2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      

Blogのお仲間


ツイッター

ブログ村

無料ブログはココログ

おやぢの遠足

2018年2月21日 (水)

行くぜ!冬の東北! ~花輪線 ~

◇2月12日(月)◇

さて、最終日。

宿から駅まで雪が深々と降る中。
駅を目指してトボトボ歩く。


Img_4348

Dsc07412


7d477702bc84441097db43b88be04195


20分ほど歩いて弘前駅に到着。

今日はRさんご希望の花輪線乗車である。

花輪線は秋田の大館から八幡平、安比高原を通り盛岡に向かう列車である。
鈍行列車で3時間かかるようだw
寝る鉄のワシとしては、昨晩の寝不足を補えそうである。

弘前から大館に向かう。

とりあえず、停車していた列車で撮り鉄の練習w

Dsc07433


Dsc07438


Dsc07436


Dsc07430

Dsc07452


Dsc07457

結論!
列車の写真は野良猫より難しいw

秋田行きの列車に乗り、1時間ほどで大館駅に到着

Img_4351


大館で少し時間があり、一服していたらNさんに「秋田犬ふれあい処」ってのがある事を教えて頂く。
ただ9時からで、なおかつ月曜日は休みのようだ。

駅の外で一服してマッタりしていたら、秋田犬らしき犬を連れた女性が、「秋田犬ふれあい処」に入っていった。
月曜だけど祭日なのでオープンするのか?

まだ9時になってないけど、駄目元で入って、写真だけ撮らせてもらえないかお願いしてみる。

後から秋田犬ふれあい処のWEB見てみたけど、出勤表とかあって笑った(笑)

で、入店(入室)すると嬢(ワンコ)がこっちに尻向けて、お仕事前のおやつを食っている。
今日の早番の出勤は「あこ嬢」との事。
「飛鳥嬢」は午後かららしい。

おやつに集中して、こっち向かないので、女性がおやつを取り上げ、わざわざこっちに向くようにしてくれた。

Dsc07467

Img_4358

Dsc07472


Dsc07473


Dsc07477


そんな訳で撮れた写真は、突然おやつを強奪されて悲しい顔をしている「あこ嬢」と相成りましたw
せっかくこっち向かしてくれたんだけど。写真は失敗でちょっと残念。

しかし、むちゃ可愛いくてたまらんかったです。

おやつ中、すんませんでした>あこ嬢
また、オープン前なのに写真を撮らせて頂きどうもありがとうございました。

今度は時間の余裕のある時に来て、もっとゆっくり写真を撮りたいなぁ

急いで駅に戻り、Nさんに今なら急げば、嬢の写真を撮れる事を伝える。

そして花輪線に乗車。


Dsc07479


Dsc07485


Dsc07492

花輪線の車窓だが、外は真っ白だし、窓も凍り始めて外があまり見れないので暇になる。
そんな訳で昨晩の寝不足もあり、ウトウトとする。


Dsc07508


Dsc07511


安比高原で結構お客さんが乗ってきて立っている方も多くなる。

そして、盛岡に到着。

ちょうど昼飯時だ。
今回は各自好き勝手に食う事にする。

ワシは、いつもの様に食に拘りはないし、面倒なので最初に目に入った松屋で済まそうと思ったのですが、思い直してその対面にあるラーメン屋に入る。

まぁ、たいして変わらんがw

Dsc07526

Img_4376


先客は昼時なのに1人。
ちょっとやっちまった感に襲われる。
とりあえずラーメンと焼き飯のセットを注文。

しばらくして着丼。

Img_4369


Img_4368


Img_4371


ここのラーメン、スープが黒いし。チャーハンも黒い。

さすが、東北は濃口なんだなと思ったけど、意外とサッパリして美味かったよ。


食ってる途中からお客さんが続々と来だし、待ち客も。
小さな店とはいえ、おばちゃん1人でやってるようなので大変そうだ。

満腹になって店を出る。
関東じゃ食えない味だったので、満足、満足。

まだ、新幹線まで時間があったので、駅周辺を散歩


駅前にいる鳩は、地下街からでる排気で暖を取っている。


Dsc07519

Dsc07531

Dsc07533


そんな中にスズメも


Img_4380

また、雪の中何かの取材もしていた。


Dsc07541


Img_4383

そして、盛岡名物の福田パンとカモメの卵を買って盛岡から新幹線に乗ってバビューンと帰宅し今回の旅を終えました。

Dsc07564


今回も内容がいろいろと盛りだくさんで楽しめました!

