2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

林道野営

2017年12月14日 (木)

今週末はクリスマス野営なのだ!

今週末はもう何年も続いている恒例のクリスマス野営。
いったい何年続いているのか、もう記憶にない。

もともとはクリスマスで華やかな世間から取り残され。
家族、恋人からも見捨てられた、寂しいおっさんが寒空の下、慰めあう身も心も冷え切るという切ないイベントでした。

しか~し、近年、お花摘み、野グソ上等!たまにキャンプ場に行ってトイレがある事に驚くという初キャンプが林道野営というツワモノの女性の参加や、ケーキや電飾やプレゼント交換などもある過去比でかなり華やかかなイベントとなっております。


Img_1902


Img_1900


Img_1901


Img_1903

今回も新人さんが参加予定ですww
果たして楽しめて常連になるか懲りて2度と来ないかキニナルところですw

キャンプ自体は、最近流行りの三角テントの中に蒔ストーブを設置して、ヌクヌクという事もなく、相変わらず寒風が吹きすさむ環境でやる自己完結型です。
まぁ、キャンプとはそういうもんだ!寒い時は寒さを味わえという古い(ステキな)人々の集まりです。
快適なキャンプなんて、そんなのはキャンプじゃね~!と強がりを言ってみる。

でも、見るからに寒々しい貧乏臭い集まりですなwww


Img_1904


Img_1906

こんな感じで寒い時期なのにめったにキャンプ場も使いません。
今回もキャンプ場ではなく、幹事さんのご尽力で「寒冷時期の野営方法の修練他」という立派なお題目の元に役所に許可を頂きとある場所で行います。

初めての場所なので非常に楽しみである。

Kypka


まぁ、強がりを言ってみたものの、既に平均年齢50歳を越えた集団には結構応えるイベントであります。


今回はバイクではなく、我が家で一番高級な乗り物であるサンバーで参加予定です。


参加者の皆様、どうぞ宜しくお願いいたしま~す。

毎年、このイベントで今年も終わりだなぁ~と実感するくらい自分の中で根付いております。

こうやって師走の忙しい時期に良いのか悪いのか解らないけど毎年集まれる仲間がいるのは、ほんと嬉しいことです。

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2017年12月 6日 (水)

今年最後の林道野営へ行ってきました

いよいよ冬本番、寒いし路面凍結もあるので、そろそろ山へ近づくのは危険。
そんな訳で今年最後と思われる林道野営に行ってきました。


場所はいつもの上野村。


今回は先週行った上野大滝林道からアプローチしてみました。
この林道は12月11日に閉鎖され、開通は来年の春になります。
今回はアフリカツイン乗りのG氏と一緒です。


荒川村のスーパーで買い出しをして、いったん中津川林道の入り口にある、こまどり荘へ向かう。
ここでスーパーで買った弁当を食う。


こまどり荘周辺は人っ子一人おらず、いたのは日向ぼっこをしていていた猫様のみ。

20171202_121734_598


20171202_121736_966


20171202_121750_646


20171202_121751_747


野良猫としたら、この時期過酷な場所で可哀想だ。
春まで頑張ってイキロ。

昼飯を食い、上野大滝林道へ入るダートは予想外に短く、いつも野営する場所に到着。
ただ、ここは標高が高いのでパスして野栗沢方面へひたすら下る。
そして野営候補地に到着。


ただ、ここは谷間なので、もう少ししたら日が陰りそう。
まだ時間もあるので次の候補地の河原へ偵察に向かう。


夏場は混んでいる河原ですが誰もいない。
ただ、薪を拾えそうもないので結局谷間の野営地に戻る。


テントを設営して少し経つと日も陰る。

Dsc07687


Dsc07689


Dsc07691


夜に備えて薪を集めておく。


20171202_143239_484

あとは、まったり飲んだり食ったり。
晩飯は温まるキムチ鍋である。


20171202_154747_862


20171202_154758_071


そして、風も冷たくどうにも寒くなり焚き火に点火。

20171202_160236_717


20171202_184307_714

やっぱ火は偉大である。

Dsc07695


Dsc07700


Img_1820

薪が完全に燃えた所でテントに籠るが寒い!
そんな訳でシュラフを頭から被って寝る。
寒いながらも、まぁまぁ寝れて7時に起床。


テントの中の湿気が凍っているし、外のフライは外側も内側も凍っている。
外に置いてあった水も凍っているし、バイクも凍っているw
コーヒーを温めて、キンキンに冷えたパンを食う。
なんともマズイ…
まぁ、凍ってないだけマシかw

