2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

セロー

2017年10月12日 (木)

キャンプの後は乾徳山林道へ

さてキャンプ翌日、夜露でビチョビチョになったテントを乾かし撤収する。


T氏は上日川経由、G氏は瑞垣山へ向かうとの事。
私は以前から行きたかった乾徳山林道へ行ってみることにする。


途中の柳沢峠はあいにくの雲で富士山は見えず、ここで解散とする。


いったん下って途中で右折して雁坂みちへ入る。
乾徳山への分岐は看板があったのですぐに解り、細くて急な道を上がって行く。道が開け牧場に出る。
ここからはダートとなる。

20171008_110137_099


20171008_110157_618

牧場内の道を走り、山の中へ入る。

20171008_100715_872


20171008_101226_066


20171008_103951_556


20171008_103956_994


前日の雨で水たまりが多数あり、バイクはドロドロになるし、靴ももズボンもグチャグチャになったw
下界は天気が良かったけど、乾徳山周辺はどんよりとした曇り空で雨が降りそうな雰囲気。
後半は少し流水クレバスが現れて走りにくくなるが、基本的には黒金山の登山口へ向かう道なので
フラットで走り易かったです。


そして、終点へ

20171008_102256_211


20171008_102306_621


20171008_102422_508


20171008_102438_299


大きな広場がある。
おそらく黒金山への登山口の駐車場だと思う。車は1台ポツンと止まっていた。
あいにくの天気で眺望もあまりないし、なんとなく淋しい雰囲気。
晴れていたら、また印象も変わった事でしょう。
しばし、休憩して戻る事にする。


20171008_104231_390


20171008_104258_448


20171008_105042_861


20171008_105305_459


20171008_105343_927


20171008_110532_346


20171008_110814_251


20171008_112226_081

下界に降りたら晴れていやがったw

あとは、雁坂トンネルを抜けて秩父へ。
秩父市内から299号へ入ると、なんとなく後ろに見覚えのある車がいる。
信号で停止したら、なんとF氏が降りてきました。


F氏は弟さんと上野村で野営をしてきたそうです。
しかし、あのタイミングで後ろにいるとは凄い偶然だったなぁ


あとは、秩父市内へ向かう299号の大渋滞を横目で見ながら帰宅しました。
しかし、あの秩父へ向かう渋滞は、芝桜渋滞並みでした。

何か秩父でイベントがあったのかな??

最後の〆は腹ペコだったので、新ラーメンショップ狭山店で昨晩から食いたかったラーメン!

20171008_140234_648

しかし、中盛りでも多すぎたよ(汗

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2017年10月 9日 (月)

ボンビーグランドシートバッグ

キャンプツーリング時にお世話になるタナックスのバッグ類。
その中でメジャーなのはキャンピングシートバッグ。

私も使っていますが、今はそれよりも大きいグランドシートバッグなるものがある。
しかし、コレはおいそれと買える値段ではない。

81vku3lfhl_sl1500__2


タナックス(TANAX) MOTOFIZZ モトフィズ グランドシートバック ブラック 容量70ℓ(上部バック40ℓ・下部バック30ℓ) MFK-222

そんな訳で思った。

薄型のホムセン箱の上にバッグを置けば良いでないの?

いろいろ寸法を吟味した結果、この箱がちょうど良さそう。

61s3fya5zal_sl1495_


アイリスオーヤマ ボックス RVBOX 600F カーキ/ブラック 幅60×奥行37.2×高さ22cm

という訳で期間限定のTポイントがあったので、YAHOOショッピングのアイリスプラザで購入。

箱は既に持っているロックストラップで固定。
その上にキャンピングシートバッグをベルトで固定。

うん、結構ガッチリ固定できた。

それではという事で林道を想定してダートでテスト!