Rさん、Nさん、Tさん、どうもありがとうございました。


【今回使用したカメラ】

◇SONY RX100
◇iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年2月19日 (月)

行くぜ!冬の東北! ~弘前公園の灯篭祭り~

◇2月11日(日)

翌日、朝雪の降る中、散歩と一服をしていたら犬の鳴き声がする。


Img_4192


すると雪の中からワンコ出現!


Dsc09210


Dsc09216


Dsc09222


Dsc09226


Dsc09251

Img_4202


Img_4231


これも宿に犬で猫と同様外飼いである。
主人曰くアイヌ犬の血を引いてるそうだが、歳のせいか年々毛がすくなくなってしまったとの事。

しかし、猫も犬も強いなw

朝飯を食い、とりあえずレンタカーを返し、大湊駅へ行く。


Img_4183

心配していたこともなくニコニコしながら返却する事ができました。


そしてとりあえず大湊駅へ

Img_4242

Dsc09274


Dsc09275


Dsc09279


今日はTさんご希望の弘前灯篭祭りがメインである。

大湊から野辺地へ向かい、野辺地から青森へ。


Img_4305_2


Img_4319


Img_4326


青森ではTさんオススメの食堂「おさない」で昼飯を食う。
名物がホタテなのでホタテフライ定食を食う。

Img_4330


Img_4308


Img_4306


Img_4312


フライなのにメニュー醤油で食うのを勧めていたので、醤油で食ったけどサッパリして確かに
ソースで食うより美味いかもしれない。

満腹になった一行は、青森から弘前へ向かう。

弘前の宿は駅からそこそこ離れているので、バスで宿へ。
コミュニティバスみたいな感じでエラク遠回りをして宿に到着。

今晩の宿は地元の百貨店の上にある温泉施設と併設の宿である。
荷物を下し、少し休んでタクシーで弘前公園へ行く。

タクシーの運ちゃん曰く、弘前の灯篭祭りの雪は、岩木山から持ってくるそうだ。
そもそも弘前はあまり雪が積もらないらしいが、今年は特に少ないそうだ。

そして弘前公園へ
祭りなので人もそこそこ多いが大混雑という感じではない。

写真を撮るがストロボ、三脚を使っていないので夜間の撮影は難しい。

Dsc09297


Dsc09319


Dsc09320


Dsc09330


Dsc09350


Dsc09362


Dsc09379


Dsc09384


Dsc09386


Dsc09405


Dsc09409


Dsc09412


Dsc09417


Dsc09419


Dsc09425


Dsc09428


Dsc09439


Dsc09446


Dsc09449


Dsc09463


ところで、弘前城ってもっとデカイと思ったんだけど、意外と小さいんですね。

ライトアップされた弘前城、いろいろな灯篭を見てタクシーで宿に戻る。

晩飯は、「カレーが食いたい」という強固なリクエストがあったので、宿の前のインドカレー屋へ


Img_4345


Img_4343

最近多い、ネパール方面の方がやっているカレー屋でしたが、お値段もリーズナブルで美味かった。

宿に戻り、風呂に入って寝転んでいたら知らず知らずに寝てしましました。

ただ、夜中に隣で寝てる方の爆音鼾で起こされる。
こうなると気になってなかなか寝付けない。

マジで殺意が湧いた夜でしたw
次回からは耳栓必須だな。


◇SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
◇SONY RX100
◇iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年2月16日 (金)

行くぜ!冬の東北! ~薬研温泉「民宿あすなろ」~

◇2月10日(土) Part2◇

寒立馬を堪能して、アタカ放牧地を後にして宿へ向かう。


途中には厳重警備な使用済み核燃料処理施設があった。
福島の原発もそうだけど、嫌がる物を地方に押し付けているようで微妙な気分になる。
そう言えば、ずっと昔、原子力船「むつ」という嫌われ物の船があったが、このむつ市が母港だったんだなぁ。

