2018年1月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

« 2017年12月 | トップページ

2018年1月

2018年1月24日 (水)

川越散歩 ~弁天横丁~

前回は子供の頃の懐かしい屋上遊園地について書きましたが、今回は大人の話。

川越は週末になると結構観光客が集まります。
小江戸と称して古い町並み風の光景が人気のようです。
個人的には電線が無いのは良いけど、作られた古い町並みは好きではないです。


Dsc08434


Dsc08439


Dsc08443


Dsc08454

有名な「時の鐘」も「札幌時計台」には負けるけど、観光地ガッカリスポットだと個人的に思っております。

でも、そんな川越にも本当に古い町並みも残っています。

それは「弁天横丁」

札の辻の交差点の近くにあり、メインの通りは観光客で溢れていますが、弁天横丁は余程注意していないと気が付きません。

入口には飲み屋のアーケードらしきものがありますが、まったく華やかさはありません。
そもそも飲み屋もない。


Dsc08456


この弁天横丁は戦前からある花街らしかったようですが、現在は置屋もなければ当然ながら芸者もいません。

路地に入ると、想像以上の廃れっぷりに驚く。

それらしき面影のある建物はありますが、更地になってしまっている所も多い。

Dsc08458


Dsc08459


Dsc08461


Dsc08464


Dsc08465


Dsc08470


Dsc08472


Dsc08474


Dsc08480


Dsc08483


Dsc08488


Dsc08493


Dsc08497


Dsc08502


Dsc08504


Dsc08505


建物も人が住んでいるのかいないのか解りませんし、明らかに住んでいない建物は崩壊寸前です。

ちょいと大通りに出れば観光客だらけの通り、しかしここは別世界。
この差が凄い。

恐らく観光地に近いので、この辺りも再開発で消えてしまうと思う。
つーか、いままで残っていたのが不思議。

見どころらしき場所はありませんが、完全になくなる前に見れて良かったと思った。

今度は、別の場所に残る「赤線」跡に訪れてみよう。

【今回使用したカメラ】

・SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
・SONY E 10-18mm F4 OSS

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月22日 (月)

川越散歩 ~まるひろ百貨店~

私は川越の近くに住んでいますが、川越をじっくり訪れた事はない。
いちおう埼玉では観光地の様ですが近くだとなかなか行かないものである。
そんな川越を歩いてみた記録です。

デパートの屋上にある遊園地や大食堂に行くのが楽しみだった事は同年代であればきっとあったはず。

特にデパートの大食堂での旗が立っているお子様ランチ、そして売店でのアメリカンドッグやソフトクリームは、私の幼少時代はめったに食えないご馳走でした。
また、10円を入れると数分動く遊具なども楽しみでした。

もう何年もデパートの屋上なんて行った事なかったけど、埼玉ローカルの「まるひろ百貨店」川越店に懐かしい光景が残っていると聞いたので行ってみる事にしました。

デパートなんて久しぶりに入ったけど、結構お客さんがおりました。

とりあえずエスカレーターで屋上を目指す。

すると屋上にはペットショップがあった。
そういえばペットショップもよく屋上にあり、金魚や亀を親にねだった記憶が蘇る。

残念ながら大食堂や売店はなかったけど、屋外に出る。

Dsc08423


Dsc08426


また、デパートの屋上によくあった神社?と懐かしい遊具があった。

Dsc08401

なぜ神社(祠)があるんだろうか?


キャラクタは今風の物ではあるが、電動カートなどがある。

Dsc08399


Dsc08420


そして、なるひろ百貨店の目玉!

それは観覧車。


Dsc08406


Dsc08409


Dsc08414


Dsc08419


Dsc08418

Dsc08416

こんな観覧車がデパートの屋上で残っている事に驚愕。
もちろん動いており現役です。

そしてこれらの遊具を囲むようにモノレールがありました。

Dsc08424

Dsc08412

これは訪れた時に動いていませんでしたが、まだ現役なのかな?