20171009_111133_768

微妙に前にズレてくるけど、これはベルトの増し締めで大丈夫そう。

20171009_110237_089

絶対に濡らしたくない物は箱に収納すれば良いので便利そう。
つーか、試しに椅子、小型タープ、ペグ、ペグハンマー、コッフェル、バーナーなどのキャンプ道具を入れてみたら、シュラフとマットとテント以外は箱に収まってしまったよ(笑

さすがに一番濡らしたくない冬用ダウンシュラフは入らんかったw


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


2017年10月 2日 (月)

初めての林道完ソロ野営

いつもはお付き合いして頂ける友人がいる林道野営。
今回は皆様ご都合が悪いようなので、ソロでキャンプしようと思ったのですが、目を付けていたキャンプ場は冬季閉鎖と今日の明日は無理と言われ、仕方ないので林道野営をすることにしました。
今回は上記のようにソロだし、実は林道ソロ野営は未経験。
果たしてどうなる事やら…


ビビリの私ですが、週末の天気は良さそうなので、2~3箇所の目星を付けて出発。
さすがに行き当たりバッタリはまだハードル高しw

今回はシュラフを間違いなく積んだ事を確認。

途中、彼岸花の渋滞があるかと思ったけど渋滞もなくスイスイ進み秩父市内を抜けて小鹿野へ。
この先は店もなくなるので、買い物を済ます。
とは言っても自宅の冷凍庫からいくつか食材を持ってきているので、最低限のお買い物。


そして近くにあったコメリに寄る。

27


天気は良いのですが、なんとなく寒くなりそうな予感がして裏起毛のタイツとシャツを購入する。
これは買っておいてほんと良かったです。


さて群馬県に入り、第一の候補地へ。
ここは見ての通り普通の河原。


26

天気も良くて絶好の行楽日和なので混んでいるかた思いましたが、日帰り風の方が1組いただけでした。
場所確保の問題もなさそうなので、次に向かう。


次はマイナーなキャンプ場ですが、既にかなり埋まっています。
ソロなのでなんとかなるけど、ここでやるなら下の河原の方がマシなのでパス。
しかし、あのマイナーなキャンプ場がこの時期に混雑しているのはビックリしました。


さてここから林道へ入ります。
この林道沿いでは何度か野営をしていますが、以前から目を付けていた場所へ
夏は木陰がないので無理ですが、今日は良い感じ。
周辺には薪も落ちているし、沢が横を流れているので深夜にシーンとしていないのが嬉しい。
ビビリなので静かすぎて物音が聞こえると怖いものでw

25


24

そんな訳でここをパスする理由もないので、ここに決定。
中華のスクエアタープを張り、テントを設営。
この時期になると下に空間があるコットは寒そうなので今回は厚手のマットにする。


23


19


16


15


13


ちょっと遅い昼飯にトン汁うどんのカップ麺を食う。
これ、結構美味いね!具が少ないけど。


22

ポカポカの陽気に沢風が吹いて気持ち良いので、少し昼寝をする。
幸せ~


夕方、夜に備えて薪を集めておく。


21

その後、自宅の冷凍庫にあった北海道池田町のブタしゃぶ用肉で晩飯にする。
最近、牛肉が辛いので豚しゃぶはサッパリしていて美味い。
300gをたいらげ、最後はいつものように肉うどんにして〆


17


28

日が陰るとかなり冷え込んでくる。

18


行きにコメリで買ったシャツとタイツを着込む。
これがなかったらかなり厳しいかったので助かったのだ。

ちなみにダイソーの100円USB電球は今回も活躍


4


これ、良いですわ


そしてちょっと早いけど焚き火に点火。


12


11

コーヒーを飲みながら焚き火を眺めながら暖を取る。

9


沢の音で余計な音も聞こえず助かるw 
この辺りは夜になると鵺が鳴くのです。
鵺の鳴く夜は恐ろしい…

7


2


3

月も明るく綺麗だ。
結局、のんびり過ごして21時過ぎにテントへ


今回、長らく使っていたイスカの枕に穴が空いたようで、空気漏れするので新規に買った中華の枕を使ってみましたが、なんかボヨンボヨンして使い心地が悪い、やっぱ空気だけの風船タイプの枕はダメだな。


枕が合わないせいと至近距離で鹿が鳴いて何度か目が覚めましたが、無事朝を迎える。
テントは夜露でビチョビチョである。


50

東に向けてテントを張ったけど山間部だけあって朝は日が当たらず寒い…
しばし、テントの中でマッタりしていましたが、まだまだ日が当たりそうもないので仕方なく
外に出て朝飯にする。

その後、朝のお勤めをするが、最近マイブームの手動ウォッシュレットにそのまま水を入れて使ったのですが、
黄門様が強烈に冷たかったw
この時期からは、少し暖めた水を使わにゃいかんのう。