閑話休題

さて、今日の宿は薬研温泉にある「民宿あすなろ」です。
楽天トラベルでは、ほとんど予約が入っておらず、これまた別の意味の地雷臭プンプンの宿ですw

でも、こういう宿好きです。

到着すると、宿の外観はお世辞にも綺麗とは言えないが、良い雰囲気。

Dsc09202


Dsc09203


Dsc09206

室内も古いけど全然問題無しで拍子抜け。

ただ部屋から一歩出ると館内暖房ではないので猛烈に寒いですw


Img_4171


Img_4179

とりあえず、一息ついてから宿周辺を散歩するが、人の気配ナッシング。


3c313ae742844f0d94dff01a7f785862


9c162f240fae40ba99f26d177156222b


72f970a1dfdb414c9ad274a8c0cad9ad


73e839abd89f4eaa8c0de3b3edc03854


872852d40de5459b8ae48d47d1b1c996


Dsc09185


Img_4104_2

宿の主人の話では今晩、なにやら若者のイベントがあるらしい、巨大かまくらへ入ってみるがなんとも怪しいw

Dsc09192


Dsc09193


Dsc09194


Dsc09195


Dsc09197


Dsc09198


お香の香りがして、なんだかいけないパーティーが始まりそうな雰囲気でしたwww

そんな訳で早々に宿に戻り風呂に入る。

Img_4177


Img_4178


Img_4108


Img_4174


風呂は24時間源泉かけ流し、湯船は小さいけど空いているので気持ち良い。
かまくらのイベントの若者も入っていたけど、すぐに「ど~ぞ、ど~ぞ」と場所を譲ってくれました。
いけないパーティーなんか想像してスンマセン m(_ _)m

風呂上りに食堂というか玄関で一服していたら屋外でニャーニャーと猫の鳴き声。
これは確かめねばなるまい。

Img_4129


Img_4131


Img_4134


Img_4132


Img_4140


Img_4139


扉を少し開けると狸みたにモフモフの猫がいる!

こりゃ、めちゃ可愛い!
母屋に入りたそうだが、入ってこない。

後から主人の聞いたらこの猫は、真冬でも外飼いだそうだ。

ただ、居る場所は温泉の配管がある場所らしく、寒い玄関とか館内にいるより快適なんだそうだ。
普段はそこに居て、食事(魚)の匂いがすると玄関前で鳴きまくるらしいw

そして、晩飯。

今回は青森名物の貝焼き(貝の上で魚介類を焼く?煮る?)、煮魚などの基本メニューに「せんべい汁」と「鮭とイカのチャンチャン焼き」をそれぞれ2人前付けました。


Img_4152

Img_4147

しかし、とても2人前と思えない量。

これはきっと行きがけに宿へのお土産として買った、ウマイ!ウマ過ぎるの埼玉銘菓「十万石まんじゅう」の効果であろう。

ちなみにワシ、十万石まんじゅうを食べた事はない。

ほんとにウマイの??


Img_4141


Img_4142


Img_4143


Img_4146


Img_4151


Img_4155


Img_4159


A3f56442a7fe4b0c8d70768b1b7ef818

途中、チャンチャン焼きで使っていた、ニトリ製陶器の鍋が割れるアクシデントが!
もったいないので、中身をそのまま鍋を入れ替えてくれれば良いと言ったのに、わざわざ作りなおしてくれました。


ところでここのご主人、具志堅用行にちょっと似てる。
しかも同い年という事で「太陽にほえろ!」などの話題で結構楽しかった。

行く前は地雷臭満々でしたが、とても良い宿でした。
地雷臭なんて言ってスンマセンでした。

夏はライハもやってるとの事なので、夏も行ってみたいけどセローで下北は途中で力尽きそうw


満腹になり、一服するために外に出ると、もう猫はおらず雪が深々と降っておりました

Img_4160


Img_4163


Img_4165


いやぁ~、こういう民宿好きだなぁ

【今回使用したカメラ】

◇SONY RX100
◇iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


2018年2月14日 (水)

行くぜ!冬の東北! ~尻屋崎の寒立馬~

◇2月10日(土) Part1

以前から見に行きたかった冬の尻屋崎の寒立馬。
本州の北の外れ、なかなか気楽に行ける場所ではないですが、今回やっと行く機会を得る事ができました。

今回、ご一緒して頂けるのは、いつもの旅仲間のRさん、Nさん、Tさんです。


大宮から新幹線に乗車。

しかし、3連休の初日、函館行きの新幹線も混んでいたが、対面に止まっていた金沢行きはラッシュ時の埼京線よりも混んでいてビックリしました。


Img_4043

新幹線で八戸までバビューンと向かい、ローカル線に乗り換えて下北駅を目指します。
しかし、新幹線は速いのう。

Img_4266

さて大湊行の列車、たった1両編成で結構混雑しているし、車内は混んでるせいか暑い。

同席のカップルの会話が嫌でも耳に入る。
どうやら、彼女の実家に彼氏が「娘さんを私に下さい」と挨拶に行くようだ。
彼女は積極的に地元の話をする。
例えば「むつ市」は日本で初めてひらがなの市の名前になったそうだ。
「さいたま市」なんて遠く及ばないらしいw