そもそも最近は遊園地自体も少なくなり、ほとんどがテーマパークと言われるものばかりになってしまいました。

特にデパートの屋上にある遊園地は、ほぼ絶滅ではないだろうか。

今回は開店直後に行ったので、実際に乗ったりしてる子供の姿はみませんでしたが、併設しているゲームセンターはそこそこ親子がいました。

そんな光景を見て、今の子供は遊具よりもゲームなんだなぁ~と思った。

どの程度、利用されているのかわかりませんが、今後も残って欲しい光景でした。

しかし、観覧車に乗ってみたかった…


【今回使用したカメラ】

・SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
・SONY E 10-18mm F4 OSS

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月20日 (土)

銚子へリベンジしてきたどぉ~

1月7日

本来であれば、昨日は銚子、本日は下仁田へ行こうと思っていましたが、まさかの架線凍結で予定が砕かれ散々でしたw

そんな訳で下仁田はいつでも行けるので、銚子にリベンジしてきました。

昨日と同じ様な列車に乗り、車内で運行状況を確認すると本日は大丈夫そう。
千葉には8時頃に到着し、少し時間があるので構内にあった「カワシマパン」でタマゴサンドとコロッケパンを食う。

後から調べたらカワシマパンのコッペパンは千葉では有名なんだね。
確かにコロッケパンはウマカッタ。

千葉から銚子行に無事乗車。
長閑な景色の中を進むが、銚子まで遠い…マジ遠い。
こんなに遠いとは思わなかった。

Dsc08074


Dsc08072


銚子からは銚子電鉄に乗る。

Dsc08076


Dsc08078

Dsc08079


銚子電鉄はローカル私鉄でノロノロ外川を目指して進む。
7km弱を20分くらいなので、本当にゆっくりである。

犬吠駅で半分くらい乗客が降り、終点外川駅に到着する。


Dsc08127


Dsc08096


Dsc08101

ほとんどの人は折り返しで銚子方面に戻るようである。

この駅には古い列車が保存されていたので写真を撮る。


Dsc08107


Dsc08115


Dsc08106


Dsc08145


Dsc08147


列車も折り返しで銚子方面へ発車した後の人の引いた外川駅に戻る。

Dsc08149


Dsc08153


Dsc08154

Dsc08158


Dsc08161


Dsc08162


Dsc08164


Dsc08165


Dsc08167


Dsc08174


外川駅で写真を撮りを¥出発して港へ向かう。

Dsc08177


Dsc08179

いやぁ~、久々に港とか海の近くに来たよ。

Dsc08182


Dsc08185

Dsc08190

なにせ埼玉には海がねーし。

港では爺さん、婆さんがなんか採取していました。海苔かな??