少しづつ日が当たりだしたので、テントのフライとタープを乾かす。
しかし、テントのフライについた夜露を払おうとバタバタやったら、どっかに引っ掛かってテントのフライが
10cmくらい裂けてしまいテンションダウン…

51

とりあえず、全てを乾かし丁度10時に野営地を出発し、後はスムーズに帰宅しました。

52

帰宅後、フライをダクトテープで治しましたが、恐ろしく貧乏くさいテントになってしまったので、専用のリペアキットを買うか思案中。


あと再度イスカの枕を買うかリペアしないとなぁ~
枕は大事やっぱ大事だよ~~~

今回、初めて人気の無い山で野営してみましたが、無事朝を迎えられてひと皮向けて少し逞しくなって感無量でありましたwww

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2017年9月25日 (月)

奥多摩で林道野営

以前から行ってみたかった奥多摩の林道で野営してきました。


なんとなく土曜日はテンションが上がらず、午前中はセロー弄りをして昼飯のサッポロ一番塩ラーメンをのんびり食っていたらT氏からメッセンジャーで連絡がありました。

何やら納得できない事があったようで、やりとりしているうちに憂さ晴らしに奥多摩で焚き火をすると言う事なので、便乗させて頂く事にしました。


15時半に奥多摩街道沿いのセブンイレブンで待ち合わせという事で速攻で荷物を積載してセローで向かう。
いつもは荷物が満載なんですが、なんか妙に今日は少ない。


Img_0830

一抹の不安を感じるも15時半はギリギリなので再確認せずに出発する。
順調に進み15時15分頃に集合場所に到着。


T氏の車も止まっており、ちょうど到着したとの事でした。
今回の飯は手抜きでセブンイレブンでおでん、ソーセージ、チーズ、冷凍焼き鳥などを購入する。(いつも手抜きだが)


ほどなくして林道へ向かう道は入るが、途中にあったトンネルは真っ暗だし、濡れてるし、道に変な溝があって危うくコケッチになるところでした。


途中からダートに入るが、雨のせいか結構水が流れている。
そして、川を渡って野営地へ到着。


3組ほど先客がいましたが、2組は見た感じデイっぽい。
つーか、よくこんな場所に来るなと思った(笑)
T氏オススメの一等地にいたジムニーに乗った若夫婦に泊まりか聞くと日帰りとの事なので、後で使わせておらえるようにお願いする。


ふと、急いで出発した関係でかみさんになんの連絡もしていなかった事を思い出す。
スマホを見ると、当然ながら圏外。
仕方ないので、再度電波が届く場所まで戻るが結局メールを送れたのはトンネルの先でした。


無事連絡を済まして野営地に戻る、川べりにテントを張ろうと思ったけど、雉打ちの痕跡を発見して別の場所に張ることにする。
カンベンしてくれ~

Dsc07238


Dsc07242

テントを張ってコットを用意して、シュラフを探すがない。
どうりで荷物が少なかった訳だ。
幸いダウンジャケットと薄手のジャンパーがあるので何とかなりそうだが、T氏の車の中にシュラフがあるという事なので有り難く借りる事にする。

Dsc07245

設営、寝床もできて川辺にテーブルとイスを出す。
本当は地ベタリアンキャンプをしようと思ったけど、川辺の石でケツが痛いし、腰も痛くなりそうなのでいつものスタイル。


Dsc07227


Dsc07228

人間、楽を覚えたらイカンねぇ


あとは、他愛ない話を飯を食い呑みながらする。
ちなみに先に来ていた3組は帰路について泊はワシらだけのようだ。
だらだら過ごしていると、大きなJEEPが一台来て野営の準備を始めている。
どうやらソロのようだ。


夜もそこそこ遅かったのによくあの狭い道をデカイ車で来るなぁと思った。


夜中、寝ていると山でガサガサ、バキバキと獣が歩く音が聞こえてちょっとビビるが熟睡。
翌朝、5時くらに車が来て目が覚める。
テントで二度寝して6時過ぎに外を見ると夜来たソロの人は既に撤収していた。

その後はいつものようにのんびり撤収。


Dsc07248


Dsc07254


テントのフライの内側がビチョビチョである。
もうそんな季節になったんだなぁ~と片付けながら思った初秋の林道野営でした。

Tさん、シュラフと謎の食い物をご馳走してくれてありががとうございました。

やっぱ林道野営は楽しいね!