そんな話をしているが、彼氏は完全に上の空って感じ。
たぶん緊張してるんだろうなw

そんなこんなでやっとこさ下北駅に到着。

駅ではレンタカー屋さんが迎えに来てくれていてガソリンスタンド兼事務所へ向かう。
今回は値段に負けてニコニコレンタカーである。
ネットでの噂は散々で、全然ニコニコじゃないらしいので少々心配である。


Img_4045

しかし、噂の様にオンボロ車ではなく、綺麗な車。
しかも4WDで当然スタッドレス付(ブリヂストンのブリザック)これなら安心である。

とりあえず昼飯を食いに近くにあった寿司屋に行く。


Img_4047

値段の割には豪勢で美味かったよ。


Img_4052


Img_4051


Img_4050


そしていよいよ寒立馬を見に行く。
夏は尻屋崎周辺で放牧されているが、冬場は餌がないので「アタカ放牧場」という場所に集められて
放牧されている。


Dsc08733


Dsc08735

Dsc08736


Dsc08738

さっそく牧場に入ると、地雷だらけww
馬がデカイので地雷の大きさもハンパない。

最初は避けていましたが、そのうち避けきれないので、気にしなくなっちゃいましたw

牧場内では大きな馬が雪の無い部分の草を一生懸命食っている。
最初はデカくてビビったが、人間慣れしているのか自分から顔を寄せて来たり、全然気にしないでマイペース
の馬ばかりである。
よく馬の後ろに行くと蹴られると言いますが、そんな事もありません。

やっと憧れの地に来たので写真を撮りまくる。


Img_4445

2時間程度の滞在でしたが、写真を400枚以上撮ってしまいましたw

さすがにまだ整理できていないので、一部だけ公開。


Original_fb3ebf151c18aebbec3296ee92


Original_42d2fe7a2f09a1fb470e95d4ee

Original_00892197dd7858826c3f083c_4


Original_7896b8ee0354314f1a4ec3dda4


Original_6a0ab8ab4f1ec4749a864495fe


Original_b74be097edd0cfad87524f214d


Img_4053

Lrg_dsc08896


Original_619f862c49fab87245a90bb421


Original_2190bfed238c09b9abcd828607


Original_6939e94cb09bd6604a750eb91a


Original_f4e4c39ff3c26b5391f3eb7fb4


Img_4065


Original_b23ca99da727b89be349b051a3

Original_fddf60c6519f8185c674d67be7

Lrg_dsc09114


自分のイメージでは吹雪の中をジッと耐え忍ぶ馬って感じでしたが、今回はだいぶイメージとは違いました。
まぁ、天候ばかりは仕方ないです。

やっぱ動物の写真は楽しいのだ。
ここに1人で来ていたら平気で1日中いたと思う。

また、是非来てみたいけど、おいそれと簡単に行ける場所でないのが残念である。

【今回使用したカメラ】

◇SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
・SONY E 55-210mm F4.5-6.3 OSS
◇SONY RX100
◇iPhone7 Plus

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村


2018年1月28日 (日)