Dsc08194


Dsc08195


Dsc08202


Dsc08205


ちなみに外川には有名な犬若食堂があるけど、人気があるそうで並ぶのが面倒なのでヤメました。
並んで食うのは嫌いなものでw

しばし写真を撮ってから外川駅に戻り、今度は銚子電鉄沿いを銚子目指して歩く。

Dsc08207


Dsc08208


Dsc08210


テクテク歩いているとさっきの列車が銚子から引き返してきました。


Dsc08212


なんつーか、絶望的にヘタクソだなw


そして犬吠駅に到着。
犬吠埼への玄関口だけあって立派な駅である。


Dsc08219


Dsc08222


そして観光客も多い。

次は君ヶ浜駅を目指す。

またまた、さっきの列車は今度は外川から戻ってきたw


Dsc08228


やっぱ、ヘタクソだw

そして君ヶ浜駅に到着

Dsc08232


君ヶ浜駅には猫駅長がいるとの事で期待して行きましたが、どうやら猫駅長は亡くなってしまったようだ。
その代り2匹の猫がいたので、しばし遊んでやる。


Dsc08235


Dsc08250


Dsc08253


Dsc08254


Dsc08260


Dsc08274


Dsc08281

猫の写真がいっぱい撮れて満足。

Dsc08290


Dsc08292


Dsc08293


Dsc08295


Dsc08298


Dsc08299


Dsc08300


Dsc08309


Dsc08315


猫に遊ばれた後、次の海鹿島駅を目指す。

Dsc08317


Dsc08318


Dsc08319


Dsc08320


Dsc08322


Dsc08323


Dsc08324


Dsc08325


しかし、この辺りはキャベツ畑が多くなんとも良い雰囲気である。

海鹿島駅から西海鹿島駅を目指す。

Dsc08346


Dsc08353

時計を見ると、そろそろ終わりにしないと帰宅時間が遅くなりそうである。
猫と遊び過ぎたかもしれん。


Dsc08357


Dsc08358


そんな訳で次の笠上黒生駅で今回の徒歩散策は終わりにする事にする。

そうそう、この銚子電鉄の駅にはサブネームが付いている。


Dsc08361


Dsc08362


Dsc08364


Dsc08367


Dsc08370


Dsc08371


Dsc08373


Dsc08379


Dsc08383


「笠上黒生」は「髪毛黒生」である。
なにやら意味深な名前だw

この駅には駅員さんがおり、銚子までの切符を買う。


Img_3206

いまどき珍しい切符で嬉しいし懐かしい。

しばらくすると列車が到着して銚子へ戻る。

Dsc08387


Dsc08395

結局、歩いた距離は10kmほどだった。

次回は笠上黒生駅から銚子駅まで歩いてみようと思う。

銚子で少し時間があったので外に出てお土産にぬれ煎餅を鯖寿司を買う。


Img_3232

鯖寿司は晩飯にしよう。

てか、朝千葉でカワシマパンで食ってから何も食ってないや。
(結局、帰宅するまで何も食わなかった)

帰宅して広げた鯖寿司はこんな感じ。

Img_3235

期待マンマンの鯖寿司は美味かったけど、自分的には小僧寿しのバッテラの方が好きだなw

なんとも安上がりな舌である。

前日はグタグタでしたが、今日は大満足の1日でした。


これで年末に買った18切符を使いきりました。


Img_3263

ざっくり計算して約倍の23000円分くらい使ったので、良しとしましょう。

しかし、さすがにこの歳になると鈍行列車のみの旅はキツイのう。


【使用したカメラ】

・SONY α6000+Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA、E 55-210mm F4.5-6.3 OSS


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月19日 (金)

結果的に千葉にとんカツ弁当を買いに行っただけの話

1月6日

年末に使用した18切符が2回分余っている。
すでに元は取ったけど、なんとなくもったいない。
過去にも消費しないで期限切れになっているので、今回は使い切ってみようと思い、せっかくなのでなかなか行く機会がない千葉方面に行って見る事にしました。


相変わらず早朝に自宅を出て武蔵野線に乗る。
目的地は銚子の先にある外川の港である。

武蔵野線でYAHOOの列車運行状況を見ていたら、千葉県内の各方面の列車は架線凍結で遅延が発生しているようだ。


Img_3118


まぁ、遅延ならなんとかなるべと気楽に思い西船橋で総武線に乗り千葉へ到着。
時間があたので千葉駅の外に出てみる。
千葉駅で降りたのは、多分生まれて初めてである。

まぁ、駅の外に出ても面白い場所がある訳ではなく、一服して駅に戻る。


次の銚子行きは8時39分なので、以前から食べてみたかった千葉駅名物?万要軒の「とんカツ弁当」を購入。

値段は500円である。
今時、500円の駅弁なんか全国津々浦々残っているのであろうか?

そのとんカツ弁当、なんともチープな絵柄と油断して持つとぶちまけそうになるペナペナのプラ容器に入っているのがが素晴らしいw

隣に少しゴージャスな「ジャンボとんかつ弁当」もあったので惹かれたが、今回は普通のにしておく。


Img_3124


外川に到着したら港で海を眺めながら食おうと期待で胸が膨らむ。

しかし、千葉からの各方面の列車が軒並み遅れているようで、次に乗る列車も発車時間が未定とアナウンスされている。

今回、外川から銚子電鉄沿いに銚子を目指して歩こうと思っておりましたが、鈍行列車の旅で銚子近辺に滞在できる時間が限られてるのでだんだん不安になってくる。


ホームに降りても発車時間未定の列車や大幅遅れで到着する列車ばかり。


1時間弱待ちましたが折り返しで千葉駅発銚子行になる列車さえ到着しないし到着時間も未定らしい。

トイレに行ったついでに先程の弁当売り場に行って、衝動的に「ジャンボとんかつ弁当」を買うw
600円でこちらは少しマシな容器(でもチープ)で全体に重い。
さすがジャンボと謳うだけある。

このまま千葉で足止めを食っているのも時間の無駄と判断して、折り返し横須賀行の列車が来たので乗り込む事にする。

これも発車時間は未定だそうだ。


なんとなくヤケになり、先程買った「とんカツ弁当」を食いたくなったが、普通車で弁当広げて食う雰囲気ではないし勇気もない。
そんな訳でグリーン券を横須賀まで買ってグリーン車で弁当を広げる。


Img_3128


いやはやなんともチープな弁当である。
今の時代、こんな駅弁が残っている事に驚く。

つーか、コレ
どんな層に需要があるんだろうか??