おまけ、T氏作 「闇鍋」

Dsc07229

不味そうwww

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2017年9月11日 (月)

山梨でソロキャンプ

週末は天気も良さそうだったので、山梨にソロキャンプへ行ってきました。


朝、荷物を積み込みますが、相変わらずに荷物満載状態。
う~みゅ、なんとかならんのか、これは対策せねんばいかんなぁ。

20170909_103203_782


今回のキャンプ場は行きなれた丹波山のキャンプ場。
だいぶ涼しくなり快適な奥多摩を経由してキャンプ場に到着。


20170909_120314_230

いつもはテントを設営してテーブルとかを出すだけだけど、今回は真面目にケーヨーD2の1580円タープを巷で言う小川張りで張ってみる。

20170909_131335_283


20170909_131342_790


20170909_131358_571

テントも今回デビューとなる、おニューのコールマンのコンパクトドーム120。
以前より入口が2つあって両方がメッシュになるテントを物色していましたが、このテントが6999円で売っていたので衝動買いしちゃいました。

いかにもコールマンって色が初心者臭を醸し出しますw


20170909_131416_254


20170909_131420_792


20170909_131441_410

試行錯誤してなんとかいっぱしのキャンパーらしいサイトになるw
プチ満足でテンションもUP!(笑)


通常であれば、ここで呑みはじめるが今回は余計荷物を降ろして林道探索へ向かう。
前回、このキャンプ場から小菅の湯に行く途中にダート路を見つけたので、まずはそこに向かう。
入口を見ると「林道コアラシ線」という名で2kmちょっとあるようだ。

P9090098


P9090099_20170910t05_19_37662


P9090101_20170910t05_19_38155


P9090104_20170910t05_19_41382


道もそこそこで走りやすいけど、眺望とかはイマイチですぐに走破。
今度は橋口林道へ入るが、これは短かった。


P9090106_20170910t05_19_42826


そして小菅林道へ向かう。
噂通り超フラットで走りやすし距離もそこそこあるので楽しい、ただ釣りの方の車が多いので注意は必要。


P9090108_20170910t05_19_44132


P9090112_20170910t05_19_47512


P9090113_20170910t05_19_47521


そして終点に到着。


P9090118


立派なモノレールがあり山奥へ入っていく。

P9090121


車庫は閉まっていたが、隙間からカメラを突っ込んで車体を撮影。


P9090120

こういうの一度乗ってみたいなぁ


まあまあ満足したし、時間もちょうど良いので温泉へ向かい汗を流し、キャンプ場へ戻る。

20170909_155159_104


遠くで雷鳴が響き、なんとなく空模様が怪しい。
試に雨雲レーダーを見ると、すぐそばが真っ赤!

20170909_171615_000_3


赤い雨雲が来ない事を祈りながら、北海道池田町のふるさと納税返礼品で頂いた豚しゃぶを食う。
肉が柔らかくて美味い。

20170909_174147_963


20170909_174711_637


最後はうどんを投入して肉うどんにして満足!

20170909_184122_179


雨がポツポツ降ってきたけど、タープもあるのでとりあえず大丈夫。
NHKラジオを聴きながらマッタりする。
そして雨も止んだので、焚き火をする。


20170909_201258_366


20170909_201919_424


20170909_203159_700

今日は私の他に3組しかいないので、静かな夜である。

珍しく1人なのに22時過ぎまで外でマッタリし、その後テントへ入り就寝。
翌朝、いつもの早起き爺どもに起こされる事なく7時半に起床。

簡単な飯を食い、時間もあるのでテントのポールをFRPから中空アルミに改良。


20170910_091154_784


20170910_091201_223

改良と言っても中華のアルミポールを切っただけだけどね。


20170910_093349_077


まぁ、これでFRP特有の障害を防げるかな。
それにだいぶ軽くなった。


雨で濡れたタープとテントはイマイチ乾いていないけど、撤収する事にする。
相変わらず大量の荷物にプラスして使いきれなかった薪も積載w
セローは荷物運搬車だなww


20170910_103537_059

今まで雨の時に備えて前室の大きなテントが良いと思っていました。
しかし、前室はなんだかんだ言って息苦しい。
前回の桧枝岐でも思いましたが前室より小さ目のタープの方がなにかと便利だし快適。