川越散歩 ~喜多院周辺~

「みどりや」でやきそばを食べてとりあえず帰路に着きます。

帰路は達磨で有名な喜多院に寄ることにする。

途中で写真を撮りながらテクテクと歩く。

Dsc08525


Dsc08528


Dsc08531


Dsc08533


Dsc08542


Dsc08545


Dsc08554


Dsc08556


Dsc08562


Dsc08578


Dsc08588

途中の魚屋のトロ箱には、魚じゃなくてなぜかカップ麺だったりw


Dsc08564


Dsc08563


今はあまり見かけなくなった金物屋があったり


Dsc08566


Dsc08567


Dsc08568


なかなか面白い。

そして喜多院に到着。

Dsc08595


Dsc08597


Dsc08599


Dsc08602


Dsc08601

まだ初詣客なども多く予想外に人が多い。
せっかく来たので初詣をして、川越駅へ向かう。

西武線の本川越駅から川越駅に向かう商店街は人も多く活気があります。
昨今、商店街が軒並みシャッター通りになってしまっている状態なので珍しい。

思うに川越の観光地と言われている場所は駅からそこそこ離れている。
そして、ほとんどの人がこの商店街を歩く事になるのが、この活気を維持しているもかもしれません。

今回、川越を改めて歩いてみましたが、まだまだ裏路地とかに面白そうな場所がまだまだありそうなので、機会を見つけて再訪してみたいと思いました。

まぁ、再訪と言っても近いんですけどね(笑)


【今回使用したカメラ】

・SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月26日 (金)

川越散歩 ~みどりやのやきそば~

まるひろ百貨店の屋上遊園地、戦前から残る花街の弁天横丁を訪れた後、裏通りをテクテク散歩しました。

ちょうど小腹が空いてきた頃、やきそばの看板を見つけました。

どうやら駄菓子屋の奥に食べる場所がある駄菓子屋兼やきそば屋のようです。

Dsc08506_2


屋号は「みどりや」

なかなか入るのに勇気が要りましたが、思い切って入店。
中ではおじいちゃんとおばあちゃんがストーブに当たっておりました。

やきそばができるか聞いた所、大丈夫との事なので席につく。
おばあちゃんが寒いでしょとしきりにストーブの前を勧めてくれる。

店内にはいろいろな色紙があり、結構取材が多いようだ。


Dsc08509


Dsc08511


Dsc08512


Dsc08513


Dsc08514

とりあえず、やききそばの大を頼む。

おじいちゃんとおばあちゃん2人で厨房らしき場所に入りやききそばを作る。
仲良しの老夫婦だ。

ほどなくして、やききそばがきた。

Img_3316


Img_3320


そもそも駄菓子屋の子供向けのおやつ代わりのやききそばなので、こんなものであろう。

特徴としては麺がかなり太い。そしてソースの味も濃い。

おばあちゃんと話をしながら食べる。
まぁ、見ての通り「大」でも量がそうでもないので、あっという間に平らげる。

おじいちゃん、おばあちゃんに「ご馳走様!」と言い、「気をつけて!」と見送られ店外へ出る。

Dsc08517


Dsc08520


写真を撮っていたら家族連れらしき5人位が店の中に吸い込まれた。
果たしてあの老夫婦であの人数分を作れるのであろうかと要らぬ心配をしてしまった(笑)

昔はこういう駄菓子屋は結構ありましたが、最近はもう見なくなりました。

おそらく老夫婦もかなりの高齢で大変そうだったので、あのやきそば屋がなくなってしまうのも近いかもしれない。

でも、身体が動く限り続けて欲しいなと思った。

【今回使用したカメラ】

・SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
・SONY E 10-18mm F4 OSS
・iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月24日 (水)

川越散歩 ~弁天横丁~

前回は子供の頃の懐かしい屋上遊園地について書きましたが、今回は大人の話。

川越は週末になると結構観光客が集まります。
小江戸と称して古い町並み風の光景が人気のようです。
個人的には電線が無いのは良いけど、作られた古い町並みは好きではないです。


Dsc08434


Dsc08439


Dsc08443


Dsc08454

有名な「時の鐘」も「札幌時計台」には負けるけど、観光地ガッカリスポットだと個人的に思っております。

でも、そんな川越にも本当に古い町並みも残っています。

それは「弁天横丁」

札の辻の交差点の近くにあり、メインの通りは観光客で溢れていますが、弁天横丁は余程注意していないと気が付きません。

入口には飲み屋のアーケードらしきものがありますが、まったく華やかさはありません。
そもそも飲み屋もない。


Dsc08456


この弁天横丁は戦前からある花街らしかったようですが、現在は置屋もなければ当然ながら芸者もいません。

路地に入ると、想像以上の廃れっぷりに驚く。

それらしき面影のある建物はありますが、更地になってしまっている所も多い。

Dsc08458


Dsc08459


Dsc08461


Dsc08464


Dsc08465


Dsc08470


Dsc08472


Dsc08474


Dsc08480


Dsc08483


Dsc08488


Dsc08493


Dsc08497


Dsc08502


Dsc08504


Dsc08505


建物も人が住んでいるのかいないのか解りませんし、明らかに住んでいない建物は崩壊寸前です。

ちょいと大通りに出れば観光客だらけの通り、しかしここは別世界。
この差が凄い。

恐らく観光地に近いので、この辺りも再開発で消えてしまうと思う。
つーか、いままで残っていたのが不思議。

見どころらしき場所はありませんが、完全になくなる前に見れて良かったと思った。

今度は、別の場所に残る「赤線」跡に訪れてみよう。

【今回使用したカメラ】

・SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
・SONY E 10-18mm F4 OSS

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月22日 (月)

