2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« 中華ウインドスクリーンスポイラー装着後の試走なのだ | トップページ | 年末鈍行列車の旅(新潟~山形) その1 »

2018年1月 6日 (土)

年末鈍行列車の旅(自宅~新潟)

2017年12月29日


数年前はよく年末に列車の旅をしておりましたが、最近は休みが短くて行っておりませんでした。
今年もそんなに休みの日は変わらないのですが、直前になんとなく楽天トラベルで宿を見ていたら。
直前なのか結構宿泊費が安くなっている。

これは、行かねばなるまい。

冬はやっぱ寒くて雪景色の所に行きたいという事で数年前にも行って印象深かった山形の山寺を再訪する事にしました。

この時期、新幹線などは帰省客で大変なので、急ぐ旅でも無し、優雅に鈍行列車で行く事にする。
つーか、単に貧乏で18きっぷを使うからである。

初日は4時に起床して一番列車で小川町(東武東上線)へ向かうが、なんと信号機故障で途中からノロノロ…
結局、6分乗り換えだった小川町での八高線に乗れなかった。

時刻表を見ると20分後に高崎行きがあるので、いったん改札を出て一服。


Img_2144

6時26分発の高崎行きに揺られて7時24分に高崎に到着。

Img_2131


Img_2136


Img_2152


次の水上行きは7時45分である。

Img_2155


Img_2167


ガラガラの列車に揺られて途中は爆睡。

ちなみに私はボックス席は狭いので、ロングシートの方が好きです。
最初は写真の半ボックス席を占領しましたが、窮屈で移動しましたw


沼田あたりから車窓に雪が見え始め、8時51分に水上に到着しました。
次の長岡行きは9時47分発なので、駅前を散歩する。

Pc290002


Pc290016


Pc290010


Pc290020


以前も思ったけど、水上温泉の廃れっぷりが凄い。

そして駅に戻り、既に止まっていた長岡行きの列車に入る。

Pc290005


Pc290024


Pc290028


Pc290029


Pc290042


そこへ、9時30分着の高崎からの列車が入ってくる。
凄いたくさんの人が降りて、長岡行きに突進してくるw
皆、スキーや大きな荷物を持っていたりガラガラ引きずっている。

実は高崎発7時45分発の水上行に乗れて水上に早く到着できたのは地味に大きかったのである。

車内は乗り換え客で超満員になった。

水上を出発して列車がトンネルを抜けると雪国へと変わった。


Img_2242


Img_2246


Img_2252


どうやら除雪車が前を走っていて、除雪の遅れで駅での停車が長くなる。
そんな訳で途中の越後湯沢でそこそこ長い停車。


Pc290043


Pc290045


Pc290047


11時48分に長岡に到着。次の新潟行きは12時40分で時間がある。
長岡駅にはなぜか只見線が止まっていた。

Pc290050


Pc290055


Pc290054


Pc290057


そう言えば、長岡まで来たけど車両が新しくなったんだねぇ、昔は上越線は湘南電車のお古だったのに。
利用者は良いけど、なんか山手線に乗ってるみたいで味気ないっす。

ここでいったん改札を出て腹が減ったので駅そばを食う。

Pc290061


後から気付いた鳥カツ蕎麦というのにしてみれば良かった…


Img_2337


Img_2339


その後、長岡駅で何する事もなく次の列車を待ち、乗り込む。

まだ時間があるのでどっかで途中下車しようかと思ったのですが、イマイチ惹かれる場所もなくそのまま進む。

そして13時56分に新潟へ到着した。
なんか鉄オタがいっぱいいると思ったたら、こんな派手な列車が来た。


Pc290085


なんだかんだ言って自宅から新潟まで9時間弱かかった。
新幹線なら1時間40分くらいで到着するのにwww

本日の宿はスーパーホテル新潟。なんと1泊朝飯付で税込3000円である。
少し駅から離れているけど激安。
チェックインは15時なのでビックカメラに行って時間を潰してホテルへ向かう。

Img_2342

ホテルの部屋は綺麗だし、入浴剤もくれた。
これからはスーパーホテルを贔屓にしようw

晩飯は以前良かった駅前の路地奥のカツ丼屋の「ヒロ」が再開発で跡形もなくなっていたので、ホテルからそこそこ近い「ぐりるかんだ」
にする。


Img_2635

Img_2636

Img_2637


Img_2642

雰囲気があると言うか、入るのに勇気のいる路地だったけど、こういう場所がなくなってしまうのは残念である。

「ぐりるかんだ」は17時開店なのでホテルでダラダラしてから向かう。

しか~し、ホテルへの行きがけに見た時は準備中だったのに、電気も消えてどうみても閉店している。
年末なので終わってしまったようだ。

とりあえずウロウロしてみたけど、ピンとくる店もなく仕方ないので「餃子の王将」でレバニラ炒めと天津
チャーハンで済ます。


Img_2376_4

Img_2360_2

Img_2372_2


不味くはないけど、新潟まで来て餃子の王将とは…

相変わらず1人旅だと飯は名物を食わない男である。

【今回使用したカメラ】

・オリンパスStylus1
・iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

« 中華ウインドスクリーンスポイラー装着後の試走なのだ | トップページ | 年末鈍行列車の旅(新潟~山形) その1 »

おやぢの遠足」カテゴリの記事

ぶらり散歩」カテゴリの記事

ぶらり旅」カテゴリの記事

写真」カテゴリの記事

コメント

いつも楽しい記事を有難うございます。
当方、後期高齢者の仲間入りをした、セローとカブプロに遊んでもらっている者で、静岡県西部のウナギと楽器とオートバイの街に住んでいます。

山寺遊行は面白いです!

ちなみに、帰りはどのルートで戻られたのでしょうか?

たるさん
コメントありがとうございます!閑散とした日記でコメント頂けると嬉しいです!
私、うなぎパイが大好物ですw
山寺は景色も良いし冬はスリルもあってほんと良い場所です。
機会がありましたら冬に是非行ってみてください。

帰りは奥羽本線、東北本線で素直に帰りました
さすがに12月31日に遅く帰宅という訳にはいかなかったものでw

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 中華ウインドスクリーンスポイラー装着後の試走なのだ | トップページ | 年末鈍行列車の旅(新潟~山形) その1 »