ただ、ケーヨーD2タープの撥水性がなくなってきたのがキニナル。
まぁ、安物だから仕方ないか。


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


2017年8月24日 (木)

桧枝岐の休日 5日目 (8月14日)

さて3泊4日の桧枝岐滞在も今日で終わり。

本来はソロ予定でしたが、K氏がいてくれたおかげで楽しめました。
しかし、雨はもう勘弁なw


夜中には天気予報に反して結構雨が降ってせっかく乾いていたテントもタープもビチョビチョである。
幸い朝は雨は降っていないので、ダラダラと撤収する。

ただ、今回のサイトのは陽が当たらないので、乾かすのほ到底無理。
ビチョビチョのテントのフライとタープは無理やりビニール袋に放り込んでキャリアに縛り付ける。


20170814_091033_413


20170814_092749_970


なんとかパッキングして、キャンプ場のおじさん、おばさんに挨拶をして出発する。

また秋に来たいのう。

帰りは352号をひたすら走り小出を目指す。
途中、太陽が出てきたので、ほとんど車が通らない道のちょっと広い場所でテント、タープなど濡れた物を乾かす。
日差しが結構強かったので30分弱で乾燥することができました。


20170814_102204_158


20170814_104255_085

20170814_104757_727

P8140081


この国道352、山深い場所を走り好きな道である。
なにより驚くのは、福島と新潟の県境辺りにも人が住んでいる事である。
こんな何もない山奥によく住んでるなと思う。
ほとんど自給自足なんだろうね。

P8140062


P8140071


山道を永遠と走り、やっとこさ銀山平に到着。

20170814_114804_039


20170814_121519_052


P8140087


P8140089


P8140094


P8140096


20170814_123227_028


昨年はここでキャンプをしましたが、蚊が凄くて参りましたw
キャンプ場のおばちゃんは親切で綺麗でしたがw


ここから枝折峠を抜けて小出に出れば本日中に帰宅できそうであるが、急いで帰っても仕方ないので
浦佐、六日町あたりで安い宿を探す。
いつも愛用している浦佐の休憩のあるホテルは満室、幸い六日町で安宿が見つかり1泊2食6000円で
お願いをする。

随分安いなと思った。


宿も確保できたので、銀山平を出発して枝折峠をのんびり抜けて小出も町にやっと出る。

20170814_130245_112


いやぁ~ほんと長い道だし、狭くてカーブミラーがない場所も多いので緊張しました。


小出で三日ぶりにコンビにを見る。
腹ペコなので小出の道の駅で新潟のタレカツ丼を食う。


20170814_140140_040_2


腹が満たされれば良いのでそんなに期待してませんでしたが、普通にウマカッタよ。

なんか雲行きが怪しいので、とりあえず六日町の宿に向かう。


予約した宿に到着して建物を見て、あちゃ~失敗したか~と思った。
なんか町の病院みたいな感じw

20170814_160818_658


20170814_160919_657


まぁ、安いからと思いチャックインする。
宿のJCくらいの少女が受付をしている。

バイクを置いて良い場所を聞くと「おかぁ~さ~~~ん」と呼ぶ。
奥から出て来たおか~さん曰く「バイク置き場はない」と言う。

なんじゃそれ~?と思ったら申し訳ないけど軽自動車枠に置いてくれと言う。
いやいや全然申し訳なくないので、お話をするとバイク乗りの多くは屋根付きのバイク置き場を望んでいるそうだ。
そんな事で「バイク置き場は無い」となったらしい。

私は単純に何処に置けば良いのか聞いただけなんですが、結構屋根付きに拘る人が多いんですね。
まぁ、ワシのはOFF車だから濡れても泥だらけになっても全然OK(笑)

そもそもキャンプ場では、K氏は律儀にカバーをしていたけど、ワシは雨ざらしだったからねw

バイクを置いて部屋に入る。
部屋は1人なのに10畳もあり広々。
でも、テーブルと座布団と小さなテレビがあるだけでスゲー殺風景。
テーブルにあるチラシを見ると「まだ老人ホームに行きたくない方」など書いてあり微妙w