20171203_071215_574


20171203_071221_087


20171203_071236_284


20171203_071306_595


20171203_080418_629


しばらく日が当たるのを待ったけど、当分日は当たりそうもない。
そんな訳で凍結テントや凍結テーブルなどを片付ける。
そして下山。
昨日見た河原は日が当たっている。
帰宅してから干すのは面倒なので、ここでテンなどを乾かす事にする。

20171203_093012_651


20171203_093919_154


20171203_095936_279


20171203_093858_168


ちなみにこの芝生の上はキャンプ禁止だよ!
さすがに河原は日が当たると暑いw
1時間ほどで全て乾いたので、荷物を積み込み帰宅しました。


今回、寒いのは覚悟していたが、前々日に髪の毛をバッサリ切った為、頭が猛烈に寒かったw
ちなみにハゲではないので念のため。
さて来年はいつから林道野営ができるかなぁ~

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2017年11月23日 (木)

野営での私的イチオシグッズ

野営やキャンプでの道具のオススメはいろいろな方が紹介されております。
今までいろいろな物を使ってきて私もオススメはあるのですが、イチオシのグッズはこれになります。

511ghocqeol_sl1500_

レック 携帯用 おしり ウォッシュ ソフト ( お尻洗い )


ハイ、「携帯用 おしり ウォッシュ」いわゆる手動ウォッシュレットです。
最近、至る所のトイレにウォッシュレットになり、紙だけで拭くのは何かスッキリしない貴兄!

そこでコレの出番ですヨ。


水を入れて容器を押すと本物のウォッシュレットの様に水が出ます。
まぁ、至極単純な構造ですが(笑)


野営時に紙で拭くと大量の紙が残り、埋めるか燃やすかになりますが、これなら少量の紙で済みますので処理も捗ります。

容量が180mlで少なく感じますが、既に十回以上使った経験から、よほど切れが悪いウ○コを排出した
時以外、半分程度しか水は使いません。
最初は黄門様に水を当てるのが難しいですが、すぐに慣れますし、トイレで使っても便器とかをビチョビチョに
する事もありません。

ただ、使っている姿がかなりマヌケなので、雉打ち、お花摘みの時は人に見られないように注意しましょう。
あと、この時期は水が冷たく調子こいて吹き付けると黄門様が縮み上がるので、少しお湯を混ぜた方が良いかもしれません。(私はそこまでしないけど)


そんな訳で昨今甘やかされた黄門様をお持ちの方、苦しい病気患っている方!

強力な火器、オシャレな鍋などを買うより、まずコレを買いましょう!

痔主からのオススメです。

なお、お金のある人は電動もあるでよ~

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2017年11月 6日 (月)

3連休は長野へ野営とキャンプ 1日目

3連休は絶好の行楽日和との事なので、T氏プレゼンツの長野の林道野営とキャンプに行ってきました。


大渋滞が予想される連休初日、朝5時に家を出て入間ICから圏央道に乗り、中央高速を目指す。
しかし、絶好の行楽日和の3連休の初日は甘くなかった。


中央高速と合流手前で既に渋滞。
ここはバイクの機動力を生かしてパス。


中央高速に入ると小仏トンネルまではノロノロでしたが、トンネルを越えるとスムーズ
に流れ、7時過ぎに待ち合わせ場所の双葉SAに到着。
ここも入口で車は渋滞していましたが、バイクなのですぐに入れました。


今回は主催のT氏と最近アフリカツインを買ったG氏と一緒です。
小淵沢ICで降りてしばらく20号を進み、入笠山方面を目指す。

Dsc07207


Dsc07221


入笠山牧場の牛の脱走防止のゲートを開けて黒河内線へ入る。

Dsc07223


入って早々雰囲気が最高の道で感動!


Dsc07224

こりゃテンション上がるっしょ!


林道内は各自のペースで走り、分岐で待ち合わせをする様な感じで進む。
こうやって自分のペースだと写真も気兼ねなく撮れて良いね!
さすが元美術部T氏。

紅葉を期待していたが、なんとなくもう冬の雰囲気。


Dsc07230

Dsc07236


Dsc07241


Dsc07246

今晩はこの林道沿いで野営する予定で、とりあえず目立たたない野営地にテントを張って荷物を下し、伊那へ下り昼飯と買い出しをする。

20171103_143920_023

伊那と言えばローメンかカツ丼。

今回はカツ丼のようだ


20171103_130117_971


20171103_130111_937


ソースかつ丼は会津方面なども有名です。会津はコッテリ系ソースですが伊那のソースはサッパリ系でこっちの方が美味かった。
T氏の行き当たりバッタリで入った店だけど、かなり美味かったし量が多くて満腹。