川越散歩 ~まるひろ百貨店~

私は川越の近くに住んでいますが、川越をじっくり訪れた事はない。
いちおう埼玉では観光地の様ですが近くだとなかなか行かないものである。
そんな川越を歩いてみた記録です。

デパートの屋上にある遊園地や大食堂に行くのが楽しみだった事は同年代であればきっとあったはず。

特にデパートの大食堂での旗が立っているお子様ランチ、そして売店でのアメリカンドッグやソフトクリームは、私の幼少時代はめったに食えないご馳走でした。
また、10円を入れると数分動く遊具なども楽しみでした。

もう何年もデパートの屋上なんて行った事なかったけど、埼玉ローカルの「まるひろ百貨店」川越店に懐かしい光景が残っていると聞いたので行ってみる事にしました。

デパートなんて久しぶりに入ったけど、結構お客さんがおりました。

とりあえずエスカレーターで屋上を目指す。

すると屋上にはペットショップがあった。
そういえばペットショップもよく屋上にあり、金魚や亀を親にねだった記憶が蘇る。

残念ながら大食堂や売店はなかったけど、屋外に出る。

Dsc08423


Dsc08426


また、デパートの屋上によくあった神社?と懐かしい遊具があった。

Dsc08401

なぜ神社(祠)があるんだろうか?


キャラクタは今風の物ではあるが、電動カートなどがある。

Dsc08399


Dsc08420


そして、なるひろ百貨店の目玉!

それは観覧車。


Dsc08406


Dsc08409


Dsc08414


Dsc08419


Dsc08418

Dsc08416

こんな観覧車がデパートの屋上で残っている事に驚愕。
もちろん動いており現役です。

そしてこれらの遊具を囲むようにモノレールがありました。

Dsc08424

Dsc08412

これは訪れた時に動いていませんでしたが、まだ現役なのかな?

そもそも最近は遊園地自体も少なくなり、ほとんどがテーマパークと言われるものばかりになってしまいました。

特にデパートの屋上にある遊園地は、ほぼ絶滅ではないだろうか。

今回は開店直後に行ったので、実際に乗ったりしてる子供の姿はみませんでしたが、併設しているゲームセンターはそこそこ親子がいました。

そんな光景を見て、今の子供は遊具よりもゲームなんだなぁ~と思った。

どの程度、利用されているのかわかりませんが、今後も残って欲しい光景でした。

しかし、観覧車に乗ってみたかった…


【今回使用したカメラ】

・SONY α6000
・SONY Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA OSS
・SONY E 10-18mm F4 OSS

にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月20日 (土)

銚子へリベンジしてきたどぉ~

1月7日

本来であれば、昨日は銚子、本日は下仁田へ行こうと思っていましたが、まさかの架線凍結で予定が砕かれ散々でしたw

そんな訳で下仁田はいつでも行けるので、銚子にリベンジしてきました。

昨日と同じ様な列車に乗り、車内で運行状況を確認すると本日は大丈夫そう。
千葉には8時頃に到着し、少し時間があるので構内にあった「カワシマパン」でタマゴサンドとコロッケパンを食う。