Img_3134


Img_3140

味は…
まぁ、多くは語りませんw

昔、ニュートーキョーでよく食った「紙カツ」みたいな感じ。
でも、正直言ってそれよりも劣りますw


横須賀行は乗車してから30分後くらいに発車。
乗り込んだ時は房総の海が見れなければ、横須賀の海だ!と思っていましたが、なんだかテンションもダダ下がり、面倒になってくる。

そんな訳で品川で降車して京浜東北線で御徒町で下車。

Img_3146

なんとなくモンベルの店を見たけど欲しいものなく、再度京浜東北線で南浦和で武蔵野線に乗り換えて帰宅となりました。

なんともグタグタした行程で、千葉にとんカツ弁当を買いに行ったようなものでした(笑

ちなみに、「ジャンボとんかつ弁当」は晩飯で食いましたが、これまた味については多く語らずですw

Img_3152


Img_3158


Img_3162


でも、いつまでも残って欲しい駅弁であるのは確かです。
千葉という都会?でこんなチープな駅弁自体が残っているのが奇跡ですからねぇ!

でも、やっぱどういう方が買うのか興味はあるなぁ


【使用したカメラ】

・iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月17日 (水)

西武安比奈線をセローで辿ってみた

1月4日

今日は終日フリーなのでセローで入間川方面へ出かけてみた。

目的は50年以上前に休止され、最近ついに正式に廃止が決定した西武安比奈線である。

下調べもせずにとりあえず起点の南大塚駅へ向かう。
川越方面を見るとそれらしき感じの線路があった。


VDsc07932


Dsc07933


Dsc07937

これが西武安比奈線のようだ。
安比奈線は旅客線ではなく入間川の砂利を運搬する為の貨物路線だったそうだ。

ここから入間川方面へ向かう事になるが、住宅地などがあり完全に辿る事ができない。
セローは身軽なのでUターン、狭い道は大丈夫だけど、方向音痴なので苦労する。

Dsc07939


Dsc07942


Dsc07949


Dsc07956

16号を渡ると比較的辿りやすくなる。

Dsc07958


Dsc07960


Dsc07965


Dsc07968


Dsc07976


Dsc07980


Dsc07987


Dsc07988


Dsc07989


Dsc07991


そしてよく写真で見る橋を発見!


Dsc08001


Dsc08003


Dsc08006


Dsc08011


Dsc08014


Dsc08020

立派な橋である。

ここで、T氏から連絡があり入間川の河川敷を少し走り、飯を食う。
気が付くと北風が強くなっている。

いったんT氏と別れて更に探索を続ける。

Dsc08065


Dsc08063


Dsc08064


どこにでもある雑木林の中に埋もれている線路があるだけで、なんとなく絵になる。

そしてやっと終点の安比奈駅があった場所にたどり着く。

結局、終点の安比奈駅は、さっき昼飯を食った場所のすぐ近くでしたw

Dsc08024


Dsc08027


Dsc08033

Dsc08040


Dsc08044


Dsc08051


Dsc08053


Dsc08060


以前から名前を聞いていましたが、行った事のなかった安比奈線。

近々、線路も撤去されてしまうそうだ。

だいたいコースを把握できたので、また行ってみようと思う。
夕暮れ時とかが良さげ。

あとセローよりもカブか徒歩の方が更に小回りが利いて便利かも。
今度は歩いてみようと思う。

【使用したカメラ】

・SONY α6000+Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月15日 (月)

夕焼けの中の初乗り

1月2日

年末は鈍行列車の旅、1日は実家に帰り忙しかったので、本日1日のんびり予定。


朝、近所のホームセンターへ初売りに行ったけど散財する事なく帰宅し、昼寝をして夕方に目が覚めました。

ここまでバイクに乗っていないので、初乗りを兼ねて近所の土手へ向かう。

2

ちょうど夕方で富士山の写真を撮ったり、夕焼けをバックにセローの写真を撮りました。

Dsc07875


Dsc07878


Dsc07881


Dsc07892


Dsc07900


Dsc07922


Dsc07928

なかなか雰囲気のある写真が撮れて満足。

明日はかみさんの実家へ行く予定なので遊べない。
明後日は、近場だけど以前から行ってみたかった所へバイクで行ってみようと思う。

【使用したカメラ】

・SONY α6000+Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月13日 (土)