20170814_161926_566


とりあえず風呂に入る。
温泉だし広々としていて快適。
まだまだ老人ホームには行きたくねーなwww


風呂から上がって広間で休んでいると結構農作業帰り(予想)の地元の爺さん、婆さんが来る。
このあたりでは地元の爺さん婆さんに愛されているようだ。

つーか、なんかここが老人ホームみたいなんだがwww


部屋に戻りウトウトしていると飯の時間である。
一泊二食6000円なので全く期待せず食堂へ向かう。

これまた殺風景な食堂だ。
酒類は持ち込み可能なので自販機でビールを買って食卓へ。
お!結構飯は普通に良いでないの。

20170814_180305_081_2


20170814_180312_587_2


20170814_180315_115_2


20170814_180318_992_2


そして美味い。
どうやらこの宿は本館が別の場所にあって、本館は結構高級な宿で、こちらは別館で主に自炊設備のある湯治向けのようだ。
飯は本館から運んで来ているようなので、値段相応に量は減らされているだろうけど味は間違いないと思う。


隣の家族連れも「この宿、コスパいいね!昨日泊まった所よりも全然イイ!!」とか話ている。

なにより美味かったのは、新潟だけあって米。
そして大好きなジャガイモと玉ねぎの味噌汁が超嬉しい。


20170814_180308_572_2


何かと【殺風景】という言葉が頭に浮かぶ宿だけど、かなり気に入ったのだ。
こりゃリピート決定だな!

充実した飯を食い、再度風呂に入って布団に入る。
いやぁ~、殺風景でもお布団最高!
布団で寝れるというのはなんて幸せな事なんだろうか。


2017年8月20日 (日)

桧枝岐の休日 3日目 (8月12日)

いつもの習慣で5時くらいに起きる。


前夜の熱い約束の6時までまだ時間があるのでシュラフの中でまったりする。
そして約束の6時になってもK氏は起きない。


まぁ、昨日雨も降ったので、登山道はグチャグチャだろうし、燧ケ岳は無しだろう。
無理して登るほどの登山好きではないのである意味ラッキーw

とりあえず起きて朝飯を食う。

結局、K氏が起床したのは8時だった。


雨は降っていないので、今日は何するか相談する。
有名な木賊温泉は、キャンプ場の情報ではアブが発生しているとの事でやめる。

そういえば昨年、木賊温泉でアブに襲われてケツを刺されたな。


そんな訳で湯ノ花温泉に行ってみることにする。

キャンプ場のおじさんに今日は燧ケ岳には行かないで温泉巡りをすると話したら、今の時間からでも帝釈山なら登れるという。


さっそくK氏に話すと行ってみようという事になったが、気になるのは登山道の駐車場までがダートで10km以上ある事である。


K氏の愛車、ナンチャッテストリートファイターでは無理な様な気がする。

とりあえず行って見る事になったが、ダートに入って2kmほどでK氏がギブアップw


20170812_102740_405


20170812_102750_715


20170812_102756_954


まぁ、路面状況を考えると無理だろう。

そんな訳で温泉巡りに変更して湯ノ花温泉へ向かう。
この温泉は200円で公共浴場4か所に入れる。

さっそく1日入浴券を買って、まずは「道端の湯」に入る。
無色透明で湯温もちょうどよくて気持ち良い。

20170812_113014_039


20170812_113926_763


20170812_114703_792

次に天神湯に入る。
ここは混浴である。

20170812_115038_017


20170812_120314_961


20170812_115110_905

ドアを開けるといきなり湯船が現れ、服を脱いで道端の湯と同様に一気に入ったら超熱いでないの!
熱湯コマーシャル状態であるw

どうやらバケツで水を入れるようである。
そこそこの温度にして湯に入り、次へ向かう事にする。

しかし、脱いだり着たりが面倒である。
特にGパンだったので面倒臭い。


さすがに喉が渇いたので、近くにあった商店で「いろはすに梨味」で水分補給をして、弘法の湯に入る。
ここは今までの2つに比べると建物も立派で洗い場もある。

20170812_121706_033


20170812_122937_699


湯温もちょうど良いが、さすがにもう長湯はできず、そこそこ入って次に向かう。
とにかく熱い


最後の石湯は道が狭そうだったので、バイクは置いたままにして向かう。
川を渡ると河原に石湯がある。

20170812_124801_593


20170812_124706_660


これは雰囲気サイコー
ちなみにここも混浴である。


大きな岩が御神体のようで、これが建物内にも侵入している。


20170812_123342_759


20170812_123223_051


20170812_123315_993


20170812_123421_477


20170812_124356_228


しかし、ここも熱かった!
しかも川から引いている水の出が悪くて使い物にならない。

すでに立て続けに3つの温泉に入って身体は熱々なので、温泉よりも川の水に入りたい気分である。

そんな訳でおっさん2人が素っ裸で外の河原に降りる。
しかし、結構な激流と石が滑る。
足だけ川に入れたが、冷たくて気持ち良い!