買い出しのスーパーでは満腹のせいで食いたいものが浮かばず。
ソーセージ、チーズ、カップ麺、パンのみ購入。


その後、野営地に戻るが今回の野営はなぜか椅子、テーブル使用禁止。
地面にレジャーシートとウレタンマットを敷く。

あとは夜に備えて薪を拾う。

20171103_160836_541


20171103_160814_230


寝転びながら撮ったセロー


20171103_152316_018


20171103_152249_994

焚火をしながら軽く呑むが、やっぱ満腹で食べる気が起きない。


20171103_161102_236


20171103_175209_649


20171103_175440_981


とりあえず夜中に腹減るのが嫌なのでカップ麺は食っておく。
日も暮れるとさすがに4時起きだったので眠くなる。
結果、18時半にはテントに入り、19時には寝ていたと思うw

年寄りの夜は早いのである。

この時期のシュラフ最高!!

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


2017年10月 2日 (月)

初めての林道完ソロ野営

いつもはお付き合いして頂ける友人がいる林道野営。
今回は皆様ご都合が悪いようなので、ソロでキャンプしようと思ったのですが、目を付けていたキャンプ場は冬季閉鎖と今日の明日は無理と言われ、仕方ないので林道野営をすることにしました。
今回は上記のようにソロだし、実は林道ソロ野営は未経験。
果たしてどうなる事やら…


ビビリの私ですが、週末の天気は良さそうなので、2~3箇所の目星を付けて出発。
さすがに行き当たりバッタリはまだハードル高しw

今回はシュラフを間違いなく積んだ事を確認。

途中、彼岸花の渋滞があるかと思ったけど渋滞もなくスイスイ進み秩父市内を抜けて小鹿野へ。
この先は店もなくなるので、買い物を済ます。
とは言っても自宅の冷凍庫からいくつか食材を持ってきているので、最低限のお買い物。


そして近くにあったコメリに寄る。

27


天気は良いのですが、なんとなく寒くなりそうな予感がして裏起毛のタイツとシャツを購入する。
これは買っておいてほんと良かったです。


さて群馬県に入り、第一の候補地へ。
ここは見ての通り普通の河原。


26

天気も良くて絶好の行楽日和なので混んでいるかた思いましたが、日帰り風の方が1組いただけでした。
場所確保の問題もなさそうなので、次に向かう。


次はマイナーなキャンプ場ですが、既にかなり埋まっています。
ソロなのでなんとかなるけど、ここでやるなら下の河原の方がマシなのでパス。
しかし、あのマイナーなキャンプ場がこの時期に混雑しているのはビックリしました。


さてここから林道へ入ります。
この林道沿いでは何度か野営をしていますが、以前から目を付けていた場所へ
夏は木陰がないので無理ですが、今日は良い感じ。
周辺には薪も落ちているし、沢が横を流れているので深夜にシーンとしていないのが嬉しい。
ビビリなので静かすぎて物音が聞こえると怖いものでw

25


24

そんな訳でここをパスする理由もないので、ここに決定。
中華のスクエアタープを張り、テントを設営。
この時期になると下に空間があるコットは寒そうなので今回は厚手のマットにする。


23


19


16


15


13


ちょっと遅い昼飯にトン汁うどんのカップ麺を食う。
これ、結構美味いね!具が少ないけど。


22

ポカポカの陽気に沢風が吹いて気持ち良いので、少し昼寝をする。
幸せ~


夕方、夜に備えて薪を集めておく。


21

その後、自宅の冷凍庫にあった北海道池田町のブタしゃぶ用肉で晩飯にする。
最近、牛肉が辛いので豚しゃぶはサッパリしていて美味い。
300gをたいらげ、最後はいつものように肉うどんにして〆


17


28

日が陰るとかなり冷え込んでくる。

18


行きにコメリで買ったシャツとタイツを着込む。
これがなかったらかなり厳しいかったので助かったのだ。

ちなみにダイソーの100円USB電球は今回も活躍


4


これ、良いですわ


そしてちょっと早いけど焚き火に点火。


12


11

コーヒーを飲みながら焚き火を眺めながら暖を取る。

9


沢の音で余計な音も聞こえず助かるw 
この辺りは夜になると鵺が鳴くのです。
鵺の鳴く夜は恐ろしい…

7


2


3

月も明るく綺麗だ。
結局、のんびり過ごして21時過ぎにテントへ


今回、長らく使っていたイスカの枕に穴が空いたようで、空気漏れするので新規に買った中華の枕を使ってみましたが、なんかボヨンボヨンして使い心地が悪い、やっぱ空気だけの風船タイプの枕はダメだな。