年末鈍行列車の旅(山形~自宅)

12月31日

大晦日。
流石に早めに帰宅しておきたいので、今日も早起きして山形6時30分発の列車に乗る。

席は2名用のロングシート、長くないけど。
ここが一番好き!

Img_2558


Img_2561

しかし、昨晩は朝3時くらいにホテルに戻って来た集団の声やシャワー音、挙句の果てには隣部屋の鼾まで聞こえてあまり寝れなかった。
もう2度とあのホテルを利用する事はないだろう。

駅から近いと便利だけどこういう弊害もあるね。


そんな訳で列車内ではほとんど爆睡状態で8時3分に福島に到着した。

福島8時12分発の新白河行に乗り10時18分に黒磯着。

Img_2566


黒磯で一服して駅に戻ったら仙台方面へ向かう人が乗り換えで大行列を作って殺気立っている。
みんな帰省っぽくて大変そうである。

黒磯10時49分発の宇都宮行きは極めて平和で11時41分に宇都宮に到着しました。

宇都宮11時55分発の湘南新宿ラインはちょっと贅沢をしてグリーン車にしようと思ったのですが、ガラガラの
車内を見てもったいなくなって普通車に乗りました。


Img_2568


Img_2569


う~む、贅沢ができないワシw

しかし、この旅では、2両編成とか長くても4両編成の列車ばかり乗っていたので、湘南新宿ラインの
15両は長い!

驚きの長さであるwww

まぁ、そんな訳で湘南新宿ラインに乗り、地元へ戻ったのは14時前。

意外に早かった。

まぁ、それでも7時間以上かかっているんだけどねぇ。

しかも新幹線だったら3時間で帰れるのであった orz

最寄駅に到着後、旅の無事を感謝して、埼玉県民ふるさとの味ぎょうざの満州で祝杯。

Img_2607

やっぱ餃子の王将より落ち着くよ。

Img_2612


Img_2614


ちなみにダブル餃子定食とスーパー酎ハイを頼んでも1000円でお釣りがきます。

ビバ埼玉!

今回は突発でしたが、良い列車旅ができて満足でした。

さて明日はいよいよ正月だ。

【今回使用したカメラ】

・オリンパスStylus1
・iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月10日 (水)

年末鈍行列車の旅(新潟~山形) その2

12月30日 後半 


雪の無い時期に来ても良い場所かもしれないけど、やはり山寺の醍醐味は冬である。
景色もさることながら階段が凍結していてスリル満点なのである。

今回はほとんど写真です。

参拝料300円を払ってオバチャンに「気をつけてね!」と言われ恐怖の階段を登る。

Pc300308


Pc300313


Pc300315


Pc300321


Pc300328


そこらじゅうで悲鳴や爆笑が響き渡るw
来ている人は中国系、台湾系の人が多いようで、雪とかめったに見ないんだろうね。
彼らは皆、どっかで借りた長靴を履いている。

そして奥ノ院に到着。


Pc300373


Pc300372

Pc300377


ここから更に展望がきく場所へ向かう。


Pc300341


Pc300342


Pc300343


Pc300351


Pc300362_20171231t06_54_19613

Pc300386


ほんとここの冬景色は素晴らしい。
まるで水墨画のようである。

さて、登りはまだなんとかなるが、問題は下りである。

Pc300346


Pc300379


Pc300389

Pc300390


ここの下りはほんと恐怖である。
どうにか一回コケただけで下山できました。

Pc300396


Pc300399


Pc300400


Pc300403


Pc300407


Pc300412


Pc300413


Pc300299


Pc300421


Pc300418

目的を達成したので、のんびり駅に戻る。

そして山形行きに乗り山形へ

Pc300465


今日の宿泊は駅に近いビジネスホテルである。

税込3950円と昨晩のホテルより駅には近いが微妙にボロである。
まぁ、寝るだけだから問題ない。

チェックイン時に頂いたつまみを食いながら発泡酒を飲む。

Img_2503

いったんチェックインして飲むと寒いし外出が面倒になる。

一瞬近くの百貨店の地下で弁当を買うか、前回来た時に食い処を探すのが面倒で妥協した松屋で済まそうかと思ったけど、勇気を決して駅へ向かう。

駅でお土産を買うついでにみかけた山形名物?平田牧場のとんかつ弁当@800円が気になりそれを買う。
ついでに駅ビルで売ってたやきとりを購入し、コンビニで巷で話題の底辺御用達嫌な事をスッキリ忘れるストロングゼロを買って宿に戻る。

