2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« 山梨でソロキャンプ | トップページ | 初めての林道完ソロ野営 »

2017年9月25日 (月)

奥多摩で林道野営

以前から行ってみたかった奥多摩の林道で野営してきました。


なんとなく土曜日はテンションが上がらず、午前中はセロー弄りをして昼飯のサッポロ一番塩ラーメンをのんびり食っていたらT氏からメッセンジャーで連絡がありました。

何やら納得できない事があったようで、やりとりしているうちに憂さ晴らしに奥多摩で焚き火をすると言う事なので、便乗させて頂く事にしました。


15時半に奥多摩街道沿いのセブンイレブンで待ち合わせという事で速攻で荷物を積載してセローで向かう。
いつもは荷物が満載なんですが、なんか妙に今日は少ない。


Img_0830

一抹の不安を感じるも15時半はギリギリなので再確認せずに出発する。
順調に進み15時15分頃に集合場所に到着。


T氏の車も止まっており、ちょうど到着したとの事でした。
今回の飯は手抜きでセブンイレブンでおでん、ソーセージ、チーズ、冷凍焼き鳥などを購入する。(いつも手抜きだが)


ほどなくして林道へ向かう道は入るが、途中にあったトンネルは真っ暗だし、濡れてるし、道に変な溝があって危うくコケッチになるところでした。


途中からダートに入るが、雨のせいか結構水が流れている。
そして、川を渡って野営地へ到着。


3組ほど先客がいましたが、2組は見た感じデイっぽい。
つーか、よくこんな場所に来るなと思った(笑)
T氏オススメの一等地にいたジムニーに乗った若夫婦に泊まりか聞くと日帰りとの事なので、後で使わせておらえるようにお願いする。


ふと、急いで出発した関係でかみさんになんの連絡もしていなかった事を思い出す。
スマホを見ると、当然ながら圏外。
仕方ないので、再度電波が届く場所まで戻るが結局メールを送れたのはトンネルの先でした。


無事連絡を済まして野営地に戻る、川べりにテントを張ろうと思ったけど、雉打ちの痕跡を発見して別の場所に張ることにする。
カンベンしてくれ~

Dsc07238


Dsc07242

テントを張ってコットを用意して、シュラフを探すがない。
どうりで荷物が少なかった訳だ。
幸いダウンジャケットと薄手のジャンパーがあるので何とかなりそうだが、T氏の車の中にシュラフがあるという事なので有り難く借りる事にする。

Dsc07245

設営、寝床もできて川辺にテーブルとイスを出す。
本当は地ベタリアンキャンプをしようと思ったけど、川辺の石でケツが痛いし、腰も痛くなりそうなのでいつものスタイル。


Dsc07227


Dsc07228

人間、楽を覚えたらイカンねぇ


あとは、他愛ない話を飯を食い呑みながらする。
ちなみに先に来ていた3組は帰路について泊はワシらだけのようだ。
だらだら過ごしていると、大きなJEEPが一台来て野営の準備を始めている。
どうやらソロのようだ。


夜もそこそこ遅かったのによくあの狭い道をデカイ車で来るなぁと思った。


夜中、寝ていると山でガサガサ、バキバキと獣が歩く音が聞こえてちょっとビビるが熟睡。
翌朝、5時くらに車が来て目が覚める。
テントで二度寝して6時過ぎに外を見ると夜来たソロの人は既に撤収していた。

その後はいつものようにのんびり撤収。


Dsc07248


Dsc07254


テントのフライの内側がビチョビチョである。
もうそんな季節になったんだなぁ~と片付けながら思った初秋の林道野営でした。

Tさん、シュラフと謎の食い物をご馳走してくれてありががとうございました。

やっぱ林道野営は楽しいね!


おまけ、T氏作 「闇鍋」

Dsc07229

不味そうwww

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

« 山梨でソロキャンプ | トップページ | 初めての林道完ソロ野営 »

セロー」カテゴリの記事

林道野営」カテゴリの記事

コメント

乙でした。

鍋の写真、もう少しなんとかならんかったかW

いやぁ~、とんでもなく不味そうな写真だよね~www

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 山梨でソロキャンプ | トップページ | 初めての林道完ソロ野営 »