枕が合わないせいと至近距離で鹿が鳴いて何度か目が覚めましたが、無事朝を迎える。
テントは夜露でビチョビチョである。


50

東に向けてテントを張ったけど山間部だけあって朝は日が当たらず寒い…
しばし、テントの中でマッタりしていましたが、まだまだ日が当たりそうもないので仕方なく
外に出て朝飯にする。

その後、朝のお勤めをするが、最近マイブームの手動ウォッシュレットにそのまま水を入れて使ったのですが、
黄門様が強烈に冷たかったw
この時期からは、少し暖めた水を使わにゃいかんのう。

少しづつ日が当たりだしたので、テントのフライとタープを乾かす。
しかし、テントのフライについた夜露を払おうとバタバタやったら、どっかに引っ掛かってテントのフライが
10cmくらい裂けてしまいテンションダウン…

51

とりあえず、全てを乾かし丁度10時に野営地を出発し、後はスムーズに帰宅しました。

52

帰宅後、フライをダクトテープで治しましたが、恐ろしく貧乏くさいテントになってしまったので、専用のリペアキットを買うか思案中。


あと再度イスカの枕を買うかリペアしないとなぁ~
枕は大事やっぱ大事だよ~~~

今回、初めて人気の無い山で野営してみましたが、無事朝を迎えられてひと皮向けて少し逞しくなって感無量でありましたwww

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2017年9月25日 (月)

奥多摩で林道野営

以前から行ってみたかった奥多摩の林道で野営してきました。


なんとなく土曜日はテンションが上がらず、午前中はセロー弄りをして昼飯のサッポロ一番塩ラーメンをのんびり食っていたらT氏からメッセンジャーで連絡がありました。

何やら納得できない事があったようで、やりとりしているうちに憂さ晴らしに奥多摩で焚き火をすると言う事なので、便乗させて頂く事にしました。


15時半に奥多摩街道沿いのセブンイレブンで待ち合わせという事で速攻で荷物を積載してセローで向かう。
いつもは荷物が満載なんですが、なんか妙に今日は少ない。


Img_0830

一抹の不安を感じるも15時半はギリギリなので再確認せずに出発する。
順調に進み15時15分頃に集合場所に到着。


T氏の車も止まっており、ちょうど到着したとの事でした。
今回の飯は手抜きでセブンイレブンでおでん、ソーセージ、チーズ、冷凍焼き鳥などを購入する。(いつも手抜きだが)


ほどなくして林道へ向かう道は入るが、途中にあったトンネルは真っ暗だし、濡れてるし、道に変な溝があって危うくコケッチになるところでした。


途中からダートに入るが、雨のせいか結構水が流れている。
そして、川を渡って野営地へ到着。


3組ほど先客がいましたが、2組は見た感じデイっぽい。
つーか、よくこんな場所に来るなと思った(笑)
T氏オススメの一等地にいたジムニーに乗った若夫婦に泊まりか聞くと日帰りとの事なので、後で使わせておらえるようにお願いする。


ふと、急いで出発した関係でかみさんになんの連絡もしていなかった事を思い出す。
スマホを見ると、当然ながら圏外。
仕方ないので、再度電波が届く場所まで戻るが結局メールを送れたのはトンネルの先でした。


無事連絡を済まして野営地に戻る、川べりにテントを張ろうと思ったけど、雉打ちの痕跡を発見して別の場所に張ることにする。
カンベンしてくれ~

Dsc07238


Dsc07242

テントを張ってコットを用意して、シュラフを探すがない。
どうりで荷物が少なかった訳だ。
幸いダウンジャケットと薄手のジャンパーがあるので何とかなりそうだが、T氏の車の中にシュラフがあるという事なので有り難く借りる事にする。

Dsc07245

設営、寝床もできて川辺にテーブルとイスを出す。
本当は地ベタリアンキャンプをしようと思ったけど、川辺の石でケツが痛いし、腰も痛くなりそうなのでいつものスタイル。


Dsc07227


Dsc07228

人間、楽を覚えたらイカンねぇ


あとは、他愛ない話を飯を食い呑みながらする。
ちなみに先に来ていた3組は帰路について泊はワシらだけのようだ。
だらだら過ごしていると、大きなJEEPが一台来て野営の準備を始めている。
どうやらソロのようだ。


夜もそこそこ遅かったのによくあの狭い道をデカイ車で来るなぁと思った。


夜中、寝ていると山でガサガサ、バキバキと獣が歩く音が聞こえてちょっとビビるが熟睡。
翌朝、5時くらに車が来て目が覚める。
テントで二度寝して6時過ぎに外を見ると夜来たソロの人は既に撤収していた。

その後はいつものようにのんびり撤収。


Dsc07248


Dsc07254


テントのフライの内側がビチョビチョである。
もうそんな季節になったんだなぁ~と片付けながら思った初秋の林道野営でした。

Tさん、シュラフと謎の食い物をご馳走してくれてありががとうございました。

やっぱ林道野営は楽しいね!