今日は珍しく山形名物であるwww


Img_2544


Img_2549


Img_2553


Img_2557


なかなか豪華な晩餐である(自分比)w

しかし、とんかつ弁当は地元で売ってる「新宿さぼてん」のとんかつ弁当の方が美味いと思ったのはナイショだ。

まぁ、食い物は置いておいて冬の山寺はほんと良い場所でした。
思い切って再訪して良かった。
また来年も行くかなぁ


【今回使用したカメラ】

・オリンパスStylus1
・iPhone7 Plus

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月 8日 (月)

年末鈍行列車の旅(新潟~山形) その1

12月30日 前半 

翌朝、5時に起きて準備をして駅に向かう。
6時7分発の新発田行きに乗る。

実はもっと遅い快速列車に乗っても山寺到着は同じなのですが、のんびり進みたいもので(笑)
それに歳とると早起きになってしまうのである。


Img_2389

6時7分に新潟を出て新発田に6時45分に到着。
新発田では3分乗り換えで坂町へ向かう。

7時11分に坂町に到着して、米沢行きに乗り換える。


Pc300095

Pc300128


Pc300111

車窓に見える雪景色がだんだん雪深くなっていく。


Pc300157


Pc300177


Pc300179


Pc300182


Pc300183


Pc300191

こりゃ、山寺に登れるのかだんだん不安になってくる。


今泉駅での停車が長かったので駅のホームの喫煙所で一服。


Pc300196

Img_2422

Pc300203


Pc300201

するとフラワー長井線の列車が雪の中こちらに向かってきた。

Pc300207


Pc300218


Pc300228


Pc300242


Pc300251

Pc300259


なかなか良い雰囲気だったので写真を撮る。

そして9時56分に米沢駅に到着。

Pc300278


腹が減ったので駅そばを食おうと思ったけど、店内は満員である。
時間を潰してから再度見ると入れそうなので、かき揚げ蕎麦の食券を買いオバチャンに渡す。

結構混んでいたので、さぞかし美味いのかと思ったけど、出てきた蕎麦はこれである。

Img_2449

どん兵衛みたいな天ぷらである。
これは駄目だ…ダメ過ぎる。

味もたいしたことなくガッカリ。
単に食い物屋がないのと寒かったから混んでいただけのようでしたw

米沢10時41分発の山形行きに乗り、11時26分に山形へ到着。


Pc300288


Pc300291


新潟と山形って結構遠いのね。

山形から仙山線に乗り、今回の旅の目的地である山寺に到着。

Pc300448


Pc300450


Pc300439


Pc300427


Pc300428


Pc300422


Pc300294


そして立石寺(山寺)内へ


Pc300295


Pc300297


Pc300301


Pc300304


そして、いよいよメインイベントの山寺への奥の院へ向かう。


Pc300306


さて今回はコケずに戻って来れるであろうか…

次回へ続く

【今回使用したカメラ】

・オリンパスStylus1
・iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月 6日 (土)

年末鈍行列車の旅(自宅~新潟)

2017年12月29日


数年前はよく年末に列車の旅をしておりましたが、最近は休みが短くて行っておりませんでした。
今年もそんなに休みの日は変わらないのですが、直前になんとなく楽天トラベルで宿を見ていたら。
直前なのか結構宿泊費が安くなっている。

