


そして、ここで解散となりました。


解散後、今回は、Mさん、Hさん、Sさんと林道を埼玉側へ抜ける。

何年か前に来た時はほとんどダートでしたが、長らく通行止めになり、今はほとんど舗装路。

途中で支線の分岐があり入ってみる。
ダートで一部、ガレた場所もあったけど比較的走りやすいが、いかんせん荷物の量が多く結構怖い。

Dsc06152


Dsc06157


Dsc06159


Dsc06161

とりあえず崩落した終点まで行って引き返す。

Dsc06170


更に舗装路を進むと途中からダートに変わる。
この辺り独特の尖った岩のガレた道である。さっきの支線以上に走りにくい。


Dsc06173


なんとか、埼玉側の出口(入口)に到着し帰路につく事にする。

帰宅途中、B6君のグリルプレートが熱で曲がって収納しにくくなったので、WILD-1に寄ってB6君の
ステンレスメッシュプレートを買って帰宅しました。

Img_8564

さて、久しぶりの林道脇野営。
キャンプ場はもちろん楽だけどやっぱこういうキャンプも楽しいね!

これからは所謂キャンプシーズンでキャンプ場は混むし暑い。
なので、標高の高い林道脇でキャンプをする機会も増えそうだ。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

« 天界の里 奥集落(東京都) | トップページ | 越生七福神を歩く (埼玉県) »

キャンプ」カテゴリの記事

セロー」カテゴリの記事

林道野営」カテゴリの記事

コメント

初カキコです。よろしくお願いします。

キャンプいいですね!
群馬のどのあたりでしょうか?バイクで何処かて山へ入ってのキャンプは憧れつつまだ未達成なので見入ってしまいました。
緑に囲まれて最高ですね。そしてその中で食べる肉がさらに唆ってしまいましたw

KTRさん
はじめまして!こちらこそ宜しくお願いいます。

場所は上野村の山奥です。近くにはあの現場があるのでさすがに1人ではちょっと怖いですが…
でも、ほんと良い場所でお気に入りです。キャンプ場も確かにべんりですが、周りに知り合い以外まったく人がいないのは、林道野営の良いところです。
ぜひ、山奥でキャンプしてみてください!世界が変わりますよ~

セローでそのうちキャンプツーデビューしようかと思っているのですが、積載がかなり大変そうですね。
キャリアにGIVIのボックス付けて、テントとシェラフをくくりつけてなんて思ってますけど、意外と積むのが大変そうですね。

もう少しゆっくりツーリング出来る様にならないと、泊まりは出来ないけど(笑)

おざさん
私の場合、どうも余計な荷物がいつも多いようです。
荷物を絞ればボックスに小物を入れてあとは荷台に縛り付ける方法でも良いとおもいますよん

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 天界の里 奥集落(東京都) | トップページ | 越生七福神を歩く (埼玉県) »