おまけ、T氏作 「闇鍋」

Dsc07229

不味そうwww

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2017年9月11日 (月)

山梨でソロキャンプ

週末は天気も良さそうだったので、山梨にソロキャンプへ行ってきました。


朝、荷物を積み込みますが、相変わらずに荷物満載状態。
う~みゅ、なんとかならんのか、これは対策せねんばいかんなぁ。

20170909_103203_782


今回のキャンプ場は行きなれた丹波山のキャンプ場。
だいぶ涼しくなり快適な奥多摩を経由してキャンプ場に到着。


20170909_120314_230

いつもはテントを設営してテーブルとかを出すだけだけど、今回は真面目にケーヨーD2の1580円タープを巷で言う小川張りで張ってみる。

20170909_131335_283


20170909_131342_790


20170909_131358_571

テントも今回デビューとなる、おニューのコールマンのコンパクトドーム120。
以前より入口が2つあって両方がメッシュになるテントを物色していましたが、このテントが6999円で売っていたので衝動買いしちゃいました。

いかにもコールマンって色が初心者臭を醸し出しますw


20170909_131416_254


20170909_131420_792


20170909_131441_410

試行錯誤してなんとかいっぱしのキャンパーらしいサイトになるw
プチ満足でテンションもUP!(笑)


通常であれば、ここで呑みはじめるが今回は余計荷物を降ろして林道探索へ向かう。
前回、このキャンプ場から小菅の湯に行く途中にダート路を見つけたので、まずはそこに向かう。
入口を見ると「林道コアラシ線」という名で2kmちょっとあるようだ。

P9090098


P9090099_20170910t05_19_37662


P9090101_20170910t05_19_38155


P9090104_20170910t05_19_41382


道もそこそこで走りやすいけど、眺望とかはイマイチですぐに走破。
今度は橋口林道へ入るが、これは短かった。


P9090106_20170910t05_19_42826


そして小菅林道へ向かう。
噂通り超フラットで走りやすし距離もそこそこあるので楽しい、ただ釣りの方の車が多いので注意は必要。


P9090108_20170910t05_19_44132


P9090112_20170910t05_19_47512


P9090113_20170910t05_19_47521


そして終点に到着。


P9090118


立派なモノレールがあり山奥へ入っていく。

P9090121


車庫は閉まっていたが、隙間からカメラを突っ込んで車体を撮影。


P9090120

こういうの一度乗ってみたいなぁ


まあまあ満足したし、時間もちょうど良いので温泉へ向かい汗を流し、キャンプ場へ戻る。

20170909_155159_104


遠くで雷鳴が響き、なんとなく空模様が怪しい。
試に雨雲レーダーを見ると、すぐそばが真っ赤!

20170909_171615_000_3


赤い雨雲が来ない事を祈りながら、北海道池田町のふるさと納税返礼品で頂いた豚しゃぶを食う。
肉が柔らかくて美味い。

20170909_174147_963


20170909_174711_637


最後はうどんを投入して肉うどんにして満足!

20170909_184122_179


雨がポツポツ降ってきたけど、タープもあるのでとりあえず大丈夫。
NHKラジオを聴きながらマッタりする。
そして雨も止んだので、焚き火をする。


20170909_201258_366


20170909_201919_424


20170909_203159_700

今日は私の他に3組しかいないので、静かな夜である。

珍しく1人なのに22時過ぎまで外でマッタリし、その後テントへ入り就寝。
翌朝、いつもの早起き爺どもに起こされる事なく7時半に起床。

簡単な飯を食い、時間もあるのでテントのポールをFRPから中空アルミに改良。


20170910_091154_784


20170910_091201_223

改良と言っても中華のアルミポールを切っただけだけどね。


20170910_093349_077


まぁ、これでFRP特有の障害を防げるかな。
それにだいぶ軽くなった。


雨で濡れたタープとテントはイマイチ乾いていないけど、撤収する事にする。
相変わらず大量の荷物にプラスして使いきれなかった薪も積載w
セローは荷物運搬車だなww


20170910_103537_059

今まで雨の時に備えて前室の大きなテントが良いと思っていました。
しかし、前室はなんだかんだ言って息苦しい。
前回の桧枝岐でも思いましたが前室より小さ目のタープの方がなにかと便利だし快適。