そんな訳で湯ノ花温泉を堪能できました。


ちなみに各温泉に駐車場などもなく、車だとどっかに置いて徒歩で巡るしかないと思う。

ちょうど昼飯時で近くに蕎麦屋があったので入る。
つーか、飯が食えそうな場所はここしかなかった。

20170812_125215_671


20170812_131843_578


できるまで時間がかかったけど、蕎麦も天ぷらもウマカッタ。
特に美味かったのは、蕗に煮物?これ、米と食いたかった。
超山奥ですがオススメです。

さて、温泉巡りと昼食も終わったので桧枝岐へ戻る。
温泉に入ったけど、髪の毛とかを洗いたいので、桧枝岐の温泉に寄る。

しかし、ここは洗い場はあるが、浴槽は露天のみでアブ発生で刺されたよ...

とりあえずサッパリしてスーパーで晩飯を買う。
相変わらず商品がないが、見切り品のマグロの刺身があったので、これとレトルトハンバーグを買う。
ちなみにこんな山奥でサザエが売っていて驚いたし、昨年は長期保存向けのパンしかなかったけど、今回は充実していた。
しかし、牛乳の入荷は2日後だそうなw

なお、K氏は鯵に干物を買っていた。
なぜ山奥でマグロと鯵なんだという突っ込みは無しで。


キャンプ場に戻り、気持ちよくてイスの上でウトウトしていたら飯の時間である。

20170812_185624_313


米を炊いて飯を食う。
K氏はヨコザワテッパンで干物を焼いたり、マルシンハンバーグを焼いたりしている。

ワシはさっき購入したマグロの刺身とレトルトハンバーグ。

20170812_181052_246


20170812_182941_080


20170812_183231_253


20170812_184052_515


今日は本来であれば燧ケ岳に登る予定でしたが、天気予報がハズレて雨も降らず温泉巡りができたので良しとしましょう。

しかし、洗濯物が乾かない…

20170812_174919_477

困った

2017年8月18日 (金)

桧枝岐の休日 2日目 (8月11日)

翌朝、安定の美味さの炊き込みご飯を食う。

本来であればG氏も桧枝岐に行く予定でしたが、この先の天気予報を見て萎えたようでキャンセルするとの事。
まぁ、厳しい縛りがある関係ではなくお気楽な関係なので、この辺は個人の自由である。
いちおうキャンプ場にはキャンセルの電話を入れておいてね!と伝える。


ワシは休みの限られているので、中止ちう言葉はない!
そんな訳で1人で桧枝岐に向かう。

まだ雨は降っていないので、カッパは着ないで、丸沼、中禅寺湖方面へ向かう。
途中から奥鬼怒林道へ入る。


20170811_100302_933


20170811_100014_359


20170811_095937_537


20170811_100523_089


そして川俣湖へ。

川俣湖から桧枝岐へ入るには湖の脇から馬坂林道へ入り、川俣桧枝岐林道を経由すれば近い。
幸い馬坂林道のゲートは開いており、しばし進むが荷物満載でソロ、そして山奥の林道で何かあったらヤバイ。

同じく桧枝岐入りには近くなる県道350号線もあるが、こちらもロングダートで何かあったらヤバイ。

20170811_104227_069


そんな訳で林道経由での桧枝岐入りはやめて、かなり遠回りになるけど、121号線~352号線経由で桧枝岐入りする事にする。

雨は降らず快適に国道を飛ばす。
遠回りであるが、この道はかなりペースが速いので時間的にはこちらの方が早いかもしれない。
やっろこさ桧枝岐に到着

20170811_131112_697


そして仲間内でソ連の国営マーケットと言われているJAスーパーに寄り14時前に桧枝岐のキャンプ場に到着。

Uz7mfpegetx8lcxhc0obros7_bxc1gyijum

20170812_080031_423

キャンプ場のおじさん、おばさんに挨拶とG氏のドタキャンをお詫びをする。

こっぴどく怒られたぞ、ゴルァ!次回行ったら謝っておくように!>G氏


場所を案内して頂きテントを張る。
今回は連泊なので、久々の大きめのユニフレームにソラツアーというピンクのテントである。
張り方を忘れて少々手間取ったけど、設営完了。