これは、行かねばなるまい。

冬はやっぱ寒くて雪景色の所に行きたいという事で数年前にも行って印象深かった山形の山寺を再訪する事にしました。

この時期、新幹線などは帰省客で大変なので、急ぐ旅でも無し、優雅に鈍行列車で行く事にする。
つーか、単に貧乏で18きっぷを使うからである。

初日は4時に起床して一番列車で小川町(東武東上線)へ向かうが、なんと信号機故障で途中からノロノロ…
結局、6分乗り換えだった小川町での八高線に乗れなかった。

時刻表を見ると20分後に高崎行きがあるので、いったん改札を出て一服。


Img_2144

6時26分発の高崎行きに揺られて7時24分に高崎に到着。

Img_2131


Img_2136


Img_2152


次の水上行きは7時45分である。

Img_2155


Img_2167


ガラガラの列車に揺られて途中は爆睡。

ちなみに私はボックス席は狭いので、ロングシートの方が好きです。
最初は写真の半ボックス席を占領しましたが、窮屈で移動しましたw


沼田あたりから車窓に雪が見え始め、8時51分に水上に到着しました。
次の長岡行きは9時47分発なので、駅前を散歩する。

Pc290002


Pc290016


Pc290010


Pc290020


以前も思ったけど、水上温泉の廃れっぷりが凄い。

そして駅に戻り、既に止まっていた長岡行きの列車に入る。

Pc290005


Pc290024


Pc290028


Pc290029


Pc290042


そこへ、9時30分着の高崎からの列車が入ってくる。
凄いたくさんの人が降りて、長岡行きに突進してくるw
皆、スキーや大きな荷物を持っていたりガラガラ引きずっている。

実は高崎発7時45分発の水上行に乗れて水上に早く到着できたのは地味に大きかったのである。

車内は乗り換え客で超満員になった。

水上を出発して列車がトンネルを抜けると雪国へと変わった。


Img_2242


Img_2246


Img_2252


どうやら除雪車が前を走っていて、除雪の遅れで駅での停車が長くなる。
そんな訳で途中の越後湯沢でそこそこ長い停車。


Pc290043


Pc290045


Pc290047


11時48分に長岡に到着。次の新潟行きは12時40分で時間がある。
長岡駅にはなぜか只見線が止まっていた。

Pc290050


Pc290055


Pc290054


Pc290057


そう言えば、長岡まで来たけど車両が新しくなったんだねぇ、昔は上越線は湘南電車のお古だったのに。
利用者は良いけど、なんか山手線に乗ってるみたいで味気ないっす。

ここでいったん改札を出て腹が減ったので駅そばを食う。

Pc290061


後から気付いた鳥カツ蕎麦というのにしてみれば良かった…


Img_2337


Img_2339


その後、長岡駅で何する事もなく次の列車を待ち、乗り込む。

まだ時間があるのでどっかで途中下車しようかと思ったのですが、イマイチ惹かれる場所もなくそのまま進む。

そして13時56分に新潟へ到着した。
なんか鉄オタがいっぱいいると思ったたら、こんな派手な列車が来た。


Pc290085


なんだかんだ言って自宅から新潟まで9時間弱かかった。
新幹線なら1時間40分くらいで到着するのにwww

本日の宿はスーパーホテル新潟。なんと1泊朝飯付で税込3000円である。
少し駅から離れているけど激安。
チェックインは15時なのでビックカメラに行って時間を潰してホテルへ向かう。

Img_2342

ホテルの部屋は綺麗だし、入浴剤もくれた。
これからはスーパーホテルを贔屓にしようw

晩飯は以前良かった駅前の路地奥のカツ丼屋の「ヒロ」が再開発で跡形もなくなっていたので、ホテルからそこそこ近い「ぐりるかんだ」
にする。


Img_2635

Img_2636

Img_2637


Img_2642

雰囲気があると言うか、入るのに勇気のいる路地だったけど、こういう場所がなくなってしまうのは残念である。

「ぐりるかんだ」は17時開店なのでホテルでダラダラしてから向かう。

しか~し、ホテルへの行きがけに見た時は準備中だったのに、電気も消えてどうみても閉店している。
年末なので終わってしまったようだ。

とりあえずウロウロしてみたけど、ピンとくる店もなく仕方ないので「餃子の王将」でレバニラ炒めと天津
チャーハンで済ます。


Img_2376_4

Img_2360_2

Img_2372_2


不味くはないけど、新潟まで来て餃子の王将とは…

相変わらず1人旅だと飯は名物を食わない男である。

【今回使用したカメラ】

・オリンパスStylus1
・iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

« 2017年12月 | トップページ