ただ、ケーヨーD2タープの撥水性がなくなってきたのがキニナル。
まぁ、安物だから仕方ないか。


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


2016年12月20日 (火)

焼肉林道ツー

大変ご無沙汰しております。
最近、ブログ更新が億劫になってしまい、主にFaceBookでダラダラと書いております。

さて2016年もあと少しで終わり。

最近は近所のお買い物マシーンと化していたカブで今年最後と思われる林道へ
行ってきました。

Pc180484


Pc180489


Pc180491


ま、近所の林道ですけどね。


新緑の頃の林道も好きですが、冬枯れで落ち葉の絨毯という雰囲気も好き!
落葉で見通しを良いしね。


Pc180493


Pc180495


Pc180506

さて、林道へ行くと普通はなぜかラーメンですが、今回は焼肉をやってみました。
山の中で脂まみれになりながらの焼肉。

Pc180507


Pc180522


Pc180524

しかし、最近は歳のせいか牛肉の脂がキツくなってきたよ。

焼肉を食って、あとは下山。
最後の最後にいつもヌタヌタの場所を通過しようとしたら、ヌタヌタではなくカチカチに
凍っていてコケた。


Pc180530

もうバイクじゃ凍結が怖いので山は厳しいね~

では、また!

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2016年6月 1日 (水)

グンマーの山奥で久々の林道野営

ここ最近キャンプ場ばかりで楽をしていた面々。
このまま甘えている訳にはイカン!という事で原点に戻って久しぶりに林道野営に行ってきました。

日程は、多忙でストレスが溜まっているT氏の希望を優先して先週末にしましたが、なんと体調不良で
T氏はドタキャンw

また、山梨を予定しておりましたが、薪ひろいするからもう少し近くにしてくれというお願いがG氏
からあり群馬に変更。
しかし、G氏もドタキャンw

そんな訳で、今回の参加者はHさん、Lさん、Nさん、前日がお誕生日で久々のお泊りのMさん、珈琲職人
のT会長、積載王のSさん、私の7人となりました。

今回はカブで行くかセローで行くか直前まで悩みましたが、GW前に買ったキャンピングシートバッグ
を名前のごとくキャンプで使ってみたかったのでセローで行く事にしました。

そこで一番の問題はユニフレームに焚き火テーブルをどう積載するかです。
考えて末、キャリアにテーブルを固定して、その上にバッグを置く事にしました。

その他の物を積み込みますが、やはりキャンピングシートバッグでも容量が足りないので、サイドバッグも
追加し、なんとか積載完了!

Dsc05865


まるで日本一周でもするかのような積載になってしまったw

積載も終わり一路、グンマーを目指します。

いつものように小鹿野のスーパーでお買い物。
このスーパー、何気に肉類が充実しており、聞いた事ない部位の肉もあったりする。
今回はここで大好物の「かしら」を購入。
家から持ってきた肉もプラスして前回より多い600gの肉祭りですw

山を越えて群馬に入り、林道へ入る。

Dsc05869


Dsc05874


Dsc05880

途中、第2候補の場所に寄る。

Dsc05890


Dsc05896


Dsc05902


Dsc05905


Dsc05908

ここも結構お気に入りの場所です。

更に先へ進み今回の野営場所へ到着。


Dsc05913

既にMさんは到着しており、ほどなくしてT会長も到着。

さっそく寝床を設営。

Dsc05920


Dsc05930
>


前回は快適性重視で大きなピンクテントでしたが、今回は寝るだけなので小さなプロモンテの山用テント。
つーか、荷物が多すぎて一番小さなテントしか積めなかった。
今後はもう少しキャンプ用品を絞らないといかんな。


この野営地は鹿の餌場(便所)のようで、正露丸のような糞がそこらじゅうにある。
糞をなるべく避けてテントを設営する。


Dsc05947


Dsc05934

やっぱ小さい方がサクっと張れて、ものぐさな私にはこっちの方が向いている(笑)

途中で買い物をしたセブンイレブンのスピードくじで当たった赤いきつねを昼飯代わりに食い食い、
とりあえず一息つく。

キャンプグッズの工作王である、Mさんの新製品を頂いたり、MさんにDIYが超苦手なT会長がグッズ作成でいじめられる姿を微笑ましく眺めてマッタリ過ごす。

Dsc05937


Dsc05945


でも、きっとT会長にとっては思い入れと愛着のあるグッズになったのではなかろうかw

その後はみんなで薪集め。


Dsc05954


Dsc05958


Dsc05965


いっぱい集まりました!