20170812_070531_388


20170811_142907_283


20170811_142938_078

とりあえず、まったりしていると雨がパラついてきたのでタープを張る。

20170812_070610_609

そして雨と共にK氏が登場。
ほんと、今年は雨男だなw

20170811_173224_331


20170811_173203_412


20170812_070454_647

K氏が登場したこの時が、今回のツーリングで一番雨が降ったと思うwww
K氏は雨の中設営をして、桧枝岐唯一の国営マーケットに買い物へ行った。

その後、雨も上がりタープの下で晩飯。
しかし、今晩はなんか昨晩の飲み過ぎで食欲もなくソーセージとかチーズを適当に食ってテントへ。
明日は燧ケ岳に登る予定で、寝る前にK氏から「明日は6時起きな!」と言われて釘を刺されたのであった。


2017年8月16日 (水)

桧枝岐の休日 1日目 (8月10日)

今日から夏休みである。


今回は昨年行って快適な気温で過ごせた、福島県の桧枝岐でのんびり連泊する事にしました。


今までキャンプの連泊と言えば2泊が最高でしたが、今回は3泊してみることにします。
ちなみにこの時期はピークなので2ヶ月くらい前に予約しときました。
どうやら1ヶ月前にはキャンプも満員になったようです。

一気に桧枝岐へ向かうのも遠いので、いつもの老神温泉の「ぎょうざの満州東明館」で一泊してから向かう事にする。

朝は霧雨で行く気が萎えて来るが、休みは限られているので、中止という言葉はない!
カッパを来て出発!

ちなみに今日から同行するG氏からは天気予報がー!、雨がー!とチキンならではの連絡が来るw
個人的には天気予報より明日から合流でする本年最強の雨男K氏の方がキニナルのだ。

途中の嵐山あたりで雨も上がり蒸し蒸しで不快だったカッパを脱ぐ。

20170810_110848_898


20170810_110906_383

この時期のカッパは辛いっす。
長野に向かうバイク乗りとしばしお話をして出発。


沼田まで高速で行って、時間も早かったので利根沼田望郷ラインへ寄ったり、花咲の湯の近くにあるダートを少し見て、東明舘の自販機にはモルツしかなく、最近濃いホンモノのビールがキツイので途中で発泡酒を買って東明館に戻る。


20170810_132738_643


20170810_132746_484


20170810_132634_150

今回、一緒に行くG氏も到着し、温泉に入って飯を食う。


20170810_173851_760


20170810_174003_914


20170810_174300_336


しかし、なんかスーパー酎ハイを飲み過ぎたようで部屋に戻って速攻でダウンの1日目でした。

ちなみにT氏と戦った卓球場は、前日の大雨で雨漏りがして使えなかったのだ。

G氏をギャフンと言わせる予定だったのに残念である。

2017年5月29日 (月)

セローのタイヤ交換(備忘録)

セローを購入してから約2年で11000km
さすがにタイヤの交換時期。


前輪はほとんど山はなくなり、後輪は山はまだ大丈夫だけどブロックが
ヒビ割れている。
つーか、カブも前輪の方が減りが早いし、どうやら前ブレーキ使いすぎみたいだ。

さて交換したタイヤは純正装着と同じ

ブリジストンのTW301/TW302

ダンロップとIRCのほぼ同じタイプのタイヤも考えましたが、今のタイヤに慣れていて
とりあえず不満も無いし冒険するのが怖いので同じ物にしました。

私、意外と手堅いんですw


聞くところによると6月からタイヤの値上げがあるようなので、ジャストタイミング。
交換はセローを買ったお店でお願いしました。

Img_2238


Img_2261

同じタイヤなので、変化も特になく至って普通。
でも、白茶けたタイヤから黒いタイヤになってなんか嬉しいものである。

Img_2263


また、10000kmは持って欲しいニャ!
次はカブのタイヤも交換ニャ~ン!


Img_2242

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

より以前の記事一覧