後から調べたらカワシマパンのコッペパンは千葉では有名なんだね。
確かにコロッケパンはウマカッタ。

千葉から銚子行に無事乗車。
長閑な景色の中を進むが、銚子まで遠い…マジ遠い。
こんなに遠いとは思わなかった。

Dsc08074


Dsc08072


銚子からは銚子電鉄に乗る。

Dsc08076


Dsc08078

Dsc08079


銚子電鉄はローカル私鉄でノロノロ外川を目指して進む。
7km弱を20分くらいなので、本当にゆっくりである。

犬吠駅で半分くらい乗客が降り、終点外川駅に到着する。


Dsc08127


Dsc08096


Dsc08101

ほとんどの人は折り返しで銚子方面に戻るようである。

この駅には古い列車が保存されていたので写真を撮る。


Dsc08107


Dsc08115


Dsc08106


Dsc08145


Dsc08147


列車も折り返しで銚子方面へ発車した後の人の引いた外川駅に戻る。

Dsc08149


Dsc08153


Dsc08154

Dsc08158


Dsc08161


Dsc08162


Dsc08164


Dsc08165


Dsc08167


Dsc08174


外川駅で写真を撮りを¥出発して港へ向かう。

Dsc08177


Dsc08179

いやぁ~、久々に港とか海の近くに来たよ。

Dsc08182


Dsc08185

Dsc08190

なにせ埼玉には海がねーし。

港では爺さん、婆さんがなんか採取していました。海苔かな??

Dsc08194


Dsc08195


Dsc08202


Dsc08205


ちなみに外川には有名な犬若食堂があるけど、人気があるそうで並ぶのが面倒なのでヤメました。
並んで食うのは嫌いなものでw

しばし写真を撮ってから外川駅に戻り、今度は銚子電鉄沿いを銚子目指して歩く。

Dsc08207


Dsc08208


Dsc08210


テクテク歩いているとさっきの列車が銚子から引き返してきました。


Dsc08212


なんつーか、絶望的にヘタクソだなw


そして犬吠駅に到着。
犬吠埼への玄関口だけあって立派な駅である。


Dsc08219


Dsc08222


そして観光客も多い。

次は君ヶ浜駅を目指す。

またまた、さっきの列車は今度は外川から戻ってきたw


Dsc08228


やっぱ、ヘタクソだw

そして君ヶ浜駅に到着

Dsc08232


君ヶ浜駅には猫駅長がいるとの事で期待して行きましたが、どうやら猫駅長は亡くなってしまったようだ。
その代り2匹の猫がいたので、しばし遊んでやる。


Dsc08235


Dsc08250


Dsc08253


Dsc08254


Dsc08260


Dsc08274


Dsc08281

猫の写真がいっぱい撮れて満足。

Dsc08290


Dsc08292


Dsc08293


Dsc08295


Dsc08298


Dsc08299


Dsc08300


Dsc08309


Dsc08315


猫に遊ばれた後、次の海鹿島駅を目指す。

Dsc08317


Dsc08318


Dsc08319


Dsc08320


Dsc08322


Dsc08323


Dsc08324


Dsc08325


しかし、この辺りはキャベツ畑が多くなんとも良い雰囲気である。

海鹿島駅から西海鹿島駅を目指す。

Dsc08346


Dsc08353

時計を見ると、そろそろ終わりにしないと帰宅時間が遅くなりそうである。
猫と遊び過ぎたかもしれん。


Dsc08357


Dsc08358


そんな訳で次の笠上黒生駅で今回の徒歩散策は終わりにする事にする。

そうそう、この銚子電鉄の駅にはサブネームが付いている。


Dsc08361


Dsc08362


Dsc08364


Dsc08367


Dsc08370


Dsc08371


Dsc08373


Dsc08379


Dsc08383


「笠上黒生」は「髪毛黒生」である。
なにやら意味深な名前だw

この駅には駅員さんがおり、銚子までの切符を買う。


Img_3206

いまどき珍しい切符で嬉しいし懐かしい。

しばらくすると列車が到着して銚子へ戻る。

Dsc08387


Dsc08395

結局、歩いた距離は10kmほどだった。

次回は笠上黒生駅から銚子駅まで歩いてみようと思う。

銚子で少し時間があったので外に出てお土産にぬれ煎餅を鯖寿司を買う。


Img_3232

鯖寿司は晩飯にしよう。

てか、朝千葉でカワシマパンで食ってから何も食ってないや。
(結局、帰宅するまで何も食わなかった)

帰宅して広げた鯖寿司はこんな感じ。

Img_3235

期待マンマンの鯖寿司は美味かったけど、自分的には小僧寿しのバッテラの方が好きだなw

なんとも安上がりな舌である。

前日はグタグタでしたが、今日は大満足の1日でした。


これで年末に買った18切符を使いきりました。


Img_3263

ざっくり計算して約倍の23000円分くらい使ったので、良しとしましょう。

しかし、さすがにこの歳になると鈍行列車のみの旅はキツイのう。


【使用したカメラ】

・SONY α6000+Vario-Tessar T* E 16-70mm F4 ZA、E 55-210mm F4.5-6.3 OSS


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村

2018年1月19日 (金)