そして、少し早いけど炭に火を熾し肉を焼いて食う。


Dsc05959


Dsc05961


自分の肉だけでも多いのに、Mさんから焼き鳥やチョリソーやこんにゃく玉が強制配給される。
翌日聞いた話では、一番年下のSさんはMさんにこんにゃく玉を13個も食わされたらしいwww

おかげでせっかく持参した餃子の満州が食えなかったそうだw

19時頃に飯も落ち着くが、気温も下がってきて寒い。
焚き火に火をつけ温まっていると急激に眠くなる。

Dsc05978


Dsc05984


そんな訳で中抜けしてテントへ。
2時間ほど寝て再度焚き火に合流。

空を見上げられば、昼間の曇り空の雲がなくなり満点の星空である。


Dsc05990


真っ暗な中、M氏作成のランタンポールにぶら下げられた小さなランタン達が明るい。

Dsc05993

また、山から謎の鳴き声が響く。

人が笛を吹いてるんじゃね?なんて話もありビビる。
後からLさんが調べたところトラツグミらしい。
別名はあの「鵺の鳴く夜は恐ろしい」で有名な鵺との事だ。

映画『悪霊島』


満腹になった面々はいつものように焚き火を囲んで他愛のない話をしてのんびり過ごす。


Dsc05994


Dsc05997

Dsc06023


ほんと焚き火を囲んでの談笑は楽しい!


Dsc06025


Dsc06039


そんなこんなであれだけあった薪もなくなり、12時過ぎに終了となり、みんな寝床に入る。
今度はウシガエルの合唱が野営地に響き渡る(笑)

翌朝

12時過ぎに寝たのに、5時頃から物音がしだす。老人たちの朝は相変わらず早い。
仕方ないので6時前にテントから出る。


Dsc06040


朝飯は最近マイブームの目玉焼きとパン。

Dsc06042


Tさんに美味しいコーヒーもご馳走になる。

しかし、今回の野営地は木陰がないので太陽が出ると暑い。

Dsc06048


Dsc06054


Dsc06055


Dsc06057


Dsc06060


Dsc06097


Dsc06075

暑い中、だらだら撤収、少しだけ付近で写真を撮る。

Dsc06105


Dsc06113


Dsc06117


Dsc06126


Dsc06149


Dsc06132


そして、ここで解散となりました。


解散後、今回は、Mさん、Hさん、Sさんと林道を埼玉側へ抜ける。

何年か前に来た時はほとんどダートでしたが、長らく通行止めになり、今はほとんど舗装路。

途中で支線の分岐があり入ってみる。
ダートで一部、ガレた場所もあったけど比較的走りやすいが、いかんせん荷物の量が多く結構怖い。

Dsc06152


Dsc06157


Dsc06159


Dsc06161

とりあえず崩落した終点まで行って引き返す。

Dsc06170


更に舗装路を進むと途中からダートに変わる。
この辺り独特の尖った岩のガレた道である。さっきの支線以上に走りにくい。


Dsc06173


なんとか、埼玉側の出口(入口)に到着し帰路につく事にする。

帰宅途中、B6君のグリルプレートが熱で曲がって収納しにくくなったので、WILD-1に寄ってB6君の
ステンレスメッシュプレートを買って帰宅しました。

Img_8564

さて、久しぶりの林道脇野営。
キャンプ場はもちろん楽だけどやっぱこういうキャンプも楽しいね!

これからは所謂キャンプシーズンでキャンプ場は混むし暑い。
なので、標高の高い林道脇でキャンプをする機会も増えそうだ。

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

2016年5月23日 (月)

新しいテントのお試しキャンプ

以前から雨になっても快適に過ごせる前室が広いテントが欲しくていろいろと見ておりました。
候補に上がっていたのは以下の4つ。


①小川ステイシー


St_3

②ARAIドマドーム

Do_2

③コールマン ツーリングドーム


Coleman_2


④UNIFLAME SORA TOUR


Sora_2


①は良いのですが、G氏が使っていてお揃いは嫌なので却下。G氏が使っていなかったら前室も広いので最有力候補でした。(笑)

②は山岳テントでも有名なARAIなので、物凄く欲しかったのですが、品薄と異常に高くて予算の関係で却下。

③は値段も手ごろだし、前室も広いので非常に魅力的なのですが、ポールがFRPという事が気になりました。
実際、私の周りでも2名の方がポールを破損しました。

④は前室もそこそこ広くてフライのみで自立できて雨が降ってもフライを張ったままでインナーの撤収ができるという点でかなり有力でしたが、しかし自分の中ではUNIFLAMEは好きですが、テントメーカーのイメージがないのでそこが引っ掛かりました。


因みに上記の感想は個人的な意見でござます。念のため。


そして月日は流れ最近、ふとAmazonを見ていたらUNIFLAMEのSORA TOURがそこそこ安くなっておりました。
どうやらこのテントは廃盤になって在庫処分のようでした。

ただ青は10%引き程度なのでお得感はイマイチ、ピンクだと30%引きなので悩ましい状態w

う~みゅ、ピンクかぁ…

しばし考え、更に10%引きでTポイントのバックなどがあるYAHOOの山渓オンラインでポチりました。

しか~し、山渓オンラインでありがちな在庫切れで強制キャンセル。
山渓は安いけど、強制キャンセルが多いんだよなぁ…
連絡も遅いし改善して欲しいな。

ここで縁がなかったとあきらめれば良いものを、既に購入モード全開の私は少し高くなるけどギフト券もあったのでAmazonでポチってしまいました。

そんなテントが届き、実物を見ると当たり前だけどピンク(笑)
しかもなんか安っぽいピンク。
こりゃ、不人気確実で安くなるわなw

そんな訳で少し後悔…

でも気を取り直して週末、試張りを兼ねていつもの丹波山へ急きょ行ってきました。
カブに荷物を積み込むが、先日頂いた新しい箱はいままでのと比較して少し容量が少ない、その上テントも大きくなったので積み込みに悩む。
結局、焚き火テーブルとテントと鹿番長のマットは箱の上に載せる事にする。


Dsc05258


Dsc05261

なんとか積み込みのんびりといつもの丹波山村へ
受け付けを済まし、久々にちょっと小高いサイトでテントの設営を開始する。
実際張り初めて見ると結構ややこしい。
説明書を見ながら20分くらいかかって、なんとか張る事ができました。

Dsc05294


Dsc05298


想像以上にデカイ。

Dsc05283


実際の商品を見ると、プラスチック部品は脆そうな部分もあり、割引後の買った値段なりかなと思う。
定価の34000円だったら間違いなく高過ぎかも。

でも、中は広いし、室内高もあってかなり快適そうである。
これなら雨が降ってもデンデン虫状態で窮屈な思いをしなくて済みそうです。

Img_8475

設営後は軽く昼飯を取り、運動を兼ねて1時間半ほど村内を散歩し、後は普通にキャンプ。
今日は1人でゆっくりしようと思っています。
キャンプによく合うNHKラジオを聴きながら夕飯の準備をする。
今晩は肉祭り!合計450gの見切り品の肉を用意。


Dsc05540


そして焼肉と言えばご飯!


Dsc05524


Dsc05533

1合を100円ショップの鍋用の燃料で炊きました。
あとはキムチで一人焼肉。

Img_8487


Img_8488


Img_8490


Img_8491

まさに酒池肉林(意味が違うかw)
食って飲んで、さすがに満腹。
ダイエット中なのに…


後は、キャンプ場のオバチャンに貰った余った薪数本とそこらで拾った薪で焚き火をしてマッタり過ごす。

Dsc05578


Dsc05595


Dsc05626

Dsc05635


Dsc05628

満月が綺麗でした。


Dsc05597_2


Dsc05600


Dsc05606


焚き火を眺めながらマッタリして20時頃にテントへ入る。
テントの中で電気を灯すとなんか淫靡な感じがするのが笑える。


Dsc05650


Dsc05658

まぁ、中に入ってしまえばピンクのフライもそんなに気にならない。
テントの中でNHKラジオを聴きながらいつのまにか寝落ちしてしまいました。
翌朝、最近お気に入りの100円ショップの鋳物シリーズでソーセージと目玉焼きを作り、パンを食って朝食。

Dsc05659


Dsc05662

隣のサイトの団体のおっさんに自家焙煎の珈琲をご馳走になる。
どうやら会社関連の集まりらしい

とても良い人達でした。

なんか以前会ったような気もするが…

あとは、だらだら撤収。

テントがデカイだけあって撤収も今まで比べて面倒だ。
撤収も完了し、日曜日は何時か行きたいと前から思っていた場所へ向かいました。

さて、今回仲間入りしたピンクのテント。
前述のように脆そうな部分もありますが、概ね満足の品でした。
ピンクも中に入ってしまえば気にならない。

ただ設営はそれなりに面倒なので、毎回使用という事はないだろう。
雨予報がある時、ソロでのんびりした時が主な活躍機会かなと思う。
みんなで行く時は基本的に寝床があれば良いだけなので、いままでの狭苦しいテントを使う事になるかなぁ

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