結果的に千葉にとんカツ弁当を買いに行っただけの話

1月6日

年末に使用した18切符が2回分余っている。
すでに元は取ったけど、なんとなくもったいない。
過去にも消費しないで期限切れになっているので、今回は使い切ってみようと思い、せっかくなのでなかなか行く機会がない千葉方面に行って見る事にしました。


相変わらず早朝に自宅を出て武蔵野線に乗る。
目的地は銚子の先にある外川の港である。

武蔵野線でYAHOOの列車運行状況を見ていたら、千葉県内の各方面の列車は架線凍結で遅延が発生しているようだ。


Img_3118


まぁ、遅延ならなんとかなるべと気楽に思い西船橋で総武線に乗り千葉へ到着。
時間があたので千葉駅の外に出てみる。
千葉駅で降りたのは、多分生まれて初めてである。

まぁ、駅の外に出ても面白い場所がある訳ではなく、一服して駅に戻る。


次の銚子行きは8時39分なので、以前から食べてみたかった千葉駅名物?万要軒の「とんカツ弁当」を購入。

値段は500円である。
今時、500円の駅弁なんか全国津々浦々残っているのであろうか?

そのとんカツ弁当、なんともチープな絵柄と油断して持つとぶちまけそうになるペナペナのプラ容器に入っているのがが素晴らしいw

隣に少しゴージャスな「ジャンボとんかつ弁当」もあったので惹かれたが、今回は普通のにしておく。


Img_3124


外川に到着したら港で海を眺めながら食おうと期待で胸が膨らむ。

しかし、千葉からの各方面の列車が軒並み遅れているようで、次に乗る列車も発車時間が未定とアナウンスされている。

今回、外川から銚子電鉄沿いに銚子を目指して歩こうと思っておりましたが、鈍行列車の旅で銚子近辺に滞在できる時間が限られてるのでだんだん不安になってくる。


ホームに降りても発車時間未定の列車や大幅遅れで到着する列車ばかり。


1時間弱待ちましたが折り返しで千葉駅発銚子行になる列車さえ到着しないし到着時間も未定らしい。

トイレに行ったついでに先程の弁当売り場に行って、衝動的に「ジャンボとんかつ弁当」を買うw
600円でこちらは少しマシな容器(でもチープ)で全体に重い。
さすがジャンボと謳うだけある。

このまま千葉で足止めを食っているのも時間の無駄と判断して、折り返し横須賀行の列車が来たので乗り込む事にする。

これも発車時間は未定だそうだ。


なんとなくヤケになり、先程買った「とんカツ弁当」を食いたくなったが、普通車で弁当広げて食う雰囲気ではないし勇気もない。
そんな訳でグリーン券を横須賀まで買ってグリーン車で弁当を広げる。


Img_3128


いやはやなんともチープな弁当である。
今の時代、こんな駅弁が残っている事に驚く。

つーか、コレ
どんな層に需要があるんだろうか??


Img_3134


Img_3140

味は…
まぁ、多くは語りませんw

昔、ニュートーキョーでよく食った「紙カツ」みたいな感じ。
でも、正直言ってそれよりも劣りますw


横須賀行は乗車してから30分後くらいに発車。
乗り込んだ時は房総の海が見れなければ、横須賀の海だ!と思っていましたが、なんだかテンションもダダ下がり、面倒になってくる。

そんな訳で品川で降車して京浜東北線で御徒町で下車。

Img_3146

なんとなくモンベルの店を見たけど欲しいものなく、再度京浜東北線で南浦和で武蔵野線に乗り換えて帰宅となりました。

なんともグタグタした行程で、千葉にとんカツ弁当を買いに行ったようなものでした(笑

ちなみに、「ジャンボとんかつ弁当」は晩飯で食いましたが、これまた味については多く語らずですw

Img_3152


Img_3158


Img_3162


でも、いつまでも残って欲しい駅弁であるのは確かです。
千葉という都会?でこんなチープな駅弁自体が残っているのが奇跡ですからねぇ!

でも、やっぱどういう方が買うのか興味はあるなぁ


【使用したカメラ】

・iPhone7 Plus


にほんブログ村 バイクブログ キャンプツーリングへ
にほんブログ村